テーマ:心理学

「純愛ディソナンス」第10話 感想

 サスペンス仕立てだった1話と2話、ここで一気に回収!!晴翔(藤原大祐)は加賀美(眞島秀和)の息子だったんですね。そして小坂由希乃(筧美和子)を手にかけたのは晴翔。息子の罪をかぶった父親の加賀美。遺体を埋めたのは二人で…?  もうとうに精神に異常をきたしていた晴翔。  家庭は崩壊し、晴翔の母親は自ら命を絶った。{%十字架webry%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「純愛ディソナンス」第8話 感想

 正樹(中島裕翔)と冴(吉川愛)がシェアハウスの前で別れを惜しんでいると近くに冴の母、静(富田靖子)がいて口を挟んで来ました。そして家の中で話し合いの場を持ちます。  静にきちんと挨拶をする正樹。   二人の決意は固いようです。  …が慎太郎(髙橋優斗)のいる前でかなり無神経だと思いました。  静は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「純愛ディソナンス」第7話 感想

 自宅のゴミ箱の中に冴(吉川愛)の小説を捨てるなんて、すぐ正樹(中島裕翔)の目につくしトラブルの元。そこから正樹は自分のスマホを触らなかったかと聞き、愛菜美(比嘉愛未)はこのマンションを出て父親から離れてどこか田舎で暮らしましょうと提案。  正樹は怒り出します。自分を落として救いの手を差し伸べるやり方。もうそれには乗らないと。  そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「純愛ディソナンス」第6話 感想

 愛菜美(比嘉愛未)は小説を書く事ができません。  すべてが嘘のように思えると…。正樹(中島裕翔)の優しさがうわべだけに感じるんですね。  これは中島裕翔の演技のうまさによるものだと思うのですが、嘘っぽいですよね。笑)喋り方なのか声の出し方なのか。腹筋使ってないせい?笑)どのシーンも熱意が伝わって来ない。心か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「純愛ディソナンス」第4話 感想

 正樹(中島裕翔)と碓井愛菜美(比嘉愛未)の結婚の経緯が描かれました。高校を辞め実家にも戻らず希望を失って職場でも上手く行かず、そんな正樹に愛菜美は父親の会社を紹介。そしてプロポーズ。  いいマンションに住み、幸せそうな日常。  碓井愛菜美は作家になり外見も華やかに。  しかし父親は危ない仕事をしていそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」最終回 感想

 悪役の榊原(加藤雅也)が自ら作り出したウィルスを注射して命を落としてしまいます。テロを起こす計画も長谷部(ユースケ・サンタマリア)たちに阻止されます。星来(鈴木凜子)は助かり特別な遺伝子も姿を消して普通の女の子になります。  あっけなく事件が解決。何事も無かったように。  星来の誕生日に長谷部と三枝(佐藤隆太)が訪れ皆でお祝いしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」第9話 感想

 急にディーン様のアクションシーンが多くなって、今までの回は何だったの?笑)  これまでが「静」で淡々としていた。ここへ来て単独行動をとる刑事の「動」の世界。暴走し始めたヒーロー。ディーン様が走る町並みはどこかアジアの風景のよう。  カッコいいよもちろん。でも別のドラマみたい。笑)  唐突に違うドラマになったようで、戸惑う。{%悩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「インビジブル」最終回 感想

 やっと終わった~。笑)猿渡(桐谷健太)の変質者ぶりはまあ良かった。スタジアムを借り切って全員集合で長々と逮捕劇を見せてくれました。舞台劇のようでした。  動画にして公開するのは定番ですね。これは証拠になるの?  キリコ(柴咲コウ)はキリヒト(永山絢斗)を失ってしまった。  孤独な二人だったのね。(( _ _ )).  キリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」第6話 感想

 低周波や部屋の下が空洞になっていてボイラー室があるなど、「ガリレオ」を思い出しました。あれは共振現象だっけ?   長谷部(ユースケ・サンタマリア)が活躍しました。幸子さんと会話して最後は命を助けてもらいます。  見つけて欲しかったんですね。  ずっとひとりで寂しい思いをしていたのでしょう。  小比類巻(ディーン・フジオカ)は幽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」第5話 感想

 小比類巻(ディーン・フジオカ)の自宅のリビング(?)が素敵ですね。イチゴとお酒で速水(栗山千明)を弔う最上(岸井ゆきの)。  他人の家のリビングなのに、すっかり自分の家のよう。  最上の態度が生意気で、視聴者にあまり好かれていませんね。  それもよく分かります。  イチゴに手を伸ばして取ろうとしたコッヒーの手を叩くなんて…。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」第3話 感想

 何だかんだ言って最上(岸井ゆきの)は小比類巻(ディーン・フジオカ)の家に居付いてるんですね。娘の星来ちゃんがなついてるのが大きな理由の一つかもしれないけど。  恋人関係でない男女の同居はよくある恋愛ドラマの設定みたい。  広い家だから成り立つのよね。  夜中に最上はキッチンへ行き冷蔵庫でドリンクを飲みますが、話し声がするので階段…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」第2話 感想

 事件の内容、あまり気持ちのいいものではありませんね。ホラーサスペンスですね。  鮎川がオープンカーに二人のゲーマーを梱包して乗せている絵柄は強烈でしたね。あんなむき出しの状態で人間だって見られたら分かるようなものですが…。  プッチーニのオペラ『トゥーランドット』の「誰も寝てはならぬ」は甘美で華麗な楽曲。  しかしドラマで精神に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」第1話 感想

 「こっひー」って小比類巻(ディーン・フジオカ)を呼んでたのね。笑)いつの間にニックネーム決めたのか。最上(岸井ゆきの)の人見知りしない性格。それをよく現わしてる。彼女の中に権威は無い。誰とでもフレンドリー。  役名、小比類巻祐一だから「ゆういち」でも良かったわけ。  でも「こっひー」の方がいいね!笑)  事件ものとしては面白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「元彼の遺言状」第2話 感想

 栄治の兄、富治が怪しいと思っていたんですけど、違いましたね。これだけ登場人物が多いと吞み込むのに時間かかるし、回を重ねる毎に馴染んでいって誰が犯人か考える。そういう楽しみ方をするドラマかなと思ったのですが。  森川家の事件は引きずるものではない。  そんなあっけない運びで犯人が分かりました。  野間口徹が演じた獣医師さんね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「インビジブル」第1話 感想

 高橋一生、熱い役でした。アウトローっぽい。バイクを借り現場に向かって走るシーンも決まっていました。見せ場は爆発寸前のところでガラスを割って記者を引っ張り飛び降りるシーン。  5階の窓から!!  川に飛び込んで助かりました。  演技というより体を張った場面。お疲れ様って(笑)思いました。  設定など海外ドラマに似ているようで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ミステリと言う勿れ」最終回 感想

 第2シーズンがあるような感じですね。そういう余韻を残しての最終回。すべてのエピソードが複雑に絡み合っていました。時系列がなぜこうなるのかと思いましたが。ラストにガロのエピソードを持って来たかったみたいですね。主人公は整君とガロの二人。  愛珠(白石麻衣)にも寄木細工職人との幸せなひと時があって、少しホッとするシーンも。  ガロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ミステリと言う勿れ」第11話 感想

 刑事サスペンス一色の回。次々と事件関係者や怪しげな人物が登場。謎解きのヒントや小道具が満載。盛りだくさんでした!!風呂光(伊藤沙莉)は備前島(船越英一郎)のいる芝浜署へ応援に入ります。  そして久しぶりに犬堂我路(永山瑛太)が登場します。妹、愛珠(白石麻衣)の事件を追っています。ジュートとはいったい何者なのか?闇カジノに潜入して横田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ミステリと言う勿れ」第10話 感想

 これまでで一番哀しく切ない回でした。ライカとのお別れ…でも二人で初詣に行っておみくじを引いて、たこ焼きを食べて…。整君はカップルに見られてる事に違うと焦っていましたが、デート中にしか見えません。笑)十分素敵なカップルです。  それからライカが急に焼き肉を食べると言い出し、お店に入ります。  もう閉めるからと断られそうになりますが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ミステリと言う勿れ」第9話 感想

 「透明人間」てそういう事だったのですね。存在を消すため常に手袋をして指紋を残さず、お風呂にも入らず、ガレージにテントを張って寝起きし…。スリッパも食器もポットも自前。  痕跡を残さないための知恵。  それは目的のための我慢。どんな事があっても成し遂げる執念。恐ろしい企みです。  ストーカーにうっかり喜和(水川あさみ)の居場所を教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「愛しい嘘~優しい闇~」最終回 感想

 地下駐車場のシーンが長く感じました。現れた中野(林遣都)は本物の雨宮でした。母親を置いて行こうとするのを変だと思い、望緒(波瑠)は中野君ではないと気づきます。正体を見せる雨宮。  そこへ本物の中野君が…。  刃物で人を刺し過ぎ。  まさか雨宮ママがハサミ(?)を持っていたとは…。  望緒(波瑠)に向かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ミステリと言う勿れ」第8話 感想

 散りばめられた小道具の数々と、クラシック音楽の上品な音色が雰囲気を盛り上げています。山荘のリッチな佇まい。洋画のような…これってガロの家も洋風の邸宅だったし系統は似てますね。  この原作者って博学で映画や小説が好きで美意識が高くて…。  昔、こんなものが好きだったなぁって世界で成り立っている。  現実感が無くて地に足のつかない心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「愛しい嘘~優しい闇~」第7話 感想

 林遣都ワールドでした。雨宮に成りすました中野君。そして横暴な本物雨宮君。この二人の性格の違いは、かなりメリハリがあるので演じ分けるのはそれほど難しくはないかも。  だけど整形して雨宮になった本物中野君が望緒(波瑠)に嫌われ離れて行ってもらおうとするために、嘘をつくシーンは凄く難しいんじゃないかと思います。  セリフを言ってる時の浮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ミステリと言う勿れ」第7話 感想

 サイコミステリーですね。もういなくなった人と対話したり、姿が見えたり。実はとうに亡くなっています、という展開。  前のエピソードが病室の隣の人物はすでに亡くなっていたというオチ。カテゴリーとしては若干違うような気もしますが…。  隣のベッドの刑事さんは霊で整君と視聴者は同じ物を見ている。  陸太(岡山天音)が見る香音人(早乙女太…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「愛しい嘘~優しい闇~」第6話 感想

 「あなた、誰?」って望緒(波瑠)は雨宮(林遣都)に…。雨宮は何も答えず部屋を出て行きます。一番聞かれたくなかった事なんでしょうね。望緒、今更そんな事言います?相手の気持ちを受け止めて、男女の仲になった後で。  彼女にとっては中学時代に憧れていた雨宮君の延長線上に今現在の雨宮君がいて、同一人物でないのはあり得ない、受け入れがたい事なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ミステリと言う勿れ」第6話 感想

 ライカは入院してる患者なんですね。本のページや行数で会話してたから、どうなる事かと思ったけど、第6話では普通に声に出して会話しててホッとしました。  暗号は時々出てくるけど、それは秘密めいた時だけ。  クリスマスプレゼントを交換し合って、いい雰囲気。  整君、もう少し意識して男の子になってあげなよ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ミステリと言う勿れ」第5話 感想

 今回は小日向文世との対話劇。病室が舞台。  事件の謎解きをしてみせる整君。  3つ目の事件は相棒の霜鳥(相島一之)が犯人だと推理。  牛田(小日向文世)は車の中にあった霜鳥のボールペンを隠し、事件の詳細をメモした手帳と共にビニール袋に入れ保管してありました。  後に牛田は入院します。  余命はそう長くはない。  その霜鳥が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毒親の呪縛~低い自尊感情

 幼い頃から母はお金の事で不平不満を私にぶつけた。  八つ当たり。憂さ晴らし。  それは母にとっては単にイライラの解消だったのかもしれない。  当たり散らす相手は私しかいなかったのかもしれない。  だが私は成長過程だ。  母は勝手に習い事を決める。  父親の親族に対抗意識を燃やして従姉と比べる。人格否定。  なじる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供時代の自傷行為~機能不全家庭の孤独「自傷皮膚症」「強迫性皮膚摘み取り症」について

 この時代になってやっと解明された自傷行為。  私の育った家は機能不全家庭だった。父親はギャンブル依存症。  母は共依存。自己満足と自己陶酔の愛情を私に注いだ。  それは条件付きの愛だった。  小学校の成績が良くても満足はしなかった。  クラス委員にならない事で説教した。  強欲と虚栄心。肩書にこだわった。  興味もな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男の有無で価値を決める!?~格付けする女たち

 女性の価値や幸か不幸かを「男」がいる、いないで判断する。パートナーがいるかどうかで、優劣を決める。自分たちは、優位な立場だと思い込んでいるのだ。  基準が他者に左右されるのは、希薄で不安定だ。女性を独立した存在として扱っていない。依存心の強さの現れだ。その考え方自体がおかしい。   *   *   *   *   *   * …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

性欲旺盛なアロハの営業活動

 アロハはタリーズで注文したフードを食べながら「これ、あんまり美味しないわ。」と言う。  長方形の形でパイ生地の中に何かを挟んでいるように見えた。  クリームを挟んだスイーツなのか、お惣菜系のパテなのかは分からなかったが…。  5年前の初詣帰り、居酒屋に入った時も料理を「水くさい、美味しくない。薄い。」などと言っていた。  下に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more