テーマ:病気

異常人格の女~有害なら手放そう

 きっかけはレストランだったが、Aさんがこだわったのは一緒に行く相手だ。感動を共有したかったのだ。  感動を共有する相手に、こだわったのだ。  (7月以降、メールのやり取りをしてよく分かった。)  その相手にHさんを選んだ。  それから私も…。  AさんはHさんに、私を誘ってと依頼する。  そして5月、6月の半日かけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実現しない飲み会~反応を試す女

 Aさんとの連絡も保留状態でミーティングを休み、一か月ほどするとHさんからメールが届いた。  ちょうど火曜のグループの日で、ミーティングが終了して10分ほどの時刻だった。  「飲みに行く約束を取り付けたかったのに…。」という文章で、取りあえずまた連絡しますと返信した。  土曜日にメールを送った。梅田のビアガーデンの情報と、また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵空事の薄気味悪さ

 振り込め詐欺にあう人の気持ちが何となく分かる。   そんな嘘寒い何かを感じながら、待ってられない。  得体の知れないHさんのメールを待てない。  じっとしていられない心境になった。  金曜の夜Aさんに連絡を入れる。  明日、土曜にミーティングで会えるかどうか尋ねた。  Aさんに会う事は出来たが、話せる時間はわず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

途絶えた返信~反応を試すだけの卑屈

 Aさんとの連絡も保留状態でミーティングを休み、一か月ほどするとHさんからメールが届いた。  ちょうど火曜のグループの日で、ミーティングが終了して10分ほどの時刻だった。  「飲みに行く約束を取り付けたかったのに…。」という文章で、取りあえずまた連絡しますと返信した。  土曜日にメールを送った。梅田のビアガーデンの情報と、また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発達障害の女~相手の弱点を狙う癖

 会った時、言葉で伝えれば数秒で済む話を、回りくどくしかも相手の弱点を狙うかのような手段を取る。  これってわざと?  2度も同じ様に念を押し、相手にとって負担のかかるコミュニケーション方法を取るHさん。   *   *   *   *   *   *   *  携帯メールのやり取りで消耗しました。ストレスを自覚しました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

波紋を広げる誘い~見せなくていい本心

 背後にいるAさんの真意が分からず、不安ばかりが募りました。  連絡待ちをしました。  その日は連絡が無く、22日も電源を入れている間は待ち続け。  横になっても気になって寝付けず、深夜2時にふと起きて居間に行ってパソコンの電源を入れたんです。  するとAさんから送信が入っていました!  12時を少し過ぎた時刻にでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢見がちな女と屈折した女

 Hさんの本心、見なくてもいいものを見せられた。この人、別に親密性なんて求めてない。一定の距離を保っていい関係だった。それがどんどん亀裂が入って気まずくなっていく。   *  *  *  *  *  *  *  楽しいはずのお食事会の話。事の発端はMさんとFさん。食事に行く約束をしていました。土曜のミーテイングでAさんに偶然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異様なアプローチ~発達障害の女

 5月2日(火)8時30分、ミーティングが終わって、私はすぐに部屋を出ました。  人数が多かった事もあって、息苦しく感じてたんです。廊下を早足で歩く私をHさんが追いかけてきました。  私がトイレへ行くからとそっちへ向かうと、Hさんも付いて来ました。  洗面台の前で、他の自助グループの話を少ししました。  皆と一緒に○○阪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

条件付きのお誘い~温度差のある二人

 先月仲間のHさん(女性)に携帯のメルアドを聞かれて教えました。  2日後にメールが届いて、結構長い文章の後、「食事に行きませんか?」別グループのAさん(女性)に「誘われたんですけど。」ってありました。  ただ「4人くらいで行きたい。」「あと二人募集中です。」ともありました。  ミーティングの後のフェローではなく、休日全くのプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR福島かぁ…帰りどうしよう

 JR福島かぁ…帰りどうしようって。  Hさんと同じ電車に乗れたとして、環状線から乗り換えて京都線も何駅もあって長いよ。  また何か口実を設けて別の電車に乗った方が気が楽かなぁ…とか。  阪神電車も近いから私、そっちから帰ろうかとか。  何かもう不安がいっぱい出て来て…。(; _ _ )/          それって意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屈折したアプローチ

 あれからいろいろ気になって、少し振り返ってみました。  5月2日(火)8時30分、ミーティングが終わって、私はすぐに部屋を出ました。  人数が多かった事もあって、息苦しく感じてたんです。  廊下を早足で歩く私をHさんが追いかけてきました。  私がトイレへ行くからとそっちの方向へ行くと、Hさんも付いて来ました。  他の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近距離な二人の遠い約束

 今日は!  先日Hさんから、○○のレストランでランチのお話がありました。  どうしても4人揃わないとダメみたいで、ちょっとどうしようかと思ってたんですけど、他に受けて下さる仲間は見つかったんですか?  Fさんの名前も挙がっていましたが…。  HさんとのEメール、日曜日は携帯の小さな画面でのやり取りが限界を超える前にスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不機嫌な女と対処できない女

 子供の頃、両親のケンカが始まると私は何も言えずに固まっていた。父親の競艇場通いが母に知れ、言い争いが始まる。子供の私にはどうにもできない状況だ。  母の甲高い声、責め立てる声、金切り声に身がすくんだ。  静かになったところで両親が仲良くなるわけではない。  重苦しい険悪な空気だ。    私はそうやって他者のトラブルの渦中で成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自滅する女~詩6編

 誘われた方の自己責任です。  誘った方に責任は無いです。  誘われた側が断らなかったという、その人の責任です。  誘った側は責任は無いです。  誘われた方に責任があるんです。  誘った方は無責任でいいんです。  素敵なシステムです。  他人の人生は軽い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「幸福」を餌にするカルト、「回復」を餌にする…。

 A子さんはまるでカルト(新興宗教団体)の幹部みたいだ。  回復を餌に人を無償の活動に駆り出そうとする。  自分が進んで自発的に動く分には問題ないのだが、それを他人に要求した時点で12ステップの考えに反する。  回復するからと文言を付けて誘導するのも問題有りかもしれない。  グループのサービスは全てボランティアだ。  ボラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

B子さん(仲間)へのメッセージ Ⅱ

 当日の朝、呼び出せるのは社会通念上、女王様の立ち位置の人です。  目下の者が目上の人をその日の朝、呼び出すなんてまず有り得ないですから。  相手にも生活があって、その日の予定がある事を分かってないし、考えようともしてない。   『配慮の欠如』です。  そして、呼び出しに応じる応じないは『相手の領域』。  A子さん、完全に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

B子さん(仲間)へのメッセージ

 B子さんへ。  最近ミーティングで会えてないので、Gメールを送る事にしました。  私は過去3年間に5回「どこに住んでるんですか?」とA子さんに聞かれた事があります。  その都度答えてはいたのですが、「ああ、この人は私には興味ないんだなぁ。」と感じていました。  自助グループに通い出して、ACは人間関係をゼロか100かで捉え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A子さん(仲間)へのメッセージ

 2月にミーティングの招待メールをいただきました。返信メールを送りましたが、いろいろ説明不足なところがあったので、今これを書いています。  私は土曜の晩、仕事帰りに近くのスーパーで2割引き、4割引きになったお惣菜とかおかずを買う事がよくあります。  11日の土曜日も何品か買い込んで帰宅しました。  それをその日の夕食、そして次の日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ACの特徴②~権威のある人を恐れること

 機能不全家庭に育った人には様々な特徴がある。  その中に、『見捨てられ不安』がある。  『権威のある人を恐れること』がある。  そういう人たちに簡単に『コントロール』されたりする。  私にとってスポンサーは権威ある人だったのだ。  カウンセリングを勧められ、突然メッセージが送信されなくなったことでコントロールされてしまう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ACの特徴①~見捨てられ不安

 3月にスポンサーが最初に紹介してくれたカウンセリングルームは神戸の住吉だった。  ネットで調べ、ホームページに目を通した。  遠いのでどうしようかと迷った。  片道1時間はかかる。物理的に遠過ぎるのは、どうかと思った。  カウンセリングは一回だけ行けばいいというものじゃない。  通わないと意味が無い。  途中で止めると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共依存②~成長を妨げる過剰な愛情

 去年秋、スポンサーからメッセージメールが毎日届くようになった。  特に説明や断りなどは無く。  ある日、メッセージメール送信が開始されるようになる。  一日3通。  「アファメーション」、「今日を新たに」、「一日24時間」の3通だ。  「一日24時間」はスクロールを何度もしなくてはならない長文だった。英文と和訳の両方が記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共依存①~自己満足と自己陶酔

 3月始め、スポンサーからカウンセリングを受けるように勧められた。12ステップの5が終了して、これから6&7の読み合わせに入ろうという、そのタイミングだった。  *スポンサーとは  自助グループの回復プログラム、12ステップの支援者。  無償で手助けをしてくれる経験者。同じ自助グループの仲間である事が多い。特に資格を持った臨床心理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

価値あるものをゴミにする与え方

 どんなに価値あるものも与え方によってはゴミになる  過剰に与える  過剰な与え方をする  自分だけが満足し 自分だけ酔い  自己満足と自己陶酔  私に要らないものを押し付け 勧める  そして自分が満たされ 自分の世界に酔う  頼んでもいないものを次々与える  過剰過ぎる  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病院の見える風景~不条理な子供時代

 自助グループの仲間から春にカウンセリングを勧められました。  最初3回通ったところは止めて、今はまた別の場所へ行ってます。  月1回だから楽です。  地下鉄を降り地上へ出ると、道路の向かいに見えるのが  大阪歯科大学付属病院  でした…。  最初、カウンセリングに来た時、雨が降っていて、そこで信号待ちをしていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カウンセリングを受けています

 「怒りを感じていても、その時に上手く言葉になって出てこない。」  私はカウンセラーの先生にそう話した。  すると、私の言語に問題があるのではなくて、受け止められない相手だからと先生は答えた。  怒りの感情をぶつけて受け取ってくれる相手には、言葉が出て来るそうだ。  「怒りの感情を爆発させても、それをよしよしと受け止め、包んでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏切りとチープな財布~不快な結末

 何で北海道なんだろう。気が変わって行く気を失くした場所へ。  私の知らない誰かもっと他の友達と、知られないように出掛けるならともかく。目的地が違うならともかく。  同じ仕事をしてる相手と。これ見よがしに。  ショックだった。  それを聞いた時、嫌がらせの様に思えた。  どこか陰湿なものを感じた。     *   *  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自立しない幼稚な友達~無策と身勝手

 口約束だけで消えてしまった夢のようなレンタカー旅行。  井上理恵はホントに口先だけ。  本人は、ただ冬の間中スキー旅行を楽しんだだけだし。  家族を盾に約束破りも裏切りも済ませてしまう。  自分は一切動こうとしない。    二人とも家族というバックボーン、経済力を持った家族込でしか私と関わろうとしない。  親の車を貸して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甘え慣れた女~自立しない幼稚な友達

 物怖じせず気軽にねだる井上に、私は内心驚いた。  遊びに「連れてって、連れてって。」車に「乗せて乗せて。」  甘えるのに慣れている。  自分を甘えさせてくれる相手をすぐ見分ける。  嗅覚というやつだろうか…。  私は、幼少時から物をねだっても買い与えられなかったり、望みを叶えられなかったので、あきらめる癖が付いてる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消えた北海道旅行~残った傷と損害

 二人とも家族というバックボーン、経済力を持った家族込でしか私と関わろうとしない。  親の車を貸してやればいいだろう。それで気が済むだろう。  そんな安易な発想だ。  彼女たちにとっては痛くもかゆくもない。    元々、北海道の様な車通りのほとんど無い広い道を走るのなら大丈夫だろうという考えでいた。そこを走る予定で免許を取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見下すのは平和な家の子

 丹羽登紀子のお父さんは普通の会社員で、お母さんは看護師だと言っていた。  共働き家庭だ。  そして兄と弟がいる。  お兄さんはすでに社会人で働いている。  働き手が複数いるから、その家の女の子は家事手伝いをする。  時には家族を駅へ送り迎えをし、家事をしていれば誰にも文句を言われない。  自分が得た収入で大きな買い物を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more