アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「子供」のブログ記事

みんなの「子供」ブログ

タイトル 日 時
ヤクザな女と無責任女〜共働き家庭の弊害
井上理恵と丹羽登紀子   彼女たちが育ったのは、働き手が得た収入を家族のために使う、それが当たり前の家。  彼女たちの暮らしてきた環境が普通なのかもしれない。  だけどあまりに甘く、何もかもが通用し過ぎる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/14 13:00
哀しい条件反射〜回復には遠い道
 こんなはずじゃなかったと思いながら生きているのはKだけではない。機能不全家庭で育ったがために皆、様々な不具合を抱えて苦闘している。  自分の人生を歩けなかった。  自分には才能も素質もあった。  でも生かせなかった。そう恨みを抱えながら暮らすのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/02 18:01
境界線を守らない子〜臆病なのに横暴
 出席しなかった大勢の仲間は選ぶ権利が無い。  告知するその日のミーティングを休んだがために。  イベント情報を知らされていない者は、行くか行かないか選ぶことはできない。    知らされていないのだから、選択する事はできない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/31 17:41
排除と選別〜遊び人は公平性に欠ける
 主催者Kとメンバー数人は仲が良く、その人たちは欠かさず参加しそれは揺るぎない。彼らが確実に楽しみを共有できていれば、それ以外の条件はどうでもいい。  誰が加わろうと外れようと関係ない。  そういう事に尽きる。   仲のいいKさんたち数人は、常に連絡を取り合ってるから誰も外されることは無いのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/30 16:31
サーカス小屋の動物〜見失ったもの
 音楽の習い事は情操教育ではなく、技能訓練だった。将来、収入を得るための職業訓練。「月謝が高い。」「こんな高いお金を払って。」「趣味で習わせてない。」勝手に押し付けておいて。まだ小さかった私に金の文句を言い続けた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/27 21:16
憎悪の矛先〜人格障害の原因
 高校生の時は、国道の路面電車に乗って通学していた。  定期券の期限が切れそうになると、次のを申し込んで購入する。  タイミングが遅れて数日間の間が空くと、乗車するのに現金の小銭が必要になる。  一度、そういう事になった。  母はその金がもったいないと怒ってわめきだした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/26 19:45
棘のある他人〜説明できない闇
 私の抱えている「闇」は育った家庭そのものにあったのだ。   相手の立場になって物を考えた事もない。  そんな親に育てられた。  考えないようにしていたし、考えるのも避けていた。  例え分かっていたとしても、リビングでの雑談中に簡単に話せるような事ではない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/20 21:01
学歴が上がっても自尊感情は上がらない
 自尊感情が高いというのは、このままの自分でいいと思う事。  学歴が高くなったら自尊感情が上がる訳ではない。高卒の人が大学卒業資格を得ても自尊感情が低い場合、その状態は変わらない。  むしろプライドが高くなり、人を見下すかもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/31 23:41
毒親〜健康を害する家と歯科医療の歪
社会の歪と機能不全家庭  幼少の頃、生活環境が悪く、私の歯は虫歯になり折れました。  その責任は母にあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/18 18:08
ヤクザな女と無責任女〜共働き家庭の弊害
 生活必需品含め、ほとんど全てが親がかりの丹羽。教習所の費用もそう。高額な電子オルガンの購入、毎月のレッスン料、楽譜代まで何もかも親の援助。それが当たり前で過ごしてきた。  だから何も感じてない。   損をさせた、無駄にさせたって感覚はない。  私の仮免の時期に気が変わって、自分だけ望んでいた形で旅行して平気でいられる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/10 13:00
ヤクザな女と無責任女〜共働き家庭の弊害
 彼女たちが育ったのは、働き手が得た収入を家族のために使う、それが当たり前の家。  彼女たちの暮らしてきた環境が普通なのかもしれない。  だけどあまりに甘く、何もかもが通用し過ぎる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/04 08:06
裏切りとチープな財布〜不快な結末
 何で北海道なんだろう。気が変わって行く気を失くした場所へ。  私の知らない誰かもっと他の友達と、知られないように出掛けるならともかく。目的地が違うならともかく。  同じ仕事をしてる相手と。これ見よがしに。  ショックだった。  それを聞いた時、嫌がらせの様に思えた。  どこか陰湿なものを感じた。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/11 10:41
迷惑なおねだり女〜欲しがる癖は罪
 節約、倹約など考えた事が無い井上理恵。欲しい何かを我慢して貯金した事がないのだ。自分が預貯金できない性格だと知らない。自分を知らない。家族におねだり。それが井上の生き方だから。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/30 10:15
甘え慣れた子と無理して合わせる子
 私は、幼少時から物をねだっても買い与えられなかったり、望みを叶えられなかったので、あきらめる癖が付いてる。  欲しいものを我慢して成長した。  希望を口にしないで大きくなった。  決して願望が無い訳じゃない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/24 15:02
迷惑なおねだり〜欲しがる癖は罪
 節約、倹約など考えた事が無い井上理恵。欲しい何かを我慢して貯金した事がないのだ。自分が預貯金できない性格だと知らない。自分を知らない。家族におねだり。それが井上の生き方だから。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/23 18:48
惨めで苦しい夏〜要らなかった運転免許
 私が住んでいるマンションには駐車場が無い。  建物の壁面に沿って細長い狭い駐輪場があるだけだ。  阪急電車の駅前でJRも近い…。  そういう立地なので自転車すら持ってなくても不自由しない。  両親が離婚し、兵庫県から引っ越してくる時に自転車は手放した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/21 11:31
裏切るのは豊かな家の子〜残酷な旅行計画
 電車とバスを乗り継いで教習所へ通った日々。仮免を取る時期が雪の降る季節にかかった。凍えながらバス停で待った。  思い返すと涙が出てきた。悔しさは通じない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/16 11:08
親切心という名の横暴〜傷と損失
 私一人が必要ないものを取り入れ、無意味に動いた。  後に残されたのは損害だけ。  元々の計画は完全に無効になり、経済的損失だけを被った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/05 18:34
約束を守らない友達〜消えた北海道旅行
 知り合って5か月で1年後の約束をしたのが間違いだった。  まさか貯金ができない人だなんて夢にも思わない。  夏の発表会が終わり「旅行に行きたい。」と言い出したのは井上理恵だった。  能登半島へ井上と丹羽登紀子と3人で2泊3日の旅をした。  夏の急な旅。  その後、ゆっくり計画を立て、もっと大きな旅行をしたいという気持ちになった。  一年後の夏にそうしようという話で盛り上がった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/04 20:06
嘘つき小学生〜「踏み倒し」と「裏切り」の棲む街で
 様々な場所で出張レッスンをしてきたが、ここだけは特別変わった地域に思えた。  休む時に連絡してくる生徒(保護者)が少ない。  5人中4人までが連絡してこない。  そういう生活習慣が無いかの様だった。  他の地域とは逆だ。  (大勢の生徒がいると、ついうっかり連絡し忘れたまま休む人も出てくる。それは全体の数パーセントの割合だ。)     ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/02 13:31
大脳辺縁系の問題〜異常な家庭に育った弊害
 家庭に憧れた事はなかった。  高校の同級生が商店街を歩いてる時、幼い子供が通ると「可愛い。」「私も子供が欲しい。」と言っていた。  私には、そういう感情や願望が全くなかった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/22 09:13
嘘つき小学生〜「踏み倒し」と「裏切り」が棲む街
 様々な場所で出張レッスンをしてきたが、ここだけは特別変わった地域に思えた。  休む時に連絡してくる生徒(保護者)が少ない。  5人中4人までが連絡してこない。  そういう生活習慣が無いかの様だった。  他の地域とは逆だ。  (大勢の生徒がいると、ついうっかり連絡し忘れたまま休む人も出てくる。それは全体の数パーセントの割合だ。)   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/31 14:35
人格破壊〜大人の勝手な都合
 アダルトチルドレンは大人になってから、合理的に効率よく人生を歩んでいけないとテキストに載っていた。  幼少時代から親である大人が、自分たちの勝手な都合で育てたためだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/21 13:48
人格を破壊する家〜15年の限界点
 自助グループへ参加するようになって3か月たちます。  たぶんどんなに話しても吐き出しても、自分の中の恨みは消えてなくならない。そう思っていたし、今もその気持ちに変わりはありません。  生まれ育った環境。  人に与える影響でこれ以上大きいものはないでしょう。  生まれてからの15年。  15年の限界点。  そこまで正常な環境で成長してきた人はいい。  その後、困難があったとしても正常な自分の価値観、世界観、判断力、行動力で乗り切って行ける。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/04 10:45
同級生が抜け出す街で〜ギャンブル依存症の家族
 裕福でなくても、環境の良い場所に住んでいなくても、心穏やかに暮らす事はできる。  両親の仲が良く、温和な家庭に育った人は幸せだと思う。  母はいつも神経をピリピリさせていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/13 18:13
アンバランス〜有害な環境
 両親が信頼関係を築けない間柄というのは子供にとって良くない。  過剰で自己満足な愛情も。  無関心で他人事のような距離も。  成長過程の子供には有害だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/14 08:48
広がる不幸〜要らない物があふれた家
 精神疾患のある人を、無理に結婚させても不幸が広がるだけ。  何もいい事はない。  一緒になった相手にも精神的な不健康がうつっていく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/11 09:18
親戚への見栄〜肝心なものがない家
 母は仕立ての仕事で忙殺される毎日だった。  母は家に居たが、仕事中は没頭し、私を相手にしなかった。  家にはいたが、会話することも教わることも何もなかった。  静かに黙って邪魔をしないこと。  それが母にとって扱いやすい良い子だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/18 18:01
肩身の狭いドライブ〜善良な人の残酷
 母の姉妹も、父親の方の兄弟姉妹もそれなりの暮らしをしていた。  子供が大きくなるにつれて車を買い、一戸建てを購入し、より豊かな生活環境を築いていく。  うちだけ車が無かった。  休みの日もどこへも出かけなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/10 13:31
菓子代の見返り〜尼崎、竹谷小の校庭で
 小学生の時は同級生がよく家へ遊びに来ていた。  その度にお菓子と飲み物を出していたが、それにお金がかかる事を母は快く思っていなかった。  私は全く気づかなかったのだが、思わぬ所でそれを知らされる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/06 15:11
他人より遠い親〜意味の無い結婚
 保育園に預ける金を惜しんで歯の健康を損なうだけ損なった。  親にはそんな意識もなかったと思う。  上の両サイドの歯が内側に生えていることすら知らないまま。  私の上顎が普通より狭い事を、見ることはなかった。  知ろうともしなかった。まるで「他人」のようだった。他人事だ。     母は私という「個人」には関心が無かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/03 18:13
一生分のストレス〜要求し続ける親
 学歴のない母だが、プライドは高く肩書きを気にする人だった。  ある時、何かの時間で先生が、家で仕事をしているという意味の「内職をしているお母さんがいる家の人は手を挙げて。」と質問した。私も他の生徒に混じって手を挙げた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/01 10:48
すべり台禁止と遠足の服〜異常な子育て
 母は常に手作りの服を私に着せていた。  普段着から、ピアノの発表会の服にいたるまで全て手作りだった。  既製服を「仕立てが悪い。」とけなし、一切買うことはなかった。  もちろん自分自身の洋服も全て自分で仕立て、着用していた。  自分の作る服が世界で一番、そういう認識があったように思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/27 14:01
競艇場に消えた退職金〜尼崎の異常な家庭 bV
 父親は市役所に勤めていたが、ギャンブル依存症だった。  父親は毎日出勤し、給料をもらってはいたが、お金は尼崎競艇に消えていく事が度々あった。母親は洋裁の仕事を自宅でし続けた。  結婚当初から消えていくお金の穴埋めに母の収入が必要だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/18 16:08
口腔崩壊〜最初からの間違い
 何が間違えていて、何が正しかったのか。自分がどんな家庭で育ったのか。当たり前の親なら、まず子供の歯の事を気にかける。ほんの少し想像力を働かせれば分かる。相手の立場になって物を考えれば、生き易いか生き辛いか、すぐに分かるはず。  現実感。  それが両親には欠けていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/16 10:48
信用できない町医者〜無関心な親
 私のような歯並びを矯正できると知ったのは、もう少し後の事だ。  雑誌に歯科医院の広告があって写真が載っていた。  矯正前の歯は、かつての自分のように完全に奥側にあった。  噛み合わない奥に生えた歯でも動くのだと知った。   抜歯する必要など全く無かった事を知らされた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/13 18:06
間違いだらけの治療〜断ち切られた何か
 前の歯で物を噛み切る。  上下で挟んで切るから、きれいに食べられる。  私のは二重になっていた。  みかんの房を前歯で挟んで果肉を引き抜いて食べようとしても、二重になった奥の歯が邪魔して、水分が飛び散り上手く食べられない。  林檎もきれいにかじる事はできなかった。  物を食べるささやかな行為と幸せ。それが不可能な歯。  それは些細な事かもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/11 11:18
病院を探さない親〜強制する習い事
 両親はその後も大きな病院を探そうとはしなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/08 13:11
狂った位置〜永久歯の異常 
 歯が折れて、母は私を近所の歯医者に連れて行った。  だが医者は「そのままで大丈夫。」と言い、何も処置しなかった。  それで長くそのまま放置することになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/08 12:51
劣悪な環境〜歯ブラシのない家
 父親には精神疾患があった。  母親はそうとは知らされず見合いで結婚した。  父親が再婚だった事も、かなり後になって知らされた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/08 12:46
金への執着〜母親の偏った人格がトラブルを生む
 現金に関わる事で難癖つけてきたのは、家計に響いたから。  支払いが必要になった場面で見せたもの、それらは単に「支出をこれ以上増やしたくないのに。」という不平不満の顔。  プライドが高いから、下手に出るって事ができなかった。  それで威嚇する方向に行ってしまう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/13 12:21
母親の浅知恵が子供を無能にする
「計算された幼さ」   この人は「言えない子。」ではなく、「わざと言わない大人。」になっていた。  大学入学を機に更に状況は悪化していったのだと思う。  報告する必要がある大切な連絡事項も、自分の不利益になれば隠す。  そのために嘘をつき、目先の利益や打算を優先させるようになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/21 11:31
平気で嘘をつく生徒
 生徒が初めて上級の試験を受けた時の事だった。  結果を待ってる間の毎日は気が気でなかった。   上級のグレードテストは、都市部でほぼ毎月行われている。  各楽器店を通さないから、申し込み手続きは生徒個人の作業になる。  生徒が動いて報告を受けて 次の手順へアドバイスして進んでいく。  だから先生はノータッチ。それは有り難い。お金を立て替えなくて済むからね。  反面、その都度生徒からの情報無しには物事は進まない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/07 00:31
お客様の傲慢〜舐めてかかる親子
 また嘘だったんだね。  何でこんな平然と嘘がつけるんだろう。  その後、数回メールを送り、電話をかけ、結局、生徒の母親に教室まで話し合いに来てもらうように頼んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/30 16:51
選ぶ自由を与えない親〜決められない子
「岐 路」   生徒は高校3年生の頃からピアノに興味を持ち始めて、自分流の演奏スタイルで名曲を弾くようになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/14 19:08
お客様の傲慢〜舐めてかかる親子
 また嘘だったんだね。  何でこんな平然と嘘がつけるんだろう。  その後、数回メールを送り、電話をかけ、結局、生徒の母親に教室まで話し合いに来てもらうように頼んだ。  いいかげん、こんな不自然で異常な状況から抜け出したい。  趣味で習ってる方が遥かに自然。  だけど趣味にもならない。  本人はもうオルガンに興味を失くし、レッスン後はピアノを弾こうとしている。だから本人の希望通りにピアノを習うのがいいし、辞めてサークル活動に専念するのもいいし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/11 16:03
貧しい中流家庭〜豊かさに囲まれた貧困
 子供が母親から見習うのは損をしない知恵。どこかで困る人が出てくるのを知った上での悪知恵。  借りたものを返さない。御礼をしない。謝罪をしない。  上手くいけば立て替えてもらった金を、踏み倒そうとする。  楽譜代や発表会費など、直接現金を扱う場面、更にトラブルやアクシデントがあった時の対応が、いい暮らしぶりの人がする事とはとても思えない。  外側とは似つかわしくない姿が露呈して、こっちは唖然とする。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/03 11:56
音楽教室の痛い親子(酸欠U)
 13年間で変わった事と言えば、受付のコーナーが閉鎖され、このご一家が隣の市へ引っ越した事。  そして数人いた他の生徒は、進学シーズンになるとひとりまたひとりと辞めていき、私の生徒はこの男の子だけになってしまった。  先生は楽器店の社員ではないから、その生徒の来る時間帯だけ足を運べばいい。  なので水曜日はこの生徒のためだけに教室を訪れる、そんな日々が続くようになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/23 19:41
欲張る女〜中流家庭の貧困
 発表会費の締め切りが迫っているので、私は生徒の母親に電話した。  いくつかやりとりがあって 間に合わないと困るので、持ってきていただけるようにお願いすると、相手は黙ってる。  電話口で沈黙されると どうしようと思う。  仕方なく「じゃあ、私立て替えておきます。」と言うしかなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/19 11:06
中流家庭の病んだ親子
 この保護者には極端な性格の偏りが有る。  外側からは見えにくいし、分かり辛い。誰も注意できない。  息子はこういう母親に育てられて、影響を受けてきた。  元々性格的に優しく気が弱い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/13 11:51
欲望の上限〜調子を合わせる怖さ
「欲望の上限」   発表会費の締め切りが迫っているので、私は生徒の母親に電話した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/26 13:08
犯罪とエリート家庭の子
「葬られた善良な子」   子供が嘘をついたとき、いつも力でねじ伏せて従わせてきた。  それ自体を問題視せず。  母親の目標に向けて勉強し練習することが一番大切。  そう教えてきた。  周囲の人間との暖かい交流や心の通い合いよりも、むしろ母親の決めた枠組みの範囲を超えないように行動するよう教えてきた。  人への思いやりを欠くことになっても、支出が少なくて済むならそれを良しとして来た。    ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/19 11:48
子供に刷り込まれる悪意〜母親は女王様
 楽譜代を支払う時、「聞いてないって。」と生徒は言う。「私の了解を事前に取らないで、勝手に楽譜を買わないで下さい。」そういう意味のことを保護者が言ったのだ。  既に一ヶ月以上前から新しい楽譜が必要になり、レッスンの時、生徒とそういう会話もやりとりもしている。  私が買いに行くことを生徒は充分承知している。  だから家でそういう話を全く出せないのか何なのか。  分からないけど、いくらなんでも高校生なんだけど、生徒は。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/16 18:13
巻きついた鎖〜蝕まれる心
「受話器の向こうの沈黙」   生徒を教え始めて最初の発表会の事だった。  発表会費の締め切りが迫っているので、私はママに電話した。  間に合わないと困るので、持ってきていただけるようにお願いすると、相手は黙ってる。  電話で相手に沈黙されると、どうしようと思う。  とにかく何か話しかけても、口ごもってて一言も何もない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/13 11:41
病んでいく心〜母親の強欲と自己愛が子供を蝕む
「高所得な一家の奇妙な日常」   収入の多い家庭でも、高額商品の買い物と将来のための積立金が多いと、毎月のローンの引き落としで手元に残る現金が少なくなる。  子供に習い事をさせるのはいいけど、近くで済ませずわざわざ車で送り迎えするから、余計、コストが嵩む。  しかも子供は嫌がってる。  母親の価値観、世界観が偏って歪んでいる。  それに合わせて生きる家族。彼らが見る心象風景とは…? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/09 20:11
切り捨てられた情感
 プライドが高く人に頭を下げるのが嫌いな母親。  自分の子供の落ち度には知らない振りをする。  …そんな保護者との13年を綴った記録です。  『エリート志向の闇〜平気で嘘をつく子供』の紹介記事です。  「欠けていく情緒」   情緒や趣と言った文化は、日々の暮らしの中で刷り込まれていく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/30 11:16
エグい母親とその息子
「巻きついた鎖」  坊やが小学生の時、フロッピーが不調になり使えなくなった。  フロッピーはデリケートなのでたまにそういう事もある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/05 20:11
切り捨てられた情感
 平気で嘘をつくし、借りた物も返さない。  この情緒の欠落はお母さんの教育の賜物だね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/26 00:22
お知らせ
 二人へのメッセージは完了しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/09 08:41
『エリート志向の闇〜平気で嘘をつく子供』エピローグ
 坊やが小学生の時だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/05 11:31
未来に戦慄が走る
 大人になる過程で君は打算を働かせ、母親の前では実際より幼い自分を演出してきた。  表立った反論や反抗を避けて、対決しない事を選んだ。  それがこの人の処世術。生きる術。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/05 10:41
統一されない素顔
 この母親の行為には、つながりがない。  それぞれが独立した存在で、バラバラに成り立っている。  確かにひとつひとつを取り上げると正当な理由が有り、間違えてはいない。  しかし、全体を通してみると理由と動機には統一性がない。  全て自分にとって都合のいいものになってるだけ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/02 13:06
決断力の鈍い奴
 趣味で続けるか、先生を変わるかどちらか決めて欲しい、そう打診した時、君は本音を吐露するなんて考えらなかったんだろうね。  だからメールの返事も打てない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/21 19:16
日常化した嘘 
 この人は「言えない子。」ではなく、「わざと言わない大人。」になっていた。  たぶん高校生のあたりからそういう変貌を見せ初めて、大学入学を機に更に状況は悪化していったのだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/19 08:16
計算された幼さ
 母親には極端な性格の偏りが有る。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/17 09:01
心理戦が謎を生む
 この人が高校生になってから、特に異様さが目立ってきたような気がする。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/11 09:58
強欲の果て
 贈り物をすると相手は喜ぶ。相手に「喜ぶ」という感情を与える。  贈り物も何もしないと、相手には「喜ぶ」という感情は与えられない。  物を送って相手の気持ちに何らかの変化を呼び起こす。  単にお金を払って物を移動させるのではなくて、感情を与えられたり与えたりする行為。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/08 10:18
調子を合わせる怖さ
 君が同調してきたのは、包容力も慈愛も欠落した殺伐とした世界観だよ。  その恐ろしさを君は解ってないね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/04 12:46
切り捨てられた情感
 平気で嘘をつくし、借りた物も返さない。  この情緒の欠落はお母さんの教育の賜物だね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/30 10:03
高所得で貧しい家庭
 大人の二人が的を絞れてないんだよ。自分たちがどんな生き方をするのか。  RV車で休日は山へキャンプに行ったり、川へ釣りに行ったり、家族みんなで自然に親しんで、たくさんの思い出を作りたい。それだったら愛車パジェロは最高に生かされて、有効な使い方をされて幸せ。  車の身長が高いのは、浅い川も渡れるように、だって。  水溜りやぬかるみも平気な凄い車なんだよね。  でもそういう場所へは行かないでしょ?  高速道路の料金がかかり過ぎるし、ガソリン代だって要る。だからNGだってあの母親は言うに決... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/27 08:01
育ちの良さと卑しさと
 私が感じてた違和感の一番大きなものって、これだよ。  君も母親も言葉使いは丁寧で、話し方も優しい。  一戸建てに住み、遠方の音楽教室に車で通う。  所有している楽器のグレードは高く、目指しているものも高い。  大学も一流を目指すそれなりのご家庭。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/22 13:25
貧困から生まれる悪意
 温和、ほのぼの、大らか、そんな雰囲気からは程遠い家庭。  燃費の悪いRV大型車で往復して、それも一人づつ別々に、わざわざ設備の整わない教室にやって来る。  専門資格を目指してるけど、5%割引にこだわる上、ケチって楽譜買い渋ってレパートリーを増やさない。  大学受験が大切で、月2回休んでのんびりレッスンと関わってきて、実力を蓄えてないけどグレードテスト準備に入らせる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/21 09:01
貧困から生まれる悪意
 温和、ほのぼの、大らか、そんな雰囲気からは程遠い家庭。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/12 11:11
豊かさに囲まれた貧困
 本当に裕福な家というのは、車を2台所有して用途によって使い分ける。  適材適所で物を使い分けて、無駄や無理を減らせる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/10 09:01
家計は火の車〜パジェロに乗る女
 近くに教室があるのにわざわざ遠くに通わせるのは、車の送迎を不可欠にし、子供を100%管理下に置くため。  いつ休んでいつ行くか全て把握し、母親の意思で決定するため。  徒歩や自転車で通わせたら、本当にレッスンに行ってるかどうか、毎週確認するのは難しい。  徹底管理ができない。それで子供の足を奪う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/01 17:41
会社名を言わない女
 2008年の秋、一度だけ、親子と顔を合わせる機会があった。  そして母親とは数分、言葉を交わした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/23 11:11
荒んだ心
 生徒は平気で嘘のつける嫌な大人になった。元々小さい時から母親に、日常的に小さな嘘をついてきたようだ。  教室のレッスンに行きたくないから。  練習をさぼりたいから。     ほんの小さな嘘。  母親はそれに対応するのにいちいち傷ついていられない。  将来の目標に向かって先へ進むだけ。  やがて感覚は麻痺してくる。  自分の気持ちに鈍感になってくる。  当然、他人の気持ちにも鈍感になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/11 13:40
葬られた善良な子
 子供が嘘をついたとき いつも力でねじ伏せて従わせてきた  それ自体を問題視せず  母親の目標に向けて勉強し練習することが一番大切  そう教えてきた  周囲の人間との暖かい交流や心の通い合いよりも  むしろ母親の決めた枠組みの範囲を超えないように  行動するよう教えてきた  人への思いやりを欠くことになっても支出が少なくて済むなら  それを良しとして来た    ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/13 08:41
葬られた善良な子
 子供が嘘をついたとき いつも力でねじ伏せて従わせてきた  それ自体を問題視せず  母親の目標に向けて勉強し練習することが一番大切  そう教えてきた  周囲の人間との暖かい交流や心の通い合いよりも  むしろ母親の決めた枠組みの範囲を超えないように  行動するよう教えてきた  人への思いやりを欠くことになっても支出が少なくて済むなら  それを良しとして来た    ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/11 08:41
醜態さらすなよ
 グレードテストを受ける場合、家での練習にも、教室でのレッスンの時も、楽譜のコピーが必要になってくる。  コピーがあると、譜めくりで演奏が中断する事も無いし、レッスン時は先生も余分に気を取られずに助かる。  それはテスト当日も持って行く。  暗譜はしていても、緊張で頭の中が真っ白になりパニック状態になることも考えられる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/28 11:00
優先順位 どうよ!?
 嘘は人を傷つける ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/26 09:06

トップへ | みんなの「子供」ブログ

新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
Kanataのお部屋へようこそ 子供のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる