テーマ:学生

パジェロに乗る女 ②

 あの車だったら、サバンナへヌーの大群を見に行けるね。  探検旅行ができる。アマゾンの奥地に行ける。  岩でごつごつした丘陵を登れる。アメリカ大陸縦断ができる。(笑)  それは無理か…まあレジャーなら場所はどこだってかまわない。   だけど豪快に遊ぶとか、遠出して散財するとか、それはあの母親はめったに許さないよ。  そんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パジェロに乗る女 ① 

 近くに教室があるのにわざわざ遠くに通わせるのは、車の送迎を不可欠にし、子供を100%管理下に置くため。  いつ休んでいつ行くか全て把握し、母親の意思で決定するため。  徒歩や自転車で通わせたら、本当にレッスンに行ってるかどうか、毎週確認するのは難しい。  徹底管理ができない。それで子供の足を奪う。  大きくなって近くの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会社名を言わない女

 2008年の秋、一度だけ、親子と顔を合わせる機会があった。  そして母親とは数分、言葉を交わした。  決まったという就職先の会社名を尋ねたけど、母親は答えずに別の方へ会話を流してしまった。  雑談の流れの合間にだったので、しばらくたってもう一度尋ねたけど、同じように答えることは無かった。  内定した企業名を言わないのは、息子に…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

怪物親 ~人格障害~

 この母親はのびのび育った  裕福かどうかは分からないが 苦労はしていない  雰囲気から中学 高校は女子校かもしれない  短大を出てすぐに結婚 社会に出た期間が短い  専業主婦になってからの人間関係は限られてくる  子供を通しての外の世界 夫を通しての外の世界  そこが自分の居場所になる  自分を抑えて家族に尽くす そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お知らせと記事案内

 テーマ<学 生>での記事は少しの間中断します。  読んで下さってる方、ありがとうございます。  並びが後半整理できないまま公開が進んでしまいました。  すみません。    2010年に入ってからの 「禁じられた学び Ⅱ」 からは  テーマ<小 説>で見てもらってもつながる様にしますので、  読んでもらえると嬉しいです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェイドアウト

 もう何もアドバイスすることはできない  でもそんなにテストを受けるよう圧力がかかって困るのだったら  先生を変わるしかない  それで坊やにそう告げた そして良く考えて返事をしてと  12月の事だったので 年末年始はお休み  世の中が動き始めて明日がいつものレッスンの曜日と言う日になって  センター教室から連絡が入っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暴 走

 ママは挫折を知らないね  だから全能感がある  何でもできる  何でも手に入る  ほとんどのものは 確かにお金で手に入る  それに人間関係も失敗することなく歩いてきた  それはママの幸運と才能だよ  だけどその置かれた状況に対して感謝することがなく   自己愛を限りなく増大させて  周囲を苦しめてきた  自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巻きついた鎖

 いつだったか、レッスンで使用してるフロッピーが不調になり使えなくなった。  フロッピーはデリケートなのでたまにそういう事もある。  レッスンで必要だし、生徒に来週持ってくるよう頼んでおいた。  当時はワープロが普及してて、たいていどのお宅にもフロッピーの買い置きはあったと思う。  家に置いてなくても、家電量販店や、スーパーや、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人格形成どうよ!?

 将来は人のためになるように生きなさい  社会の役に立つように生きなさい  困ってる人を助けなさい  よく聞く言葉だよね 著名人有名人とか偉業を成し遂げた人の  生い立ちかなんかでお母さんの教えとかでよく出てくる言葉  これと正反対じゃん    ハハハハハハハハハ  棘の刺さるような嫌な感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝕まれる心

 坊やは優しい男の子だった。  でも他人を思いやってたら、自分が損をする。  だから人には手を貸さず、自分の事だけやっていろ。  人に構うな。人のことは放っとけ。  そういうママの価値観に、ボクは合わせるしかなかった。  子供だからね。  でも合わせてさえいれば、ある程度の甘えは通るし、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発想も最低ランク

 生徒がレッスンを休む時は、教室の受付に電話してもらう事になってる。  ママが完全管理してるから、いつ行っていつ休むかもママが決めて、もちろん連絡を入れるのもママ。坊やはノータッチだね。高校生ぐらいまでは順調だった。  それでも1年の内に1回位は知らせが届かず、私は教室で一人ポツンと待ちぼうけという事もあった。  坊やが大…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

酸欠と蒸し暑い午後

 発表会の申し込み用紙を渡した次の週、会費と用紙を受け取る手はずでいたけど、生徒は持って来ない。  どうしたのか尋ねても、はっきりしない。準備してあって持ってくることを忘れたのか、それとも準備することも忘れて放置してたのか、どちらかわからない。  とにかく、来週では締め切りに間に合わない。  レッスンが終了後、車に戻っても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷気に包まれた夜

 真冬の雨の日.だった。  身支度を整えて教室まで出掛けて行って、部屋で待機していた。  レッスン時間を当に過ぎても生徒は来ない。  8時に近づいて休みだと実感する。  連絡し忘れだね。生徒は関与してないからね。  前の週のレッスン時に言い忘れたか、その後来れなくなったのを、母親が連絡し忘れか。どっちにしても待ちぼうけの前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急連絡~パ シ リ

 ある晩、教室から帰宅し玄関ドアを開けると電話が鳴っていた。  急いで受話器を取ろうとしたが、間に合わなかった。  着信データを見ると、携帯電話で未登録のナンバーだった。  そのままにしておくと数分後に再びベルが鳴った。    その日、レッスンを終えた生徒の母親からの連絡だった。  生徒が教室に財布を忘れたらしいというのだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

受話器の向こうの沈黙

 坊やを教え始めて最初の発表会の事だった。  発表会費の締め切りが迫っているので、私はママに電話した。  間に合わないと困るので、持ってきていただけるようにお願いすると、相手は黙ってる。電話口で沈黙されると どうしようと思う。  ほんの数十秒のやり取りだったと思うけど、ものすごく長く感じた。  受話器の向こうでただ吐息なのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迷惑な長電話

 クレームの電話はね必ずレッスンの次の日かかってくる  私の自宅へ直接のこともあれば 連絡先センターの受付へかかることもある  直接私の家の時は午前中  1時間半位費やしてね  子供は学校に行ってて居ない時間帯  ゆっくり話せるってことだね  突然かかってくる電話に 1時間以上取られるのは結構大変  連絡先センター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女王様の楯

 楽器店の受付の人も小学3、4年の自分の子供も  ママからすれば強い態度に出られる相手  自分の方が強いよね  その強いものが弱いものにクレームつける役割を押し付ける  弱いものを盾にして攻撃してくる   自ら出向いて先生と顔を合わせて質問したり   疑問があったら それを解決するために尋ねて対話して  頼んだりお願い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

めっちゃ陰険!!

 「先生から新しい本をもらったらすぐに言いなさい。」  たいていの親は子供にそう言う  支払いを滞らせると誰かが困る  だから人に迷惑かけないように  商品を受け取ったらなるべく早く代金を渡せるよう  日頃から子供に教える  暮らしの中でお手本になって社会性を示す  これが普通の親だよね …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

届かない合格ライン

 9月に3度目のテスト挑戦。不合格だったことはメールで結果を知らせてきた。  努力した分1度目2度目よりはかなりアップして73点だそうだ。  あと2点で合格。  「いけそうなら本当にあと一度だけ受けたいです。」とあった。  でもその2点は「良くがんばっていますね。上手く弾けています。  だけどあなたは合格することは無いでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CO中毒

 周囲の大人がどんなに心を砕いても  どんなアドバイスをしても  必要ないのさ 坊やには  自然で合理的で歩き易い道を教えても  母親がダメと言えばダメなんだよ  それがどんなに非常識で不自然で非合理的な道でも  坊やは表面上は逆らわない 母親にね     かといって合わせる振りをするだけで内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

醜態さらすなよ

 グレードテストを受ける場合、家での練習にも、教室でのレッスンの時も、楽譜のコピーが必要になってくる。  コピーがあると、譜めくりで演奏が中断する事も無いし、レッスン時は先生も余分に気を取られずに助かる。  それはテスト当日も持って行く。  暗譜はしていても、緊張で頭の中が真っ白になりパニック状態になることも考えられる。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

混雑する譜面台

 ただ黙々と二人ともレッスンに集中していく日々  本人は3回目 4回目でそれぞれ自由曲を変更して  私は課題曲の音色を作り直した  変更した曲の楽譜は新しく買ったわけではない  妹のお下がり 弟のお下がり 物を大切にしていいね  お下がりというよりは共有して使用してたみたい  コピーが増え 原寸大だから譜面台に置くのも困…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葬られた善良な子

 子供が嘘をついたとき いつも力でねじ伏せて従わせてきた  それ自体を問題視せず  母親の目標に向けて勉強し練習することが一番大切  そう教えてきた  周囲の人間との暖かい交流や心の通い合いよりも  むしろ母親の決めた枠組みの範囲を超えないように  行動するよう教えてきた  人への思いやりを欠くことになっても支出が少なくて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狂った神経回路

 私が一番釈然としないのは、自分の息子が嘘をつくことを、このお母さんあまり大きく受け止めてない、そう感じること。  悪いことは悪いけど、そんな重大事とは受け止めていない、そんな感じがする。  「すみません。2回も…。」とテスト不合格だったことに、詫びる言葉はあった。  けど息子が嘘をついた事は、話題にもしない。  それ自体に注意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お客様の傲慢~音楽教室の痛い親子

 4月に2度目のグレード挑戦。再び結果待ち。待ってるのは「楽しくてしょうがないです。」と本人は上機嫌。不合格の方が届くのは早い。  合格の場合、証書と一緒に送られてくるから、やや時間がかかる。  3週間たっても通知がないと本人は言う。  もしかしたら合格?と私は明るい方へと予想する。  待ってる期間はレッスンも保留状態になる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荒んだ心

 君は平気で嘘のつける嫌な大人になった。元々小さい時から母親に日常的に小さな嘘をついてきたようだね。  教室のレッスンに行きたくないから。  練習をさぼりたいから。     ほんの小さな嘘。  母親はそれに対応するのにいちいち傷ついていられない。  将来の目標に向かって先へ進むだけ。  やがて感覚は麻痺してくる。  自分…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

上昇志向の果て

 生徒が教室に財布を置き忘れる出来事があったのは、これをさかのぼる2年前の事だった。2004年の秋、生徒が高校3年生の時。  レッスンが終わって帰宅し玄関の扉を開けた時、ベルが鳴っていた。  電話の側まで行って受話器を取るのは間に合わなかった。  着信データを見ると、未登録の携帯電話からだった。  知り合いのはほとんど登録済みだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お高くとまった二人

 この時のこの一件が、二人の悪行の集大成。  二人の本質の全て。  クレームの電話は素早く、肝心な報告は入れない。  大切な情報は止めてしまう。  それで習いに来て、合格に向けて指導しろと要求する。  自分たちには欠点なんてありませんみたいな顔して澄ましてて、  絶対に本音を言わない。本心を見せない。  人を閉め出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空白と混乱

 受験すらしてなかったなんて、それじゃあ空白のまま。  ただ事務作業と違って中断したものをまた始める時、同じところから着手できるとは限らない。  準備に入ってすでに3年経ってた。  何度も繰り返し弾いて、飽きて、仕上がりが落ちてる曲もあった。  自分の中で鮮度が無くなってしまうとどうにもならない。  生徒はプロじゃないから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平気で嘘をつく子供 Ⅱ

 生徒の母親からもフォローは一切無い。  連携や協力関係とは程遠い。  車の側で立ち話をして、自宅へ電話もして、私が気にかけてることは充分過ぎるほど分かってるはず。  でも嫌なんだよね。子供のミステイクを謝ったりするのが。  自分が嫌なら息子にかけさせたらいい。  携帯でも自宅電話でも、そんなことすぐにできる。  でもしない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more