アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「仕事」のブログ記事

みんなの「仕事」ブログ

タイトル 日 時
暮らしに不向きな家〜年中無休の作業場
 布を切り離すとそこから解れるのを防ぐために、裁断と同時に布の解れ止めをするミシンがある。  ロックミシンといって機能はそれだけの専門の機械だ。  普通のミシンとは形状が全く違う。  ロックミシンは業務用だ。  それは普通のミシンより大きな音がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/23 19:46
ヤクザな女と無責任女〜共働き家庭の弊害
 彼女たちが育ったのは、働き手が得た収入を家族のために使う、それが当たり前の家。  彼女たちの暮らしてきた環境が普通なのかもしれない。  だけどあまりに甘く、何もかもが通用し過ぎる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/04 11:18
裏切りとチープなお土産〜消えない傷
 何で北海道なんだろう。気が変わって行く気を失くした場所へ。  私の知らない誰かもっと他の友達と、知られないように出掛けるならともかく。目的地が違うならともかく。  同じ仕事をしてる相手と。これ見よがしに。  ショックだった。  それを聞いた時、嫌がらせの様に思えた。  どこか陰湿なものを感じた。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/15 17:31
約束を守らない友達〜消えた北海道旅行
 知り合って5か月で1年後の約束をしたのが間違いだった。  まさか貯金ができない人だなんて夢にも思わない。  夏の発表会が終わり「旅行に行きたい。」と言い出したのは井上理恵だった。  能登半島へ井上と丹羽登紀子と3人で2泊3日の旅をした。  夏の急な旅。  その後、ゆっくり計画を立て、もっと大きな旅行をしたいという気持ちになった。  一年後の夏に、そうしようという話で盛り上がった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/05 11:16
あれも嘘これも嘘〜言葉が通じない人達
 6月、井上が全く準備してなかった現実と直面する。  会えば必ず『夏の旅行だけが楽しみ。』『旅行へ早く行きたい。』と乗り気だった。信じたし安心していた。間際になってくると『費用が足りなかったらバイトする。』と言い出すが、それも信じた。私は井上の言葉を常に信じた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/05 10:13
貯金できない女〜消えた北海道旅行
 6月、井上が全く準備してなかった現実と直面する。  会えば必ず『夏の旅行だけが楽しみ。』『旅行へ早く行きたい。』と乗り気だった。信じたし安心していた。間際になってくると『費用が足りなかったらバイトする。』と言い出すが、それも信じた。井上の言葉を常に信じた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/03 11:48
貯金できない女〜消えた北海道旅行
 6月、井上が全く準備してなかった現実と直面する。  会えば必ず『夏の旅行だけが楽しみ。』『旅行へ早く行きたい。』と乗り気だった。信じたし安心していた。間際になってくると『費用が足りなかったらバイトする。』と言い出すが、それも信じた。私は井上の言葉を常に信じた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/30 18:13
先約無視〜先生を差別する教室
 音楽的な技術は素晴らしい奥さんだったけど、ビジネスライクに仕事をする人ではなかった。  問題がある先生を辞めさせられない弱気な反面、依頼した仕事を何の断りも無く他の先生に回す事があった。  大げさに言うと契約違反だ。  通常の職場では考えられないような事だ。  それが平気で行える人だった。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/13 09:16
肩書き重視〜生徒を大切にしない教室
 その頃、奥さんである先生は、上のクラスの先生(複数)へのお歳暮でひとり、3〜5万円の商品券を購入していた。  奥さんは自分の地位固め(直営店での仕事確保)という野心があって、そのための投資にはお金を惜しまなかった。  妻は根回しに大金を使い、逆に夫は保護者に金の催促。  (必ずしも裕福ではないだろう生徒たちの親に強い態度に出ていた。)  御主人は経理担当の実務だから、教室運営の経費に神経を尖らせていたのだ。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/12 09:48
夫に逃げられた女
 とにかくG先生は遅刻が多いと奥さんはこぼしていた。Gは他のセンター教室でも遅刻を繰り返すらしい。  先生という立場だと、あまり注意される事がない。受付の人も相手が先生なので、強い言葉では指摘しない。それが慢性化して平気になる。  時間にルーズ、そして生徒の名前をいい加減に扱う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/14 20:48
嘘つき小学生〜「踏み倒し」と「裏切り」が棲む街
 様々な場所で出張レッスンをしてきたが、ここだけは特別変わった地域に思えた。  休む時に連絡してくる生徒(保護者)が少ない。  5人中4人までが連絡してこない。  そういう生活習慣が無いかの様だった。  他の地域とは逆だ。  (大勢の生徒がいると、ついうっかり連絡し忘れたまま休む人も出てくる。それは全体の数パーセントの割合だ。)   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/31 18:13
内容量に合わない大きな箱
 そんな個性の強い夫妻の経営する教室だが、私が入る10年以上前は生徒が100人を超えていたらしい。  凄い人数だ。  そういう過去の最盛期の栄光、輝きのようなものが御主人や奥さんの感覚を鈍らせてたのかもしれない。    生徒を減らさない事を優先順位の一番に持ってくれば事態は違ってたと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/27 12:41
差別意識と村社会
 そんな感じで奥さんを中心に、村社会に近い輪が先生同士の間で出来上がりつつあった。  ビジネスライクから外れて、どんどん古い因習化していく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/24 17:41
散財する妻と節約する夫
 教室の経営はかなり行き詰っていたと思う。  御主人はエアコンの電気代を気にしていた。  防音装置のカプセルは二部屋あって、ホースで大型のエアコンから冷気や暖気を送っていた。  そのため部屋に空調が行きわたるのに時間がかかる。  レッスンの始まる1時間くらい前からエアコンを動かす。  最初、一部屋だけ先にレッスンが始まる場合でも、大型エアコンを作動させ二部屋分を温めたり冷やしたりしないといけない。  それが一人で30分、二人分だと1時間の差が出る。  おじさんにとって、それは無駄な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/17 18:41
長電話に先約無視〜人を使えない経営者
 音楽的な技術は素晴らしい奥さんだったけど、ビジネスライクに仕事をする人ではなかった。  問題がある先生を辞めさせられない弱気な反面、依頼した仕事を何の断りも無く他の先生に回す事があった。  大げさに言うと契約違反だ。  通常の職場では考えられないような事だ。  それが平気で行える人だった。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/10 13:11
肩書き重視〜生徒を大切にしない教室
 その頃、奥さんである先生は、上のクラスの先生(複数)へのお歳暮でひとり、3〜5万円の商品券を購入していた。  奥さんは自分の地位固め(直営店での仕事確保)という野心があって、そのための投資にはお金を惜しまなかった。  妻は根回しに大金を使い、逆に夫は保護者に金の催促。  (必ずしも裕福ではないだろう生徒たちの親に強い態度に出ていた。)  御主人は経理担当の実務だから、教室運営の経費に神経を尖らせていたのだ。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/03 18:00
月謝取り立て屋
 月謝の支払いが遅い生徒の家に電話しているおじさんの声が聞こえた。  「お宅だけですよ。月謝払ってないの。」  防音のガラス扉のカプセルを一つ隔てた向こう、入口に受付がある。そのデスクの前にレッスン中は必ずおじさん(御主人)がいる。  少し距離はあったが、何を話しているかは聞こえてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/24 18:01
悪 臭
 体臭は果物の腐ったような甘い臭いがした。  口臭は排泄物の匂いがした。  気密性の高い教室のドアを開けると、その人が1時間居た部屋は甘い臭いが充満していた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/17 21:01
家の中の他人〜間違えた結婚
 ミシンの騒音とアイロンを台に叩く鈍い音、そんな作業場で暮らした。私が生まれた時からの日常だ。  父親はバイク(カブ)で役所へ出勤する。だから日中は家に居ない。家は母の仕事場だった。一日中ミシンを踏むか手縫いの細かい作業をしていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/06 13:46
収入の消える家〜見合い結婚の落とし穴 
 私が幼少の頃から生涯、外へ働きに出た母の姿を見た事はない。  いつも家にいて作業場で洋裁をしていた。  ミシンを踏んでいない時は手縫いの細かい作業をしていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/12 19:30
またお金の文句
 教室に入ると営業の人から伝言メモがあった。  生徒が電子ピアノ購入したそうで、「接続機器の清算がまだ済んでないので、今日受け取って封筒に入れて規定の引き出しに入れて置いて下さい。」とのこと。  生徒はこの時大学2回生だった。  高校3年の時 ピアノを購入する話が出てはいたけど、いつの間にか立ち消えになってて、私もそのことは忘れていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/17 19:03
迷惑な長電話
 クレームの電話は必ずレッスンの次の日かかってくる。  私の自宅へ直接のこともあれば、連絡先センターの受付へかかることもある。  直接私の家の時は午前中で1時間半位は軽く費やす。  子供は学校に行ってて、家にはいない時間帯。  ゆっくり話せるからでしょうね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/16 23:58
母親の浅知恵が子供の成長を妨げる
 平気で嘘をつくし、借りた物も返さない。  この情緒の欠落はお母さんの教育の賜物だね。  情操教育のつもりで音楽教室に通わせても、日々の暮らしの中で情緒を育てなかったら何もならない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/13 22:06
貸した本は返してよ!
 友達同士でも長い間本を借りてたり、待ち合わせ場所に行けなくてすっぽかしたりしたら、お茶位はおごったりする。  学生同士でもそれ位はするよね。  いくら母親の影響とはいえ、ホント、セコいよねぇ。     「会員カードでお買い物」「楽譜を買わない生徒」の番外編   会員になると割引特典がある。  会員になったらどこの楽器店でも割引になると思ってたみたい。このお母さん。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/11 18:41
教育熱心の裏側〜人格障害の親
 この保護者は自分がお金がもったいないと感じたら、出さない。  レッスンに関わる細かい雑費もそうだし、楽譜に対してもそう。  そして自分が欲しいものには、惜しみなくお金を注ぐ。  実用性からやや外れても平気。高額でも関係ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/11 12:41
音楽教室の痛い親子
 13年間で変わった事と言えば、受付のコーナーが閉鎖され、このご一家が隣の市へ引っ越した事。  そして数人いた他の生徒は、進学シーズンになるとひとりまたひとりと辞めていき、私の生徒はこの男の子だけになってしまった。  先生は楽器店の社員ではないから、その生徒の来る時間帯だけ足を運べばいい。  なので水曜日はこの生徒のためだけに教室を訪れる、そんな日々が続くようになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/07 00:05
痛い保護者〜会員カードでお買い物
 他人が買いに行って準備した楽譜「割引になってない。」とクレームつけてきた生徒の母親。  楽譜などを割引で買う場合、カードを持参し、該当する楽器店まで自分の足を運んで、レジで提示する。これで初めて商品が割引になる。  自分は動かずカードも手渡さず、それでも支払った会費の見返りだけは要求する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/04 18:51
大学名を言えない子
 冬の休みも終わり明日からレッスンという日になって、いつものセンター教室から連絡が入った。  生徒が2ヶ月休会するというお知らせだった。  受験が追い込みに入ったんだね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/03 21:03
支配的な母親が子供の決断力を奪う
「女王様の誤算」   生徒が高校生の時、中間、期末テスト時期には必ず休んでいた。月4回のレッスンが2回になった。その頃の保護者の第一目標は、息子の一流大学入学だったようだ。  母親の立てた計画に沿って逆らわずにいれば順調な日々。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/03 13:48
嘘が平気な子〜母親の強欲が子供を蝕む
 君は平気で嘘のつける大人になり、同時に信頼関係より自分の有益を選ぶ人間になった。  この人にとって、大学での生活はかけがえの無い大切な物。  誰にも邪魔されたくない。  うるさい母親の機嫌を損ねなければ全ては順調に行く。  それがクリアできたら後は適当適当。    ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/02 18:36
病んでいく心〜母親の強欲と自己愛が子供を蝕む
 収入の多い家庭でも、高額商品の買い物と将来のための積立金が多いと、毎月のローンの引き落としで手元に残る現金が少なくなる。  子供に習い事をさせるのはいいけど、近くで済ませずわざわざ車で送り迎えするから、余計、コストが嵩む。  しかも子供は嫌がってる。  母親の価値観、世界観が偏って歪んでいる。  それに合わせて生きる家族。彼らが見る心象風景とは…? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/14 12:01
嘘が平気な子供〜中流家庭の闇
 生徒が上級のグレードテストを受けた。  結果を待ち続ける私に返ってきたのは「嘘ついてました。」のひとことだった。  当日遅刻して失格になっていたのだ。  その日のうちに連絡するならともかく、一ヶ月も経ってから、ようやく本当の事を知らせてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/04 12:16
人の気持ちより現金が大切
 生徒が教室に財布を置き忘れる出来事があった。  高校3年の時だ。  レッスンが終わって帰宅し、玄関の扉を開けると電話が鳴っていた。  受話器を取ろうとしたが、間に合わず切れてしまった。  着信データを見ると、未登録の携帯電話からだった。  知人のは登録済みだから、気にせずそのままにしておいた。  その後、十数分はたったか再びベルが鳴った。    財布を教室に置き忘れたという生徒の母親から連絡だった。  すでに自宅へ戻っていて、固定電話からの通話だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/17 21:46
音楽教室の変わった親子
 習い事が生活圏から離れ過ぎてるのは、不都合が多いし不便だよ。  元々お住まいだったのは、教室へは自転車で通える場所。  マイホームを購入されて隣接する市へ引っ越して行かれた。  誰に強制されたわけでもない。  ご自分たちの主体性で生活圏を移したんだよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/23 11:49
ズルい保護者
「受話器の向こうの沈黙」  生徒を教え始めて最初の発表会の事だった。  発表会費の締め切りが迫っているので、私は母親に電話した。  間に合わないと困るので、持ってきていただけるようにお願いすると、相手は黙ってる。  電話口で沈黙されると どうしようと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/18 15:11
125円のクレーム〜心ない保護者
 新しい楽譜が必要になって生徒に買うよう促してた。  高校生になって曲の好みもけっこう出てきた。  ヒットソングの楽譜は直接本人が買いに行ったほうがスムーズ。    だけど生徒はためらっててハッキリしない。  準備が遅れたら、週単位で先延ばしになる。  それも嫌だし結局、私が買いに行くことにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/15 11:06
セコい母親とその息子
 新しい楽譜が必要になって生徒に買うよう促してた。  高校生になって曲の好みもけっこう出てきた。  ヒットソングの楽譜は直接本人が買いに行ったほうがスムーズ。    だけど生徒はためらっててハッキリしない。  準備が遅れたら、週単位で先延ばしになる。  それも嫌だし結局、私が買いに行くことにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/12 23:01
仕事で忙しいお父さんへ
 もしあなたの奥さんが教育熱心で、あなたの身内に対して冷たく、子供の入る学校や会社のブランドにるこだわる人だったら、少し立ち止まって考えて下さい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/12 23:45
『エリート志向の闇〜平気で嘘をつく子供』タイトル一覧
序 章  「先生は辛いよ」     「金魚の酸欠」    「彼 方」  「王子様の計算」  「遠距離と交通手段」   第1章   「女王様の誤算」  「王子様の静かな反乱」  「会員カードでお買い物」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/26 20:31
未来に戦慄が走る 
 大人になる過程で君は打算を働かせ、母親の前では実際より幼い自分を演出してきた。  表立った反論や反抗を避けて、対決しない事を選んだ。  それがこの人の処世術。生きる術。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/03 10:16
統一されない素顔
 この母親の行為には、つながりがない。  それぞれが独立した存在で、バラバラに成り立っている。  確かにひとつひとつを取り上げると正当な理由が有り、間違えてはいない。  しかし、全体を通してみると理由と動機には統一性がない。  全て自分にとって都合のいいものになってるだけ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/01 10:41
矛 盾
 この母親の行動パターンには、客観性の様なものはない。  自分が金がもったいないと感じたら、出さない。  レッスンに関わる細かい雑費もそうだし、楽譜に対してもそう。  特に先生への御礼は省略と削除で本当、露骨だね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/30 21:18
危ない思考回路
 最初自分が決めた事にこだわり続けるように、たぶん同じパターンで、時代の変化にも対応できてない生徒の母親。  この保護者の10代、20代前半にかけては、好景気の時代だったんじゃないかな。  その時、自分の中で輝いてたものを引きずってるとしか思えない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/28 18:01
薄っぺらな知性
 「作曲は難しいけど、個人レッスンで習う演奏は楽譜通りに弾くだけだから、簡単だと思うんです。」 母親に昔、こう言われた事があったんだよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/28 08:11
決断力の鈍い奴
 趣味で続けるか、先生を変わるかどちらか決めて欲しい、そう打診した時、君は本音を吐露するなんて考えらなかったんだろうね。  だからメールの返事も打てない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/21 19:21
冷笑する子
 この人が大切にしていたのは大学でのサークル活動。  それを邪魔されたくなかった。  妨げられるのは絶対嫌だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/20 16:51
高慢な親を欺く
 親子間の嘘は、社会に拡がっていく。それをこの親子は分かっていない。  まるで音楽教室の先生は社会の一員じゃないみたいだよ。  私はこの親子に対して社会の一部だからね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/19 10:16
心理戦が謎を生む
 この人が高校生になってから、特に異様さが目立ってきたような気がする。  正確には、中学2年生の3月に引越しをされてから。  レッスンを辞めるつもりでチャンスを掴みかけた生徒を、母親は引き戻した。そこから送迎を続けるようになった。  たぶん親子間で心理的な駆け引きがいっぱいあったのだと思うj。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/14 10:18
不可解な言葉
 「言えない子なんですよ。」そう言ったんだよねこの人。「嘘ついてました。」と事実を聞かされて、なぜもっと早く話さなかったのか、驚いて問いただす私に「言えない子なんですよ。」と返してきた。  自分は気が弱くて、母親に本当のことを言いたくてもなかなか言えなかった。単純に解釈するとそういう意味だけど…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/13 10:16
強欲の果て
 贈り物をすると相手は喜ぶ。相手に「喜ぶ」という感情を与える。  贈り物も何もしないと、相手には「喜ぶ」という感情は与えられない。  物を送って相手の気持ちに何らかの変化を呼び起こす。  単にお金を払って物を移動させるのではなく、感情を与えられたり与えたりする行為。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/08 09:01
レベルマックスの悪質さ
 この人一番最初の試験で遅刻で失格になってたのを、一ヶ月もの間隠してたんだよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/06 16:48
頑固すぎる女
 息子はもうオルガンには興味が無くなり、ジャンルも絞られてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/06 08:41
欠けていく情緒
 情緒や趣と言った文化は、日々の暮らしの中で刷り込まれていくもの。子供が成長する過程で、他人への感謝の仕方や、お世話になった人への対処の仕方を学んでいく。  暮らしの中で親から子供へ受け継がれていくもの。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/05 09:08
打算で習う子
 元々高校生の時は大学受験が大切で、そっちに母親の全神経が行ってた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/02 10:19
切り捨てられた情感
 平気で嘘をつくし、借りた物も返さない。  この情緒の欠落はお母さんの教育の賜物だね。  情操教育のつもりで音楽教室に通わせても、日々の暮らしの中で情緒を育てなかったら何もならない。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/28 10:16
調子を合わせる怖さ
 君が同調してきたのは、包容力も慈愛も欠落した殺伐とした世界観だよ。  その恐ろしさを君は解ってないね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/25 11:06
冷血と打算
 君の母親は他人に対して冷淡で、更に支出を徹底管理して子供を育てた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/20 10:16
戦慄の正体
 現金に関わる事で難癖つけてきたのは、やっぱり家計に響いたからだよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/11 10:16
育ちの良さと卑しさと
 私が感じてた違和感の一番大きなものって、これ。  君も母親も言葉使いは丁寧で、話し方も優しい。  一戸建てに住み、遠方の音楽教室に車で通う。  所有している楽器のグレードは高く、目指しているものも高い。  大学も一流を目指すそれなりのご家庭。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/23 10:08
貧困から生まれる悪意
 温和、ほのぼの、大らか、そんな雰囲気からは程遠い家庭。  燃費の悪いRV大型車で往復して、それも一人づつ別々に、わざわざ設備の整わない教室にやって来る。  専門資格を目指してるけど、5%割引にこだわる上、ケチって楽譜買い渋ってレパートリーを増やさない。  大学受験が大切で、月2回休んでのんびりレッスンと関わってきて、実力を蓄えてないけどグレードテスト準備に入らせる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/22 11:11
バイト先は居酒屋
 帰り支度をしながら「食べられるからいい。」生徒はそう言った。  飲食店でバイトしてると、休憩時間や食事時に賄いのご飯が出る。  それが食べられていいって意味だった。  そこでご飯が食べられるから、自分のお小遣いを使わなくて済むし、家で食べない分、食費が助かる。  たぶんそういう事なんだと思う。    一般家庭の大学生の感覚。  そしてどちらかというと、家計を切り詰めていたり、あまり贅沢できない家の子が持つ感覚かもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/22 10:18
高所得で貧しい家庭
 RV車で休日は山へキャンプに行ったり、川へ釣りに行ったり、家族みんなで自然に親しんで、たくさんの思い出を作る。  それだったら愛車パジェロは有効な使い方をされて幸せ。  車の身長が高いのは、浅い川も渡れるように、だって。  水溜りやぬかるみも平気な凄い車なんだよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/16 10:16
貧困から生まれる悪意
 温和、ほのぼの、大らか、そんな雰囲気からは程遠い家庭。  燃費の悪いRV大型車で往復する。それも一人づつ別々に。  自宅から徒歩で通える所より、わざわざ遠い教室へやって来る。  専門資格を目指してるけど、大学受験が大切で、高校時代は月2回休んでのんびりレッスンと関わる。  実力を蓄えてないけどグレードテスト準備に入らせる。  ケチって楽譜買い渋る。  テキスト代の割引にこだわる。レパートリーが増えない…。    家族全体を巻き込んで、矛盾と不釣合いと無理のオンパレード。  家... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/11 08:11
豊かさに囲まれた貧困
 本当に裕福な家というのは、車を2台所有して用途によって使い分ける。  適材適所で物を使い分けて、無駄や無理を減らせる。  本当に裕福な家というのは、バランスが取れてて余裕が有る。    収入が多くても、ローンで引かれて手元に入る現金が少なかったら、結局苦しい家。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/10 10:16
楽譜を買わない理由
 生徒には発表会で弾きたい曲があった。  楽譜が発売されたらすぐに買いに行って練習する。そんな口振りだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/09 18:01
RV車を送迎に使う女
 この間新聞の広告が何気なく目に付いた。  中古車の広告チラシで見ると、パジェロが載ってた。  他の車と比べると、かなりなお値段。  それでネットで調べて驚いた。ここまで高額だったとは。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/05 11:16
パジェロに乗る女 A
 あの車だったら、サバンナへヌーの大群を見に行けるね。  探検旅行ができる。アマゾンの奥地に行ける。  岩でごつごつした丘陵を登れる。アメリカ大陸縦断ができる。(笑)  それは無理か…まあ伊勢志摩や淡路島でも結構な距離だよ。   豪快に遊ぶとか、遠出して散財するとか、それはあの母親はめったに許さないよ。  そんな雰囲気ではなかった。  たまには皆でお出かけする事はあっただろうけど、頻繁には無理だったんじゃないかな。  豪放に遊べるような一家だったら、楽譜だって買い渋らなかったはず。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/30 11:16
パジェロに乗る女 @
 近くに教室があるのにわざわざ遠くに通わせるのは、車の送迎を不可欠にし、子供を100%管理下に置くため。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/29 12:06
怪物親 〜人格障害〜
 自分を抑えて家族に尽くす そんな時代じゃないから自己主張して当然 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/27 11:11
会社名を言わない女
 2008年の秋、一度だけ、親子と顔を合わせる機会があった。  そして母親とは数分、言葉を交わした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/25 10:08
お知らせと記事案内
 テーマ<学 生>での記事は少しの間中断します。  読んで下さってる方、ありがとうございます。  並びが後半整理できないまま公開が進んでしまいました。  すみません。    2010年に入ってからの 「禁じられた学び U」 からは  テーマ<小 説>で見てもらってもつながる様にしますので、  読んでもらえると嬉しいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/05 11:51
巻きついた鎖
 いつだったか、レッスンで使用してるフロッピーが不調になり使えなくなった。  フロッピーはデリケートなのでたまにそういう事もある。  レッスンで必要だし、生徒に来週持ってくるよう頼んでおいた。  当時はワープロが普及してて、たいていどのお宅にもフロッピーの買い置きはあったと思う。  家に置いてなくても、家電量販店や、スーパーや、コンビ二でも売ってる。一枚90円位だし、子供のお小遣いで買えるよね。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/02 09:46
発想も最低ランク
 生徒がレッスンを休む時は、教室の受付に電話してもらう事になってる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/02/25 11:41
緊急連絡〜パ シ リ
 ある晩、教室から帰宅し玄関ドアを開けると電話が鳴っていた。  急いで受話器を取ろうとしたが、間に合わなかった。  着信データを見ると、携帯電話で未登録のナンバーだった。  そのままにしておくと数分後に再びベルが鳴った。    その日、レッスンを終えた生徒の母親からの連絡だった。  生徒が教室に財布を忘れたらしいというのだ。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/24 09:41
受話器の向こうの沈黙
 坊やを教え始めて最初の発表会の事だった。  発表会費の締め切りが迫っているので、私はママに電話した。  間に合わないと困るので、持ってきていただけるようにお願いすると、相手は黙ってる。電話口で沈黙されると どうしようと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/23 15:45
CO中毒
 周囲の大人がどんなに心を砕いても ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/21 08:41
混雑する譜面台
 ただ黙々と二人ともレッスンに集中していく日々 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/18 08:18
狂った神経回路
 私が一番釈然としないのは、息子が嘘をつく事を、このお母さんあまり大きく受け止めてない、そう感じること。  悪いことは悪いけど、そんな重大事とは受け止めていない、そんな感じがする。  「すみません、2回も…。」とテスト不合格だったことに、詫びる言葉はあった。  けど息子が嘘をついた事は、話題にもしないし、それ自体に注意を払ってないようで、関心事の中に入ってないみたい。  素通りしていってる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/15 09:30
荒んだ心
 生徒は平気で嘘のつける嫌な大人になった。元々小さい時から母親に、日常的に小さな嘘をついてきたようだ。  教室のレッスンに行きたくないから。  練習をさぼりたいから。     ほんの小さな嘘。  母親はそれに対応するのにいちいち傷ついていられない。  将来の目標に向かって先へ進むだけ。  やがて感覚は麻痺してくる。  自分の気持ちに鈍感になってくる。  当然、他人の気持ちにも鈍感になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/11 13:40
お高くとまった二人
 この時のこの一件が、二人の悪行の集大成。  二人の本質の全て。  クレームの電話は素早く、肝心な報告は入れない。  大切な情報は止めてしまう。  それで習いに来て、合格に向けて指導しろと要求する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/07 09:01
☆お知らせ その他☆ 
 読んでくださってる方 ありがとうございます  12月20日から突然重複記事が多くなってて   分かり辛いと思います ごめんなさい      ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/23 13:01
空白と混乱
 受験すらしてなかったなんて、それじゃあ空白のまま。  ただ事務作業と違って中断したものをまた始める時、  同じところから着手できるとは限らない。  準備に入ってすでに3年経ってた。  何度も繰り返し弾いて、飽きて、仕上がりが落ちてる曲もあった。  自分の中で鮮度が無くなってしまうとどうにもならない。  坊やはプロじゃないから。  自分で計画を立てて、全曲、完成度を揃えて持っていくようにと  アドバイスはその都度してたけど、聞いてないんだよね。  テスト申し込み締め切りは、一ヶ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/22 11:16
粉砕された12年 後編
 母親からもフォローは一切無い  連携や協力関係とは程遠い ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/22 08:41
粉砕された12年 前編
 2006年の秋、坊やは初めて試験を受けた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/22 08:00
発言は最低ランク
 2006年の春 教室に入ると営業の人から伝言メモがあった ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/20 13:00
葬られた善良な子
 子供が嘘をついたとき いつも力でねじ伏せて従わせてきた  それ自体を問題視せず  母親の目標に向けて勉強し練習することが一番大切  そう教えてきた  周囲の人間との暖かい交流や心の通い合いよりも  むしろ母親の決めた枠組みの範囲を超えないように  行動するよう教えてきた  人への思いやりを欠くことになっても支出が少なくて済むなら  それを良しとして来た    ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/13 08:41
暴 走
 ママは挫折を知らないね  だから全能感がある  何でもできる  何でも手に入る ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/09 11:16
迷惑な長電話
 とにかく自宅へかかって来ると長いからね  事前に了解を得ないで楽譜を購入したって事で話があって  それからその楽譜を使ってどう教えるかの講義が始まった ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/07 08:01
冷淡な理由
 「いつもご迷惑をおかけして」 これはママの口癖。  心の底から出た言葉じゃない。口先だけの軽いもの。  いちいち気を使ってられない。他人にはね。  ママの子供へのスローガンは 「ホワイトカラーになれ!!」 だから。  経済的に豊かになって、困ることなく生きていってくれ。そういう願い。   親心,親の気持ち その大義名分に隠された裏にあるものは   「弱者を踏みつぶして行け」 ってことだよ。ママはこれを体現している。  他人を思いやってたら、自分が損をする。  だから人には手を貸... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/04 09:37
メッセージ 本質
  ママの姿勢は子供に刷り込まれていく。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/04 07:36
冷 血
 ママはね 他人を使ったり、ものを頼む時、こっちの情に訴えてくる。  電話をかけてきて事情を説明するんだけど、それだけで後はどうして欲しいとか、どうすればいいのかとか何も言わない。  「申し訳ないんですけど… 」とか「お願いできないでしょうか? 」というような言葉を一切使わない。  困惑したお互いのやり取りがあって、結局放っとけないのでこっちが動く。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/30 08:03
薔薇色の節約術
 坊や、ママを見習うんじゃないよ。ママには自浄作用が無い。  偏ったり凝り固まったものが、徐々に大きくなっていく。  年齢を重ねるごとに悪化していくのさ。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/15 17:53
怪 物 親
            未熟で自己中心的 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/10/14 09:37
お高くとまった二人
 私がどれだけテストの結果を気にしてるか、声の調子でわかったはずだよ。  「もう悠長なことはしてられない。」  私ママにそう言ったよね。本人とじゃ話にならないから、ママに電話したんだよ。 事実を知ったらその場で連絡するのが筋じゃないの? 携帯電話もそのために持ってるんでしょ?  受験すらしてなかったなんて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/13 11:32
王子様の静かな反乱
 大学生になってからの半年近く 坊やは必要な教材をレッスンに持って来ない。  やたらページ数の多い曲の練習をしに来る。  先生は譜めくりに追われる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/13 08:41
女王様の誤算
 ママは坊やが高校生の時 中間、期末テスト時期には必ず休ませてた。月4回のレッスンが2回になった。その頃のママの第一目標は 坊やの一流大学入学だったみたいね。ママの立てた計画に沿って逆らわず、動いていれば順調な日々。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/13 08:02
苦情は迅速 配慮は…
      クレームの電話は必ずレッスンの次の日。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/12 09:13

トップへ | みんなの「仕事」ブログ

新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
Kanataのお部屋へようこそ 仕事のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる