テーマ:仕事

暮らしに不向きな家~年中無休の作業場

 布を切り離すとそこから解れるのを防ぐために、裁断と同時に布の解れ止めをするミシンがある。  ロックミシンといって機能はそれだけの専門の機械だ。  普通のミシンとは形状が全く違う。  ロックミシンは業務用だ。  それは普通のミシンより大きな音がする。  仕事の工程によってはロックミシンを延々とかけ続ける時もある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤクザな女と無責任女~共働き家庭の弊害

 彼女たちが育ったのは、働き手が得た収入を家族のために使う、それが当たり前の家。  彼女たちの暮らしてきた環境が普通なのかもしれない。  だけどあまりに甘く、何もかもが通用し過ぎる。          見下すのは平和な家の子より  仕事を始めて間もない頃、丹羽と近所のスーパーでバッタリ出会った事がある。  丹羽は車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏切りとチープなお土産~消えない傷

 何で北海道なんだろう。気が変わって行く気を失くした場所へ。  私の知らない誰かもっと他の友達と、知られないように出掛けるならともかく。目的地が違うならともかく。  同じ仕事をしてる相手と。これ見よがしに。  ショックだった。  それを聞いた時、嫌がらせの様に思えた。  どこか陰湿なものを感じた。     *   *  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

約束を守らない友達~消えた北海道旅行

 知り合って5か月で1年後の約束をしたのが間違いだった。  まさか貯金ができない人だなんて夢にも思わない。  夏の発表会が終わり「旅行に行きたい。」と言い出したのは井上理恵だった。  能登半島へ井上と丹羽登紀子と3人で2泊3日の旅をした。  夏の急な旅。  その後、ゆっくり計画を立て、もっと大きな旅行をしたいという気持ちになっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あれも嘘これも嘘~言葉が通じない人達

 6月、井上が全く準備してなかった現実と直面する。  会えば必ず『夏の旅行だけが楽しみ。』『旅行へ早く行きたい。』と乗り気だった。信じたし安心していた。間際になってくると『費用が足りなかったらバイトする。』と言い出すが、それも信じた。私は井上の言葉を常に信じた。    *   *   *   *   *   *   *   * …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貯金できない女~消えた北海道旅行

 6月、井上が全く準備してなかった現実と直面する。  会えば必ず『夏の旅行だけが楽しみ。』『旅行へ早く行きたい。』と乗り気だった。信じたし安心していた。間際になってくると『費用が足りなかったらバイトする。』と言い出すが、それも信じた。井上の言葉を常に信じた。     *   *   *   *   *   *   *   * …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貯金できない女~消えた北海道旅行

 6月、井上が全く準備してなかった現実と直面する。  会えば必ず『夏の旅行だけが楽しみ。』『旅行へ早く行きたい。』と乗り気だった。信じたし安心していた。間際になってくると『費用が足りなかったらバイトする。』と言い出すが、それも信じた。私は井上の言葉を常に信じた。     *   *   *   *   *   *   *   *…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先約無視~先生を差別する教室

 音楽的な技術は素晴らしい奥さんだったけど、ビジネスライクに仕事をする人ではなかった。  問題がある先生を辞めさせられない弱気な反面、依頼した仕事を何の断りも無く他の先生に回す事があった。  大げさに言うと契約違反だ。  通常の職場では考えられないような事だ。  それが平気で行える人だった。    教室に通い始めて2年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩書き重視~生徒を大切にしない教室

 その頃、奥さんである先生は、上のクラスの先生(複数)へのお歳暮でひとり、3~5万円の商品券を購入していた。  奥さんは自分の地位固め(直営店での仕事確保)という野心があって、そのための投資にはお金を惜しまなかった。  妻は根回しに大金を使い、逆に夫は保護者に金の催促。  (必ずしも裕福ではないだろう生徒たちの親に強い態度に出てい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫に逃げられた女

 とにかくG先生は遅刻が多いと奥さんはこぼしていた。Gは他のセンター教室でも遅刻を繰り返すらしい。  先生という立場だと、あまり注意される事がない。受付の人も相手が先生なので、強い言葉では指摘しない。それが慢性化して平気になる。  時間にルーズ、そして生徒の名前をいい加減に扱う。  発表会のプログラム製作で、それぞれの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嘘つき小学生~「踏み倒し」と「裏切り」が棲む街

 様々な場所で出張レッスンをしてきたが、ここだけは特別変わった地域に思えた。  休む時に連絡してくる生徒(保護者)が少ない。  5人中4人までが連絡してこない。  そういう生活習慣が無いかの様だった。  他の地域とは逆だ。  (大勢の生徒がいると、ついうっかり連絡し忘れたまま休む人も出てくる。それは全体の数パーセントの割合だ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内容量に合わない大きな箱

 そんな個性の強い夫妻の経営する教室だが、私が入る10年以上前は生徒が100人を超えていたらしい。  凄い人数だ。  そういう過去の最盛期の栄光、輝きのようなものが御主人や奥さんの感覚を鈍らせてたのかもしれない。    生徒を減らさない事を優先順位の一番に持ってくれば事態は違ってたと思う。  出身大学やグレードにこだわるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

差別意識と村社会

 そんな感じで奥さんを中心に、村社会に近い輪が先生同士の間で出来上がりつつあった。  ビジネスライクから外れて、どんどん古い因習化していく。  自分よりグレードが下の先生を見下したり蔑んだりしていた。  差別意識は当然あったと思う。  言葉の端々にも出ていた。  先に頼んでおいた仕事、急に他の先生に回して平気な一件は、そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散財する妻と節約する夫

 教室の経営はかなり行き詰っていたと思う。  御主人はエアコンの電気代を気にしていた。  防音装置のカプセルは二部屋あって、ホースで大型のエアコンから冷気や暖気を送っていた。  そのため部屋に空調が行きわたるのに時間がかかる。  レッスンの始まる1時間くらい前からエアコンを動かす。  最初、一部屋だけ先にレッスンが始まる場合で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長電話に先約無視~人を使えない経営者

 音楽的な技術は素晴らしい奥さんだったけど、ビジネスライクに仕事をする人ではなかった。  問題がある先生を辞めさせられない弱気な反面、依頼した仕事を何の断りも無く他の先生に回す事があった。  大げさに言うと契約違反だ。  通常の職場では考えられないような事だ。  それが平気で行える人だった。    教室に通い始めて2年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩書き重視~生徒を大切にしない教室

 その頃、奥さんである先生は、上のクラスの先生(複数)へのお歳暮でひとり、3~5万円の商品券を購入していた。  奥さんは自分の地位固め(直営店での仕事確保)という野心があって、そのための投資にはお金を惜しまなかった。  妻は根回しに大金を使い、逆に夫は保護者に金の催促。  (必ずしも裕福ではないだろう生徒たちの親に強い態度に出てい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月謝取り立て屋

 月謝の支払いが遅い生徒の家に電話しているおじさんの声が聞こえた。  「お宅だけですよ。月謝払ってないの。」  防音のガラス扉のカプセルを一つ隔てた向こう、入口に受付がある。そのデスクの前にレッスン中は必ずおじさん(御主人)がいる。  少し距離はあったが、何を話しているかは聞こえてきた。  私が教室へ通い始めて4年目を過ぎた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪 臭

 体臭は果物の腐ったような甘い臭いがした。  口臭は排泄物の匂いがした。  気密性の高い教室のドアを開けると、その人が1時間居た部屋は甘い臭いが充満していた。  他の生徒はよく我慢している。  それとも私が匂いに過敏なんだろうか?  「ああしてやったのに。こうしてやったのに。」  私の母がよく言っていたよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家の中の他人~間違えた結婚

 ミシンの騒音とアイロンを台に叩く鈍い音、そんな作業場で暮らした。私が生まれた時からの日常だ。  父親はバイク(カブ)で役所へ出勤する。だから日中は家に居ない。家は母の仕事場だった。一日中ミシンを踏むか手縫いの細かい作業をしていた。  私は母の仕事しか知らない。  父親の役所での仕事を具体的に聞いた事はない。  会話が無かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

収入の消える家~見合い結婚の落とし穴 

 私が幼少の頃から生涯、外へ働きに出た母の姿を見た事はない。  いつも家にいて作業場で洋裁をしていた。  ミシンを踏んでいない時は手縫いの細かい作業をしていた。  仕事はお客様の採寸から始まる。  その前にデザインの打ち合わせをするのだが、生地はどちらかが用意するか、お客様が持ち込まない時はこちらが商店街の生地屋さんへ行き調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またお金の文句

 教室に入ると営業の人から伝言メモがあった。  生徒が電子ピアノ購入したそうで、「接続機器の清算がまだ済んでないので、今日受け取って封筒に入れて規定の引き出しに入れて置いて下さい。」とのこと。  生徒はこの時大学2回生だった。  高校3年の時 ピアノを購入する話が出てはいたけど、いつの間にか立ち消えになってて、私もそのことは忘れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迷惑な長電話

 クレームの電話は必ずレッスンの次の日かかってくる。  私の自宅へ直接のこともあれば、連絡先センターの受付へかかることもある。  直接私の家の時は午前中で1時間半位は軽く費やす。  子供は学校に行ってて、家にはいない時間帯。  ゆっくり話せるからでしょうね。  突然かかってくる電話に1時間以上取られるのは結構大変。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母親の浅知恵が子供の成長を妨げる

 平気で嘘をつくし、借りた物も返さない。  この情緒の欠落はお母さんの教育の賜物だね。  情操教育のつもりで音楽教室に通わせても、日々の暮らしの中で情緒を育てなかったら何もならない。  ただ荒っぽいだけの演奏とダイナミックな演奏は全く違う。  こちらがアドバイスしても、受け取るアンテナが無かったらどうにもならない。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貸した本は返してよ!

 友達同士でも長い間本を借りてたり、待ち合わせ場所に行けなくてすっぽかしたりしたら、お茶位はおごったりする。  学生同士でもそれ位はするよね。  いくら母親の影響とはいえ、ホント、セコいよねぇ。     「会員カードでお買い物」「楽譜を買わない生徒」の番外編   会員になると割引特典がある。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

教育熱心の裏側~人格障害の親

 この保護者は自分がお金がもったいないと感じたら、出さない。  レッスンに関わる細かい雑費もそうだし、楽譜に対してもそう。  そして自分が欲しいものには、惜しみなくお金を注ぐ。  実用性からやや外れても平気。高額でも関係ない。  行動パターンに客観性の様なものはない。  全体を見通す力がない。  超無駄な教室への送迎と、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽教室の痛い親子

 13年間で変わった事と言えば、受付のコーナーが閉鎖され、このご一家が隣の市へ引っ越した事。  そして数人いた他の生徒は、進学シーズンになるとひとりまたひとりと辞めていき、私の生徒はこの男の子だけになってしまった。  先生は楽器店の社員ではないから、その生徒の来る時間帯だけ足を運べばいい。  なので水曜日はこの生徒のためだけに教室…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

痛い保護者~会員カードでお買い物

 他人が買いに行って準備した楽譜「割引になってない。」とクレームつけてきた生徒の母親。  楽譜などを割引で買う場合、カードを持参し、該当する楽器店まで自分の足を運んで、レジで提示する。これで初めて商品が割引になる。  自分は動かずカードも手渡さず、それでも支払った会費の見返りだけは要求する。 「雨の日のお買い物」   生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学名を言えない子

 冬の休みも終わり明日からレッスンという日になって、いつものセンター教室から連絡が入った。  生徒が2ヶ月休会するというお知らせだった。  受験が追い込みに入ったんだね。  有名私立大学目指してるんだって、聞いてはいたけど。  その目標も、もちろん母親が決めたものだね。  目指してる大学の名前を聞いたその時もちょっと「エッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

支配的な母親が子供の決断力を奪う

「女王様の誤算」   生徒が高校生の時、中間、期末テスト時期には必ず休んでいた。月4回のレッスンが2回になった。その頃の保護者の第一目標は、息子の一流大学入学だったようだ。  母親の立てた計画に沿って逆らわずにいれば順調な日々。  お金の事で口を開けば文句を言う反面、習わせ方はたいへん贅沢なものだった。  家から教室まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嘘が平気な子~母親の強欲が子供を蝕む

 君は平気で嘘のつける大人になり、同時に信頼関係より自分の有益を選ぶ人間になった。  この人にとって、大学での生活はかけがえの無い大切な物。  誰にも邪魔されたくない。  うるさい母親の機嫌を損ねなければ全ては順調に行く。  それがクリアできたら後は適当適当。     バイトで得たお金がサークル活動や交際費に回っていくの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more