テーマ:事件

「JAP18」から「奈良の騒音事件」まで

 ドラマ「それでも、生きてゆく」のレビューサイトを読んでいたのですが、その中に「JAP18」という言葉が出てきました。  どうも「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス」のTシャツ問題と同じ類のもめ事らしいのですが、私はこのドラマをずっと見ていたのでいったいどの回のどのシーンに問題があったのか凄く気になりました。  とりあえずワー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリート志向の闇

 『エリート志向の闇~平気で嘘をつく子供』の紹介記事です。 「粉砕された12年」  音楽教室で指導している生徒がグレードテストを受けた。  結果を待ち続ける私に返ってきたのは、「嘘ついてました。」この言葉だった。当日遅刻して失格になっていたのだ。その日のうちに連絡するならともかく、一ヶ月も経ってから、ようやく本当の事を知らせる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セコい母親とその息子

 新しい楽譜が必要になって生徒に買うよう促してた。  高校生になって曲の好みもけっこう出てきた。  ヒットソングの楽譜は直接本人が買いに行ったほうがスムーズ。    だけど生徒はためらっててハッキリしない。  準備が遅れたら、週単位で先延ばしになる。  それも嫌だし結局、私が買いに行くことにした。  2002年の9月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急連絡

緊急連絡  坊やが教室に財布を忘れたことがあって、私が帰宅してまもなく連絡が入った。  もちろん母親からの電話。  こういうアクシデントがあっても、坊やは勝手に動けない。  動かないのか母親の前では固まってしまうのか、知らないけど、とにかく母親を通して全ての連絡が入る。  教室と私の家は徒歩10分ほどの距離。  照明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不可解な言葉

 「言えない子なんですよ。」そう言ったんだよねこの人。  「嘘ついてました。」  と事実を聞かされて、なぜもっと早く話さなかったのか、驚いて問いただす私に「言えない子なんですよ。」と返してきた。  自分は気が弱くて、母親に本当のことを言いたくてもなかなか言えなかった。  単純に解釈するとそういう意味だけど…  何か引っかか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レベルマックスの悪質さ

 この人一番最初の試験で遅刻で失格になってたのを、一ヶ月もの間隠してたんだよね。  黙ったままレッスンには顔を出してた。  何食わぬ顔で。  何を指定されて弾いたのか尋ねると、適当に曲名を返してきた。  でも試験管の人にどんな批評されたのか聞くと、「記憶してません。」て答えた。  その時変だとまでは思わなかった。まさか受験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巻きついた鎖

 いつだったか、レッスンで使用してるフロッピーが不調になり使えなくなった。  フロッピーはデリケートなのでたまにそういう事もある。  レッスンで必要だし、生徒に来週持ってくるよう頼んでおいた。  当時はワープロが普及してて、たいていどのお宅にもフロッピーの買い置きはあったと思う。  家に置いてなくても、家電量販店や、スーパーや、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

受話器の向こうの沈黙

 坊やを教え始めて最初の発表会の事だった。  発表会費の締め切りが迫っているので、私はママに電話した。  間に合わないと困るので、持ってきていただけるようにお願いすると、相手は黙ってる。電話口で沈黙されると どうしようと思う。  ほんの数十秒のやり取りだったと思うけど、ものすごく長く感じた。  受話器の向こうでただ吐息なのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狂った神経回路

 私が一番釈然としないのは、息子が嘘をつく事を、このお母さんあまり大きく受け止めてない、そう感じること。  悪いことは悪いけど、そんな重大事とは受け止めていない、そんな感じがする。  「すみません、2回も…。」とテスト不合格だったことに、詫びる言葉はあった。  けど息子が嘘をついた事は、話題にもしないし、それ自体に注意を払ってない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荒んだ心

 平気で嘘のつける嫌な大人になった生徒 。元々小さい時から、母親に日常的に小さな嘘をついてきたようだ。  教室のレッスンに行きたくないから。  練習をさぼりたいから。     ほんの小さな嘘。  母親はそれに対応するのにいちいち傷ついていられない。  将来の目標に向かって先へ進むだけ。  やがて感覚は麻痺してくる。  自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人の気持ちより現金が大切な女

 生徒が教室に財布を置き忘れる出来事があったのは、これをさかのぼる2年前。生徒が高校3年生の時だった。  レッスンが終わって帰宅し玄関の扉を開けた時、ベルが鳴っていた。  電話の側まで行って受話器を取るのは間に合わなかった。  着信データを見ると、未登録の携帯電話からだった。  知り合いのはほとんど登録済みだったので、気にせずそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平気で嘘をつく子供 Ⅱ

 生徒の母親からもフォローは一切無い。  連携や協力関係とは程遠い。  車の側で立ち話をして、自宅へ電話もして、私が気にかけてることは充分過ぎるほど分かってるはず。  でも嫌なんだよね。子供のミステイクを謝ったりするのが。  自分が嫌なら息子にかけさせたらいい。  携帯でも自宅電話でも、そんなことすぐにできる。  でもしない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平気で嘘をつく子供 Ⅰ

 秋、生徒は初めて上級グレード試験を受けた。結果を待ってる間の毎日は気が気でなかった。個人レッスンだけの単独の試験挑戦は、これが初めて。  期待と不安が入り混じった待ち時間。  自分の指導能力も試される。そんなワクワクする瞬間の連続だった。    上級のグレードテストは、都市部でほぼ毎月行われている。  各楽器店を通さない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more