テーマ:

「ミステリと言う勿れ」最終回 感想

 第2シーズンがあるような感じですね。そういう余韻を残しての最終回。すべてのエピソードが複雑に絡み合っていました。時系列がなぜこうなるのかと思いましたが。ラストにガロのエピソードを持って来たかったみたいですね。主人公は整君とガロの二人。  愛珠(白石麻衣)にも寄木細工職人との幸せなひと時があって、少しホッとするシーンも。  ガロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ミステリと言う勿れ」第3話 感想

 事件は猟奇的で解決した後の宅配便の中身にも、気持ちが悪く後味のいいものでは無かったです。ふたを開けて見た時の整(菅田将暉)君の反応はそうだよね~って感じた。犯人が捕まって精神鑑定となり、罪に問えなくなるかもしれないので、翔=ガロ(永山瑛太)なりの復讐ですね。しかしああいうものを何で整君に送りつけてくるのかなぁ???  あり得ないし理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○」第2話 感想

主人公、凛々子さんのマフラーと髪型は月9の久能整君とコラボしてるよね。 ^_^ 淡々とした喋り方も、他者との親密性や共感性が希薄なのも。 セコリリコと月9のクノウトトノウって韻を踏んだような役名もなかなかイケてる、面白いって。笑) 深緑を基調にしたカジュアルなコスチュームは好みです。いいですね。 手袋指先だけ無いのは便利そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」第1話 感想

 相手の心に響かないと説得はできない。雛子(高畑充希)はシェフを説得したのではなく、大牙(志尊淳)に本音を吐露し、ありのままの自分を見せそれをシェフが聞いていたから。  初回のテーマ、見せ場はここで分かりやすい決着の仕方でした。  浅海(松田翔太)は雛子を試していますね。ムチャブリはデフォルメされていて、リアルではないけど。  雛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ミステリと言う勿れ」第1話 感想

 室内劇ですね。淡々としたセリフが続き、聞き逃さないよう集中していないと面白さを味わえない。私は好みですが、視聴者の好き嫌いは別れると思います。息が詰まるように感じたり、理屈ばかりで理詰めで窮屈と感じる人もいるでしょうね。  久能整(菅田将暉)のいう事は全てその通りだと思える事ばかり。  核心をついているし問題解決の助言もする…。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○」第1話 感想

 室内でもずっとマフラーをしたまま?「カンフルNEWS」の編集室はエアコン壊れてるのか…。マフラー分厚く巻いてると肩がこる。  そんな事を気にしながら、1話完結の推理物なんだなと思って観ていました。  刺激の強い事件ではないけど、緻密に物事を解析していく感じはいいですね。  過去の週刊誌を全部調べるなど刑事並みの執念もいる。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アバランチ」最終回 感想

 総理と世論を味方につけて大山(渡部篤郎)を失脚させる事ができました。羽生誠一(綾野剛)は狙撃され、凄い流血になって亡くなるの?と思えるほどでした。でも不死身でした。笑)  山守美智代(木村佳乃)の表情はどちらについているのだろうと。  分からない雰囲気。大山の前では本心を隠しましたね。  藤田(駿河太郎)も最後は羽生を撃つ事はで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アバランチ 」最終回 感想

 総理と世論を味方につけて大山(渡部篤郎)を失脚させる事ができました。羽生誠一(綾野剛)は狙撃され、凄い流血になって亡くなるの?と思えるほどでした。でも不死身でした。笑)  山守美智代(木村佳乃)の表情はどちらについているのだろうと。  分からない雰囲気。大山の前では本心を隠しましたね。  藤田(駿河太郎)も最後は羽生を撃つ事はで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「最愛」最終回 感想

 梓(薬師丸ひろ子)は寄付金詐欺容疑で逮捕されます。会社を託された梨央(吉高由里子)は後藤(及川光博)に相談し、外部から経営者を招きます。自分は社長の座を退き、経営から退陣します。  事件は解決しないまま時間は過ぎて行きます。  開発していた薬は承認され、梨央と社員たちは祝います。  大輝(松下洸平)は橘しおりの母親に会って話を聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アバランチ」第9話 感想

 「ごめんな。」と言って引き鉄を引く藤田(駿河太郎)。羽生(綾野剛)は全てを承知でメッセージを載せて藤田を呼んだ。  藤田が生きていたと聞かされた時の羽生の表情…。何て哀しい顔をするんだろう。尊敬していた先輩の死に涙し、そして今度は裏切られたという真実に直面しての涙。動揺と怒り、深く傷ついた痛み。  山守(木村…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「最愛」第9話 感想

 パーティーの席に雑誌編集者が現れ、寄付金詐欺の原稿を梨央(吉高由里子)と加瀬(井浦新)に見せます。翌日、週刊誌が発売され騒ぎになります。梨央のマンションの周辺に記者たちが集まっています。  後藤(及川光博)が皆の前に姿を見せ謝ります。  梓(薬師丸ひろ子)は記事にいちいち反応していたらきりがないと言います。そしてお金は愛護団体に寄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アバランチ」第8話 感想

 駿河太郎、登場しましたね! 山守(木村佳乃)へのこれ以上の裏切りは無い気もします。しかし大山(渡部篤郎)の味方と思わせておいて実は違うのかも…。最後まで分からないですね。  桐島が山守側だというのは、過去のシーンで何となく匂わせてましたし、意味ありげな表情からこのまま単純に大山の言う通りには動かないのだろうと予想させました。  ジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「最愛」第8話 感想

 後藤(及川光博)がどこにいるのか、梓(薬師丸ひろ子)は知っていました。梨央(吉高由里子)と加瀬(井浦新)は別荘へ向かいます。  二人の姿を見て後藤は逃げ出します。  追いかけて加瀬は梓に話すよう言います。  梨央は部屋のカーペットの下に紙幣が並べてあるのを発見します。  加瀬と梨央は計算し思案します。   隠ぺいする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アバランチ」第7話 感想

 スリリングでした。大山(渡部篤郎)の優しい話し方と笑顔。陰影のある映像のせいか、怖さがジワジワ増す感じでした。桐島をどこか信用してない様子。桐島の知らないところで物事を計画し進めてたんですね。一枚上手でアバランチを罠に…。  戸倉(手塚とおる)は狙撃され、羽生(綾野剛)は止血のため上着をかけ喋るなと言います。  でも狙撃は続き、逃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「最愛」第7話 感想

 梨央(吉高由里子)と優(高橋文哉)は一緒に暮らし始めます。弟のためにパジャマや生活用品を買い二人で家事を分担します。姉と弟、水入らずの暮らしは楽しそうです。  優は加瀬(井浦新)からのアドバイスでこの先の目標を決めます。  更に治験に参加する事を承諾。   優(高橋文哉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アバランチ」第6話 感想

 どのシーンを見てもカッコいい綾野剛。 ^_^    今回は西城(福士蒼汰)と西城パパの正義についての考えの違いや葛藤が描かれました。  あのガルシアさんて何で日本に戻ってきたんでしょう?  羽生(綾野剛)と携帯で会話してる途中、拉致されてしまいました。  一度、アバランチを抜け出た西城ですが…。  羽生は包容力と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「最愛」第6話 感想

 再会したのも束の間。優(高橋文哉)は警察に連れて行かれ、梨央(吉高由里子)は心配でなりません。加瀬(井浦新)は優が不利にならないよう、面会してアドバイスをします。そして梨央の事も気にかけ、部屋を訪れます。  大輝(松下洸平)と桑田(佐久間由衣)は公園での犯人を目撃したという証言を得るため、聞き込みに回ります。  映像の解析…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アバランチ」第5話 感想

 アバランチが結成されるまでの経緯が描かれました。  山守(木村佳乃)のパートナーだった藤田(駿河太郎)の死は羽生(綾野剛)を精神的に追い詰めます。  調べても何も掴めない事に絶望し、警察を辞めます。  町工場で働く羽生。  工場の経営は苦しく、社長は取引を続けてもらうために、中町エンジニアリングの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アバランチ」第3話 感想

 リナ(高橋メアリージュン)が活躍しました。寡黙に任務を遂行します。かつて友人を失った辛い記憶。説明セリフは一切無く、回想シーンが全てを物語りました。リナの怒りが最後は一気に爆発します。そして羽生(綾野剛)に歩み寄り…。羽生は何もかも吞み込んで優しく受け止めます。綾野剛、素敵ですよ~~。笑)もうこの包容力。  とにかく高橋メアリージュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「最愛」第3話 感想

 脅迫メールは本筋とは関係の無い件でしたね。梨央(吉高由里子)は、昭(酒向芳)に会ってはいたが、すぐに別れたと大輝(松下洸平)に話します。昭に500万円を渡したのは自転車の少年。  やはり弟なんだと思いますが…。  失踪してから居場所を突き止めたのは母・梓(薬師丸ひろ子)でした。弟は会いたくないと言ってる、そう伝えます。  梓は弟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「推しの王子様」第1話 感想

 恋愛ゲームとかした事ないんで二次元のケント様にはまるヒロインに今のところ感情移入はし辛いです~。(^^;)  深キョンの急遽代役で比嘉愛未が演じる女社長。  やり手でキリッとしていて深田恭子とは真逆のイメージ。  「ケント様…。」と航に見とれてつぶやくシーンは深キョンのためのって思えた。こういう乙女チックでほわ~んとした役柄は演…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

15歳で出来上がる神経~機能不全家庭は人格を破壊する

 2014年の5月からACの自助グループに通い出す。ACとは機能不全家庭で育った大人の事。  そこで仲間から声をかけてもらい自尊感情というものを始めて知る。  他者との境界線を引くのが大切。  理論を学んで実践。基礎を学んで応用…。     *   *   *   *   *   *   *  幼い頃から母はお金の事で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「着飾る恋には理由があって」最終回 感想

 ライトの商談は葉山祥吾(向井理)が手助けしてくれました。葉山はトルコへ旅立ちます。  別れ際、真柴(川口春奈)の「片思い」は違うと告げます。真柴は商品企画部への異動を希望しますが、「2年後だな。」と言われ会社を辞めます。寺井陽人と羽瀬彩夏は結婚式を挙げます。料理対決をする駿(横浜流星)と早乙女香子(夏川結衣)。駿は北海道へ行くのを止…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リコカツ」最終回 感想

 マンションを購入したのは小説家の水無月連(白洲迅)でした。咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)は買い戻したいと弁護士、青山貴也(高橋光臣)に頼みます。  紘一は退職願を提出します。  咲はそれを知って辞めて欲しくないと自衛隊の職場まで行って、説得します。二人で話し合い、咲は夢をあきらめずにパリへ3年間行くと決心します。  マンション…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「着飾る恋には理由があって」第9話 感想

 真柴(川口春奈)は4回壁のノック音がして、「おはよう」だと思います。ドアを開けると駿(横浜流星)が正座していました。深々と頭を下げ昨日、ディナーのデートに間に合わなかった事を謝ります。そしてノックのメッセージは「ごめんね」だと言います。  ベランダで駿は朝食を真柴に振る舞います。  そしてスマホを見せて登録をよろしくと。  真柴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リコカツ」第9話 感想

 咲(北川景子)は紘一(永山瑛太)を呼び出します。長く待っていても紘一は現われません。咲は何かに気づき、ビルの入り口まで行きます。待ち合わせ場所は互いにイメージが違っていました。融通の利かない紘一は咲の待っていた場所へ戻ろうとします。  エスカレーターで降りる紘一に咲は階段で追いかけて気持ちを告白します。  結婚する前は逆でしたよね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「恋はDeepに」最終回 感想

 海辺での二人の別れのシーン。静かで切なかったです。愛し合ってる二人の気持ちを情感をとても丁寧に描いていました。  どの回も恋する二人の熱い想いにあふれていて素敵でした。倫太郎(綾野剛)が海音(石原さとみ)にどんどん惹かれて行く様子が分かりやすかった。何より映像の美しさに圧倒されました。  海音は水槽の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「着飾る恋には理由があって」第8話 感想

 葉山(向井理)の存在が気になる駿(横浜流星)。葉菜(山本千尋)との再会もあり、以前自分が投げだしたお店を手伝う事にします。試作品にOKが出たらシェフとして仕事ができます。これまでキッチンカーでマイペースだったのが急に忙しくなります。真柴(川口春奈)もよく理解して応援します。  合格してお店は再開しシェアハウスの5人がレストランを訪れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リコカツ」第8話 感想

 紘一(永山瑛太)はやっぱり咲(北川景子)なんですね。貴也(高橋光臣)とよりを戻させようと二人を呼び出し「デイト」させたり。咲が担当している連(白洲迅)を訪れたりします。   紘一が勝手に相手を決めるのも変な話。  一ノ瀬と定食屋で一緒に食事をしていい雰囲気なようだったけど。  彼女を呼び出して付き合えないとハッキリ言います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「恋はDeepに」第8話 感想

 終盤になって海音(石原さとみ)と倫太郎(綾野剛)はお別れの覚悟をしているかのようです。倫太郎は鴨居さんに海音から身を引くように頼まれ連絡を絶ちます。  でもオフィスのメモ書きで互いのメッセージを確認したりします。    榮太郎(渡邊圭祐)はカジノ計画を聞かされ、騙されていたのだと気づきます。  そして代表取締役を辞める事にしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more