テーマ:独裁者

天真爛漫なママ

   お客様だから 多少のルール違反は通る。    多少の失礼な行為も許される。    落ち度も失敗もある程度ならね。       お金を出してる側は立場が強い。    坊やもそれを 心得ている。    ママの姿を見てきたか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Unbalance

  ママは人に頭を下げるのがいや。     謝ったりお礼を言ったり 気を使うしめんどう。   だから受付の女の人に 電話一本で済ませる。   ママは楽器店のお得意様。お客様の立ち位置で通用する。   礼節と敬意を欠いても 一向にかまわない。   その姿勢は子供に刷り込まれていく。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苦情は迅速、配慮は…

     クレームの電話は必ずレッスンの次の日。      迅速 スピーディー。      逆に仕事上必要な情報を 先生には一番後回し。      遅い 伝えない 放ったらかし。      財布を教室に忘れたと その日のうちに速攻      電話をかけてきたのだから      事実を知ったら即 その時点で     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天使の防衛対策

 ママは自分の体と神経を酷使する。  子供を支配するために。   専門家に質問することもなく  相談することもなくただ指図する。  坊やに目標を掲げて自分で仕向けて 締め付けて  エネルギーと時間とお金を費やす。  自分と他者の境界線がわからない。  子供を信じて任せる生き方ができな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Less Than Zero

    辞める時に挨拶もお礼も何もなし。           上級グレードまでみてきて     ここまで先生を     お粗末に扱う親はいないよ。           ずっと以前から薄々感じてはいたけど、極端だよ。     ガク然とさせられるよ。     自分の子供には あふれ出るようにお金を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪質保護者

 月謝は毎月銀行から自動引き落としなので、どうにもならない。  他に節約しようと考えたら、私の立て替えた分テキスト代や細かい諸経費だね。  こちらが催促するのをあきらめたら、支払わずに済む。  高価な楽器を買ってあげたんだから、細かい分はあんた出しておいてよね。  そういう態度。先生は楽器店の社員でも何でもない独立した存在。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メモ帳の走り書き

 ママが勝手にハードルを高く設定した。  目標に届かないからと言って、挫折したわけじゃない。    自分の能力や性格は、自分が一番よく知ってるはず。  目標を決めるのは、ママではなくて子供自身。  ママの柔軟性の無い頑固さは、周囲の人間を追い詰めるだけ。  人の意見に耳を傾けたり、相手の価値観や個性を受け入れ無い。  マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐 路

 君が小学生の時、ママは私に言いに来た。  「上級グレード取得させます。」 とね。  理由は 「資格があったら将来副収入になる。  本業だけで足りない時に、演奏でお金を得て、副業として…」  あれもこれも、欲張りなママらしい。  レッスンが順調に運ぶようになったのは、坊やが高校生になってからの事。  テストや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の日の買い物

 新しい楽譜が必要になって生徒に買うよう促してた。  高校生になって曲の好みもけっこう出てきた。  ヒットソングなどの楽譜は直接本人が買いに行った方がスムーズ。   だけど生徒はためらっててハッキリしない。  準備が遅れたら、週単位で先延ばしになる。  それも嫌だし結局、私が買いに行くことにした。  2002年の9月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先生は辛いよ

  正しい月謝は11500円です。   一番最初 値切られてスタートしました。   以降13年間 差額を埋め合わせることは   できませんでした。   安く上げた2500円で毎月テキストが買えたね。   出し渋ると物事は停滞し、選択の幅は狭くなる。   そういうこと。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

禁じられた学び

 こういう家の子ってペット飼えないんだよね。  犬も猫も たぶん飼ったこと無いはずだよ。  ママが禁止するんだよね。 「エサ代かかるからダメ 」ってね。  友達が遊びに家に来るのも歓迎しないはずだよ。  お菓子やジュース代かかるからね。  見返りの無いものには絶対お金出さないと思うよ。  自分が決めた教育費の類以外は、一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠距離と交通手段 Ⅱ

 片道 車で30分は遠過ぎるかどうか、  中学生以上なら一人でも通える距離かもしれないね。  ただ、利用する交通機関が電車2回にバスが1回と 多いんだよね。  乗り換えの度に改札口を出て、  または停留所を降りて次の乗り物の場所へ移動。  わずらわしいよね。距離に関係なく。   しかも電車はそれぞれ一駅しか乗らないから、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝕まれる心

 生徒がレッスンを休む時の連絡方法には、いろいろあるんだけど教室の受付に電話してもらう事が多かった。  たいてい当日、連絡を受けた楽器店の人が、私の自宅へ知らせてくるというパターン。  「王子様の静かな反乱」で書いてるように、うちの教室、受付のコーナー閉鎖されてるから、別のセンターを経由して連絡が入ってくる。  ママが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欲望の上限

 発表会費の締め切りが迫っているので、私は生徒の母親に電話した。  いくつかやりとりがあって 間に合わないと困るので、持ってきていただけるようにお願いすると、相手は黙ってる。  電話口で沈黙されると どうしようと思う。  仕方なく「じゃあ、私立て替えておきます。」と言うしかなかった。  この母親はこういう時、はっきりしゃべら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金魚の酸欠

        2匹分の酸素しかないところに3匹放り込んで、         呼吸が苦しい酸欠状態さ。         酸素や栄養が充分行き渡らない。         楽譜が要る。         たくさん要る。         いくらあっても 多すぎることはない。      …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

会員カードでお買い物

 会員で楽譜などを割引で買う場合、カードを持参し、該当する楽器店まで自分の足を運んで、レジで提示する。  これで初めて商品が割引になる。  自分は動かずカードも手渡さず、他人が買いに行っているのに「割引になってない。」と文句の電話を入れる。  こんな事でクレームをつけてきたのは、この母親だけ。  高価な楽器を買い、会員に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

王子様の静かな反乱

 大学生になってからの半年近く、生徒は必要な教材をレッスンに持って来ない。やたらページ数の多い曲の練習をしに来る。  先生は譜めくりに追われる。  生徒の家が近ければ、教材取りに帰らせた。  それ位するんだった。  教室には受付のコーナーがない。  ずっと以前に閉鎖されて、だから楽譜も電車に乗って買いに行く。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女王様の誤算

 母親は生徒が高校生の時、中間、期末テスト時期には必ず休ませてた。月4回のレッスンが2回になった。  その頃の母親の第一目標は 息子の一流大学入学だったみたい。  母親の立てた計画に沿って逆らわず、動いていれば順調な日々。  お金の事で口を開けば文句を言う反面、習わせ方はたいへん贅沢なものだった。  家から教室まで往復1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠距離と交通手段

 近くに教室があるのに わざわざ遠くに通わせたのはなぜ?  徒歩や自転車で通う方が自然。  でも それだと本当にレッスンに行ってるかどうか、毎週確認し辛い。  徹底管理するには 子供の足を奪うのが一番。  大きくなって近くの教室へママが付いていくのは変だからね。  場所が遠く車の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

王子様の計算

      君のママは女王様。       強欲な女王様。       「私の価値観の中から出ないでね。       そこにいてくれたら充分愛してあげるわよ。」          君はママと波風立てないように       やり過ごしたい。       家の中の空気を読んで      …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼 方

      君が小学生の時、ママは私に言いに来た。       「上級グレードを取得させます。」 とね。       遥か彼方の目標だね。       本来なら当人が持つ希望を ママが一人で決めて       他者に結論だけ伝えに来た。       相談する事無くね。       理想が高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more