テーマ:お金

裏切りとチープな財布~不快な結末

 何で北海道なんだろう。気が変わって行く気を失くした場所へ。  私の知らない誰かもっと他の友達と、知られないように出掛けるならともかく。目的地が違うならともかく。  同じ仕事をしてる相手と。これ見よがしに。  ショックだった。  それを聞いた時、嫌がらせの様に思えた。  どこか陰湿なものを感じた。     *   *  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惨めで苦しい夏~要らなかった運転免許

 私が住んでいるマンションには駐車場が無い。  建物の壁面に沿って細長い狭い駐輪場があるだけだ。  阪急電車の駅前でJRも近い…。  そういう立地なので自転車すら持ってなくても不自由しない。  両親が離婚し、兵庫県から引っ越してくる時に自転車は手放した。  最初から車を購入するつもりは無かった。  日常、車を使用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あれも嘘、これも嘘~言葉の通じない友達

 6月、井上が全く準備してなかった現実と直面する。  会えば必ず『夏の旅行だけが楽しみ。』『旅行へ早く行きたい。』と乗り気だった。信じたし安心していた。間際になってくると『費用が足りなかったらバイトする。』と言い出すが、それも信じた。私は井上の言葉を常に信じた。    *   *   *   *   *   *   *   * …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

性欲旺盛なアロハの営業活動~格付けする女たち

 女性の価値や幸か不幸かを「男」がいる、いないで判断する。パートナーがいるかどうかで、優劣を決める。自分たちは、優位な立場だと思い込んでいるのだ。  基準が他者に左右されるのは、希薄で不安定だ。女性を独立した存在として扱っていない。依存心の強さの現れだ。その考え方自体がおかしい。   *   *   *   *   *   * …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二枚舌~言葉の重さを知らない女

 私は井上がどんな性格なのか見極める事ができなかった。  「おねだり」に便乗し、「軽口」に同調し流されてしまう。  (その場の空気に合わせたい気持ちが強く。)  その結果、身の丈に合わない自動車運転免許の取得に奔走する。  仮免の時期、丹羽は不穏な態度を見せ始める。  気が変わったのだ。  井上は会えば必ず『夏の旅行だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏切るのは豊かな家の子~残酷な旅行計画

 電車とバスを乗り継いで教習所へ通った日々。仮免を取る時期が雪の降る季節にかかった。凍えながらバス停で待った。  思い返すと涙が出てきた。悔しさは通じない。  *   *   *   *   *   *   *   *   *  丹羽登紀子のお父さんは普通の会社員で、お母さんは看護師だと言っていた。  共働き家庭だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奔放な女の無謀な親切心~残った傷と損失

 二人とも家族というバックボーン、経済力を持った家族込でしか私と関わろうとしない。  親の車を貸してやればいいだろう。それで気が済むだろう。  そんな安易な発想だ。  彼女たちにとっては痛くもかゆくもない。     *   *   *   *   *   *   *     井上理恵には手紙を出したら、避けるようになって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消えた北海道旅行~金遣いの荒い女

 知り合って5か月で1年後の約束をしたのが間違いだった。  まさか貯金ができない人だなんて夢にも思わない。  夏の発表会が終わり「旅行に行きたい。」と言い出したのは井上理恵だった。  能登半島へ井上と丹羽登紀子と3人で2泊3日の旅をした。  夏の急な旅。  その後、ゆっくり計画を立て、もっと大きな旅行をしたいという気持ちになっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

約束を守らない友達~消えた北海道旅行

井上理恵と丹羽登紀子  知り合って5か月で1年後の約束をしたのが間違いだった。  まさか貯金ができない人だなんて夢にも思わない。  夏の発表会が終わり「旅行に行きたい。」と言い出したのは井上理恵だった。  能登半島へ井上と丹羽登紀子と3人で2泊3日の旅をした。  夏の急な旅。  その後、ゆっくり計画を立て、もっと大きな旅行を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤクザな女と無責任女~共働き家庭の弊害

井上理恵と丹羽登紀子   彼女たちが育ったのは、働き手が得た収入を家族のために使う、それが当たり前の家。  彼女たちの暮らしてきた環境が普通なのかもしれない。  だけどあまりに甘く、何もかもが通用し過ぎる。          見下すのは平和な家の子より  仕事を始めて間もない頃、丹羽と近所のスーパーでバッタリ出会っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横暴な旅行計画~残った傷と損失

 この人と関わっていると、ろくなことが無い。丹羽登紀子は我が強く押しが強い。本人はそんなつもりはなくても、強引だ。  物言いが強くて命令口調だ。押し切られる形でどんどん自分の本意とは違う方向へと流れて行く。  私一人が必要ないものを取り入れ、無意味に動いた。  元々の計画は完全に無効になり、残ったのは経済的損失だけ。  *…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏切りとチープな財布~不快な結末

 何で北海道なんだろう。気が変わって行く気を失くした場所へ。  私の知らない誰かもっと他の友達と、知られないように出掛けるならともかく。目的地が違うならともかく。  同じ仕事をしてる相手と。これ見よがしに。  ショックだった。  それを聞いた時、嫌がらせの様に思えた。  どこか陰湿なものを感じた。     *   *  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サーカス小屋の動物~見失ったもの

 音楽の習い事は情操教育ではなく、技能訓練だった。将来、収入を得るための職業訓練。「月謝が高い。」「こんな高いお金を払って。」「趣味で習わせてない。」勝手に押し付けておいて。まだ小さかった私に金の文句を言い続けた。     *   *   *   *   *   *   *  仲間からカラオケに誘われたけど、2人きりだと緊張…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏切るのは豊かな家の子~残酷な旅行計画

 電車とバスを乗り継いで教習所へ通った日々。仮免を取る時期が雪の降る季節にかかった。凍えながらバス停で待った。  思い返すと涙が出てきた。悔しさは通じない。  *   *   *   *   *   *   *   *   *  井上はズルズルと問題を先延ばしにするだけだったのだ。  言ってる事とやってる事が全く違い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏切りとチープな財布~不快な結末

 何で北海道なんだろう。気が変わって行く気を失くした場所へ。  私の知らない誰かもっと他の友達と、知られないように出掛けるならともかく。目的地が違うならともかく。  同じ仕事をしてる相手と。これ見よがしに。  ショックだった。  それを聞いた時、嫌がらせの様に思えた。  どこか陰湿なものを感じた。     *   *  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消えた北海道旅行~残った傷と損害

 二人とも家族というバックボーン、経済力を持った家族込でしか私と関わろうとしない。  親の車を貸してやればいいだろう。それで気が済むだろう。  そんな安易な発想だ。  彼女たちにとっては痛くもかゆくもない。    元々、北海道の様な車通りのほとんど無い広い道を走るのなら大丈夫だろうという考えでいた。そこを走る予定で免許を取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親切心という名の横暴~傷と損失

 この人と関わっていると、ろくなことが無い。どこか無理して自分が合わせる形になる。不自然な状況だから歪が生じる。関われば関わるほど事態は悪くなる。  *   *   *   *   *   *   *   *   *  井上に手紙を出したら、避けるようになってそれっきり。丹羽は私に運転練習を勧めてきた。丹羽の親が所有する車を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親切心という名の横暴~傷と損失

 私一人が必要ないものを取り入れ、無意味に動いた。  後に残されたのは損害だけ。  元々の計画は完全に無効になり、経済的損失だけを被った。  旅行費用を全く調達できない井上理恵が、そう返事をしてから、丹羽登紀子は私に運転練習を勧めてきた。  丹羽の父親所有の車を借りて、郊外の人の少ない場所を走る事になった。  これが更なる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消えた北海道旅行~残った傷と損害

 二人とも家族というバックボーン、経済力を持った家族込でしか私と関わろうとしない。  親の車を貸してやればいいだろう。それで気が済むだろう。  そんな安易な発想だ。  彼女たちにとっては痛くもかゆくもない。    元々、北海道の様な車通りのほとんど無い広い道を走るのなら大丈夫だろうという考えでいた。そこを走る予定で免許を取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

踏んだり蹴ったり~親切心に潜む悪意

 井上理恵には手紙を出したら、避けるようになってそれっきり。  丹羽登紀子は私に運転練習を勧めてきた。  丹羽の父親所有の車を借りて、郊外の人の少ない場所を走る事になった。  これが更なる大きな失敗を招く。  元々、北海道の様な広い車通りのほとんどない道を走るのなら大丈夫だろうという考えでいた。そこを走る予定で免許を取得した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見下すのは平和な家の子

 電車とバスを乗り継いで教習所へ通った日々。仮免を取る時期が雪の降る季節にかかった。凍えながらバス停で待った。  思い返すと涙が出てきた。悔しさは通じない。  *   *   *   *   *   *   *   *   *  丹羽登紀子のお父さんは普通の会社員で、お母さんは看護師だと言っていた。  共働き家庭だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無責任女が夢を砕く~生育環境の落差

 自分が言った事に責任持たずに、最後は家族のせいにする。  お金を出さない家族が悪いかのような言い訳。  井上理恵個人との約束のはずが、最後は井上の家族全体と向き合わされてる様な嫌な気分にさせられた。  どんなに時間がたってもこれに納得できない。  井上はズルズルと問題を先延ばしにするだけだった。  言ってる事とやって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

約束を守らない友達~消えた北海道旅行

 知り合って5か月で1年後の約束をしたのが間違いだった。  まさか貯金ができない人だなんて夢にも思わない。  夏の発表会が終わり「旅行に行きたい。」と言い出したのは井上理恵だった。  能登半島へ井上と丹羽登紀子と3人で2泊3日の旅をした。  夏の急な旅。  その後、ゆっくり計画を立て、もっと大きな旅行をしたいという気持ちになっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憎悪の矛先~人格障害の原因

 高校生の時は、国道の路面電車に乗って通学していた。  定期券の期限が切れそうになると、次のを申し込んで購入する。  タイミングが遅れて数日間の間が空くと、乗車するのに現金の小銭が必要になる。  一度、そういう事になった。  母はその金がもったいないと怒ってわめきだした。  食事中だった。  子供の頃から金の事で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先約無視~先生を差別する教室

 音楽的な技術は素晴らしい奥さんだったけど、ビジネスライクに仕事をする人ではなかった。  問題がある先生を辞めさせられない弱気な反面、依頼した仕事を何の断りも無く他の先生に回す事があった。  大げさに言うと契約違反だ。  通常の職場では考えられないような事だ。  それが平気で行える人だった。    教室に通い始めて2年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月謝取り立て屋

 月謝の支払いが遅い生徒の家に電話しているおじさんの声が聞こえた。  「お宅だけですよ。月謝払ってないの。」  防音のガラス扉のカプセルを一つ隔てた向こう、入口に受付がある。そのデスクの前にレッスン中は必ずおじさん(御主人)がいる。  少し距離はあったが、何を話しているかは聞こえてきた。  私が教室へ通い始めて4年目を過ぎた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内容量に合わない大きな箱

 そんな個性の強い夫妻の経営する教室だが、私が入る10年以上前は生徒が100人を超えていたらしい。  凄い人数だ。  そういう過去の最盛期の栄光、輝きのようなものが御主人や奥さんの感覚を鈍らせてたのかもしれない。    生徒を減らさない事を優先順位の一番に持ってくれば事態は違ってたと思う。  出身大学やグレードにこだわるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散財する妻と節約する夫

 教室の経営はかなり行き詰っていたと思う。  御主人はエアコンの電気代を気にしていた。  防音装置のカプセルは二部屋あって、ホースで大型のエアコンから冷気や暖気を送っていた。  そのため部屋に空調が行きわたるのに時間がかかる。  レッスンの始まる1時間くらい前からエアコンを動かす。  最初、一部屋だけ先にレッスンが始まる場合で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長電話に先約無視~人を使えない経営者

 音楽的な技術は素晴らしい奥さんだったけど、ビジネスライクに仕事をする人ではなかった。  問題がある先生を辞めさせられない弱気な反面、依頼した仕事を何の断りも無く他の先生に回す事があった。  大げさに言うと契約違反だ。  通常の職場では考えられないような事だ。  それが平気で行える人だった。    教室に通い始めて2年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩書き重視~生徒を大切にしない教室

 その頃、奥さんである先生は、上のクラスの先生(複数)へのお歳暮でひとり、3~5万円の商品券を購入していた。  奥さんは自分の地位固め(直営店での仕事確保)という野心があって、そのための投資にはお金を惜しまなかった。  妻は根回しに大金を使い、逆に夫は保護者に金の催促。  (必ずしも裕福ではないだろう生徒たちの親に強い態度に出てい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more