テーマ:テレビ

土曜プレミアム『ガリレオ 禁断の魔術』感想

 やっぱりガリレオは面白い。今回は湯川学(福山雅治)の科学や教え子に対する熱い気持ちが描かれていて意表を突かれました。常に冷静な湯川だけど内面は情熱や愛で溢れているのですね。  古芝伸吾(村上虹郎)との再会から物語が進みます。大学を入ってすぐに退学した彼の行方を追います。  新たな就職先で倉坂由里奈(森七菜)に会い、彼女は何かを知っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ユニコーンに乗って」第9話 感想

 スタートとアップ企業と大企業のコントラストが描かれた第9話。新しいものを受け入れ常にチャレンジし変化、進化するドリポ二。そして堅実、着実路線で慎重な大手不動産会社。風通しが悪いと須崎(杉野遥亮)は父、征一(利重剛)に言います。会社を守るため実績が大切だと父親。  しかしそんな征一も息子の提案を聞いてみようという姿勢に。  佐奈(永…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「約束のネバーランド」感想

 自分たちが置かれている境遇に闘いを挑むエマ(浜辺美波)たち。  抗うから辛い。あきらめなさいとイザベラ(北川景子)は言います。  受け入れたら楽になる。  この場で何不自由なく暮らし、幸せを感じていればいいと。  でもそれでは生きている事にならない。  自分の人生を生きるための闘い…。  外がどんな世界か分かってはいなくて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「最愛」第1話 感想

 真相を知るまで3か月も先とは…長い。笑)事件ものの面白さは謎だし、それを少しづつ推理しながら毎週1回楽しんでいく。分かっているけど、じれったい。笑)  登場人物、多い。  背景といい壮大な物語になっていきそう。    高校生時代の梨央(吉高由里子)と大輝(松下洸平)は純粋で青春ムービーだね。  でも雨の降る晩、招かれざる客が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リコカツ」第5話 感想

 今回の紘一(永山瑛太)と咲(北川景子)のすれ違い、口論は深刻。咲は気難しい小説家の担当になって徹夜で電話の相手をし、紘一とほとんど会話をする暇もないくらい振り回されて。紘一は家から自衛隊の職場までが遠くて渋滞に巻き込まれ、他の隊員が代わりに出動し骨折。それを咲には話せないままでいました。その事を女性上官から聞かされ、不機嫌な様子で家に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「恋はDeepに」第5話 感想

 海音(石原さとみ)に会いに家へやって来る倫太郎(綾野剛)。湿度が高過ぎると言います。そしてリビングで何かを見つけて驚きます。母の指輪でした。海で見つけたと海音。奇麗なので大切にしようと思ったと。白い貝殻の上に指輪を置いていました。  自分のせいで母は亡くなったと座り込む倫太郎。海音はそっと抱きしめます。  このシーンが第5話の見せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「着飾る恋には理由があって」第4話 感想

 駿(横浜流星)の真柴(川口春奈)への気持ちが最初から「好き」で熱いまなざしを送り続け、アプローチし続けている感が凄い。  変わったドラマだなとつくづく思います。  あのリッチなシェアハウス、または緑豊かなキャンプ地や森の中のお蕎麦屋さんを舞台にして、繰り広げられるのは一人の挫折を経験した男子の恋。{%うれしい(ルンルン)hdeco…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リコカツ」第4話 感想

 咲の母親、誕生パーティーするんだ。派手好きだね。紘一(永山瑛太)さん自宅に妻の母や姉が出入りして落ち着かないはずだけど、よく我慢している。こんな妻の実家と関わりたくないよ。ズカズカ上がり込んで来て無神経だし。紘一さん、お人好しだね。  咲(北川景子)は元カレが紘一と対面した事でモヤモヤする。  それを小説家に「好き」だからと解説さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「恋はDeepに」第4話 感想

 倫太郎(綾野剛)の後を付ける海音(石原さとみ)。恋心があふれてますね。公園で女性や子供と親しそうにしているので、奥さんだと勘違いします。後で光太郎の元妻だと分かります。  倫太郎も海音が気になって仕方ありません。  藍花(今田美桜)たちとダブルデートで出会った二人は話をし、倫太郎は海音にキスします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「着飾る恋には理由があって」第3話 感想

 グランピングも秘湯の露天風呂の場面も映像が綺麗でした。都会に住む彼らの住宅はリッチで優雅で夢の世界のようだし。そこを離れ自然を舞台にしても同じ。環境はお洒落で贅沢。  火の粉が飛び散るキャンプの食事シーンがラスト近くの見せ場。  スマホで写真を撮ろうとする真柴(川口春奈)をさえぎって手を握る駿(横浜流星)。  もうすっかり恋人同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リコカツ」第3話 感想

 新婚旅行に出かける二人ですが、その旅館は紘一(永山瑛太)の母、薫(宮崎美子)が働いている場所でした。  家に戻るよう説得を試みますが薫は聞き入れません。  咲(北川景子)に卵焼きの味付けの事を話し、母はずっと我慢していたと紘一。   咲は辛い生活だったらもっと早くに家を出ていると言います。  紘一を静かに励ます咲。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「恋はDeepに」第3話 感想

 雄大な海の景色に魅せられるドラマです。海を背景にしたロングショットが美しくて、それだけでも価値ありです。  物語はリゾート開発を止めさせたい海音(石原さとみ)に惹かれ、いつの間にか味方になっていく倫太郎(綾野剛)の姿が描かれています。   表向きは開発を進める立場ですが。  なにかと海音が気になり、立ち去った後も戻って来てバス停…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「着飾る恋には理由があって」第2話 感想

 駿(横浜流星)の真柴(川口春奈)を見つめる眼差しは優しく熱い。出会った時点から恋に落ちている感じ。真柴くるみは社長を好きで元気を無くして、でも気遣ってくれる駿とお酒の助けもあってキス。  すぐに距離が近くなってこういうのもあり?  シェアハウスの素敵さが夢のよう。非現実の世界です。     社長に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リコカツ」第2話 感想

 主役の二人はコミカルで楽しいカップル。知り合って間もないし、それほど傷つけ合わずに互いを尊重して行けそう。  別れるにしても円満離婚、そんな感じになりそう。  それより二人の両親の問題の方がドラマがあって深刻そうですね。  この先どんな展開になるか。  宮崎美子の年輪を重ねた雰囲気が何とも言えないですね。  何か苦労が滲み出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「桜の塔」第2話 感想

 ゲストの渡部豪太、変な役だったね。  ユーチューバーのような現代を描いていました。  出世のためにいろいろと画策する主人公は何となく時代遅れ。  昭和の香り。  クラブのママ、高岡早紀が出てくるシーンを見ると「黒革の手帳」を連想します。  仲里依紗も出演してるから余計、そう思ってしまう。  クラブのホステスの方が似…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「恋はDeepに」第2話 感想

 ラブコメディというより、御曹司と人魚姫の悲恋ものなのでは!?海音を演じる石原さとみ。妖精と言われても違和感ない可憐さで倫太郎(綾野剛)も心が揺れてる感じ…。  兄、光太郎(大谷亮平)との確執には母親が絡んでいるようですね。  もしかしてあの海で遭難したのでしょうか…。  海に潜って探していた物は母親の指輪?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「着飾る恋には理由があって」第1話 感想

 横浜流星を楽しみにしていました。自然体でサバサバしていて、いいキャラ。川口春奈はさっぱりしてるイメージ。声が高くなくて落ち着いたトーンだから。キャピキャピしてないんだよね。声の持つ力って大きいよね。駿(横浜流星)は最初から真柴くるみ(川口春奈)に興味ありそうな感じ。いろいろ価値観が違うので衝突してるけど。     彼らが住んでいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リコカツ」第1話 感想

 ランチはお洒落なフレンチやイタリアンがいい水口咲(北川景子)と、定食屋で大盛りのから揚げと白ご飯がいい緒原紘一(永山瑛太)。  インテリアにこだわりカーテンをオーダーしている咲と、防犯にこだわり色や柄には無頓着な紘一。   就いている仕事の目指す世界観が全く違う。  文化と美を追い求めるファッション誌の編集と人々の暮らしや安全を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「桜の塔」第1話 感想

 改造銃の海外密売ルートの紹介料が一千万円って高っ(!!)と思ったけど相場を知らんから。そんなもんなの?  玉木宏、ダークヒーローですね。カッコいいけどちょっと重そう。  子供時代、親の自殺という悲惨な体験が人生を狂わせる…。  事件ものでよく扱われる過去のトラウマ。  「警察エンターテインメント」というキャッチコピーなんだけど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「恋はDeepに」第1話 感想

 綾野剛のラブコメもいいよね。石原さとみの演じる渚海音は、魚やカニと話してるんだね…。人魚!?  溺れた倫太郎(綾野剛)を救うシーンもそうかなと思わせました。  人間になってハッピーエンドを期待します。  ペットボトルを拾って歩いたり、海の中の環境が壊れると発信したり。今の問題を取り上げていますよね。  3兄弟の葛藤などいろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大豆田とわ子と三人の元夫」第1話 感想

 脚本家の個性全開。セリフとナレーションの洪水。とりあえず最後まで観てみました。けどこの先、付いて行けるかどうかは分からない。  そんな初回の感想。  3人の元夫はとわ子(松たか子)と別れはしたが気になる存在。  側にいて楽しいし魅力的だけど、一緒に暮らすのは相当エネルギーが要りそう。そんな設定。  それで3人が集まるのも変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「イチケイのカラス」第2話 感想

 見どころは山崎育三郎のハードル走…!こういう見せ場の作り方、上手いですね。笑)物語の展開、スピーディーで面白かったです。権力を振りかざして間違いを押し通す第1審の裁判長。その圧力に屈しない入間みちお(竹野内豊)と坂間千鶴(黒木華)。  初回と同様、入間に反発する坂間千鶴。でも最後はしっかり入間と同じ立ち位置で事務総長、香田健一郎(石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「イチケイのカラス」第1話 感想

 既視感はあるものの、真実が明らかにされスッキリまとまり良かったという印象です。型破りな入間みちお(竹野内豊)と堅物な坂間千鶴(黒木華)の対比を面白く描いています。  最初は反発していた坂間千鶴ですが入間みちおの熱意に動かされ。  最後は坂間も法廷で怒りの声を上げてしまいます。  傷害事件を起…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「天国と地獄 ~サイコな2人~」最終回 感想

 安定した最終回でした。日高(高橋一生)は自分一人がやったと兄をかばい、供述を始めます。しかし犯人は東朔也で間違いがなかったし、彩子(綾瀬はるか)だけでなく河原(北村一輝)も真実を突き止める目標は同じでした。朔也が残していたSDカードの映像を陸(柄本佑)が彩子に送信し証拠になりました。  陸はナッツの安いスーパーを彩子に教えます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「知ってるワイフ」最終回 感想

 10年前に戻っていたのは元春(大倉忠義)だけじゃなかったんですね。澪(広瀬アリス)も後を追い500円硬貨をゲートに入れて戻っていた。そして元春と会える日を待っていた。  大阪から出張で東京に来て、あおい銀行を訪れる元春。  津山も澪もいました。振り込め詐欺に遭いそうになった女性に声をかけて助けます。澪が合図をしたからです。  以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」最終回 感想

 中盤はドタバタコメディのような場面が多く、何となく退屈したけど潤之介(玉森裕太)と奈未(上白石萌音)の仲が本気モードになってきたあたりから見ごたえありに。  終盤にさしかかると、仕事を取るか結婚を取るかでヒロインが悩み。  麗子(菜々緒)と潤之介の宝来製紙という大企業を継ぐ継がないの葛藤も描かれて、ちょいシリアスに。  別れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「天国と地獄 ~サイコな2人~」第9話 感想

 奄美大島へ向かうフェリーで日高(高橋一生)が語るこれまでの経緯。陸(柄本佑)と朔也(迫田孝也)も乗っていました。彩子(綾瀬はるか)は怒りを朔也にぶつけます。翌朝、朔也は息を引き取りました。  フェリーの発着場には警察が待ち構えています。日高は彩子を人質にとる芝居をして逃げだします。そして彩子に追いかけるよう言います。  追いついた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「知ってるワイフ」第10話 感想

 澪に本当の事を打ち明けた元春。澪はこれまでの事を振り返ります。ホテルにいる元春を訪ねてきて初めてデートした場所へと誘います。過去に上手くいかなかったのは自分にも原因があると。大学を出てすぐに結婚した自分は元春に依存していたと。不満があってもどうして欲しいと言葉で伝えなかった。どちらか一方だけが悪いなんてそれは違うと。  そうやって未…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「天国と地獄 ~サイコな2人~」第8話 感想

 入れ替わったのかどうなのか分からないラストでした。彩子(中身、日高)は手錠をかけようと日高(中身、彩子)に詰め寄って行きます。真意はどこにあるのか。兄、東朔也をかばおうとしているのか…。  久米の息子が殺された現場やその周辺に様々な証拠や痕跡が残されていました。それを見た彩子は同じシューズ、ジャンパーを買います。  シューズの靴底…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「知ってるワイフ」第9話 感想

 元春(大倉忠義)と澪(広瀬アリス)の話を立ち聞きしてしまった津山(松下洸平)。「キス」という言葉にショックを受けます。当然ですよね。津山は澪と交際はしてるけどプラトニック・ラブ。その辺自信が持てなかったはずで。何となく愛されてないような。どこか距離があって、それがなかなか縮まらない。そんな不安を常に心の底に抱えていたと思います。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more