テーマ:精神分析

排除と選別~遊び人は公平性に欠ける

 主催者Kとメンバー数人は仲が良く、その人たちは欠かさず参加しそれは揺るぎない。彼らが確実に楽しみを共有できていれば、それ以外の条件はどうでもいい。  誰が加わろうと外れようと関係ない。  そういう事に尽きる。   仲のいいKさんたち数人は、常に連絡を取り合ってるから誰も外されることは無いのだ。    *   *   *  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毒親~健康を害する家と歯科医療の歪

社会の歪と機能不全家庭  幼少の頃、生活環境が悪く私の歯は虫歯になり折れました。その責任は母にあります。  ただ、何とかしようと近所の歯医者へは行きました。  乳歯を折って近所の歯医者へかかりました。  そこで適切な処置をしていれば、その後の苦しみは無かった。  だから歯医者が悪いんだと思う。  何もせず放置した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アサーティブ~人間関係を順調にする対話術

 自分の気持ちを正直に伝える。  感情をぶつけるのではなく、冷静に状況を説明し分かってもらえるよう努力する。  自分に誠実に、自手にも誠実に。  それがアサーティブ。  以下、仲間からのアドバイス  『人間関係のアレルギーだから「この人が腹立つ」とか、「あの人来るなら自分は行かない」とか、多いですよね。  そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒルダ~奇怪な文脈メールが不安を招く

 持ち上げては落とし、持ち上げては落とし、よくやってくれた。  待ち合わせの場所と時間を決める段階になると、突然返信が途絶える。メールを送って来なくなる。  人を嘲笑うやり方。奇怪な文脈のメールも何もかも気味悪い。     *   *   *   *   *   *   *  食事会に積極的なのはAさんで、Hさんは気が進…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実現しない飲み会~反応を試す女

 Aさんとの連絡も保留状態でミーティングを休み、一か月ほどするとHさんからメールが届いた。  ちょうど火曜のグループの日で、ミーティングが終了して10分ほどの時刻だった。  「飲みに行く約束を取り付けたかったのに…。」という文章で、取りあえずまた連絡しますと返信した。  土曜日にメールを送った。梅田のビアガーデンの情報と、また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弱点を狙う要注意な女

 会った時、言葉で伝えれば数秒で済む話を、回りくどくしかもこちらの弱点を狙うかのような手段を取る。2度も同じ様に念を押し、相手にとって負担のかかるコミュニケーション方法を選ぶ。   *   *   *   *   *   *   *  携帯メールのやり取りで消耗しました。ストレスを自覚しました。  私の所有しているのはガラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ACの特徴②~権威のある人を恐れること

 機能不全家庭に育った人には様々な特徴がある。  その中に、『見捨てられ不安』がある。  『権威のある人を恐れること』がある。  そういう人たちに簡単に『コントロール』されたりする。  私にとってスポンサーは権威ある人だったのだ。  カウンセリングを勧められ、突然メッセージが送信されなくなったことでコントロールされてしまう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ACの特徴①~見捨てられ不安

 3月にスポンサーが最初に紹介してくれたカウンセリングルームは神戸の住吉だった。  ネットで調べ、ホームページに目を通した。  遠いのでどうしようかと迷った。  片道1時間はかかる。物理的に遠過ぎるのは、どうかと思った。  カウンセリングは一回だけ行けばいいというものじゃない。  通わないと意味が無い。  途中で止めると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自立しない幼稚な友達~無策と身勝手

 口約束だけで消えてしまった夢のようなレンタカー旅行。  井上理恵はホントに口先だけ。  本人は、ただ冬の間中スキー旅行を楽しんだだけだし。  家族を盾に約束破りも裏切りも済ませてしまう。  自分は一切動こうとしない。    二人とも家族というバックボーン、経済力を持った家族込でしか私と関わろうとしない。  親の車を貸して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見下すのは平和な家の子

 電車とバスを乗り継いで教習所へ通った日々。仮免を取る時期が雪の降る季節にかかった。凍えながらバス停で待った。  思い返すと涙が出てきた。悔しさは通じない。  *   *   *   *   *   *   *   *   *  丹羽登紀子のお父さんは普通の会社員で、お母さんは看護師だと言っていた。  共働き家庭だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無残な旅行計画~無責任女が夢を砕く

 自分が言った事に責任持たずに、最後は家族のせいにする。  お金を出さない家族が悪いかのような言い訳。  井上理恵個人との約束のはずが、最後は井上の家族全体と向き合わされてる様な嫌な気分にさせられた。  どんなに時間がたってもこれに納得できない。  井上はズルズルと問題を先延ばしにするだけだった。  言ってる事とやって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

約束を守らない友達~消えた北海道旅行

 知り合って5か月で1年後の約束をしたのが間違いだった。  まさか貯金ができない人だなんて夢にも思わない。  夏の発表会が終わり「旅行に行きたい。」と言い出したのは井上理恵だった。  能登半島へ井上と丹羽登紀子と3人で2泊3日の旅をした。  夏の急な旅。  その後、ゆっくり計画を立て、もっと大きな旅行をしたいという気持ちになっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大脳辺縁系の問題~異常な家庭に育った弊害

 家庭に憧れた事はなかった。  高校の同級生が商店街を歩いてる時、幼い子供が通ると「可愛い。」「私も子供が欲しい。」と言っていた。  私には、そういう感情や願望が全くなかった。  大人になってから、職場の女性が小さな子供を見て「旦那は要らないから、子供だけ欲しい。」と言っていた。  それも分からなかった。  子供時代、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫に逃げられた女

 とにかくG先生は遅刻が多いと奥さんはこぼしていた。Gは他のセンター教室でも遅刻を繰り返すらしい。  先生という立場だと、あまり注意される事がない。受付の女の人も相手が先生なので、強い言葉では指摘しない。  それが慢性化して平気になる。  時間にルーズ、そして生徒の名前をいい加減に扱う。  発表会のプログラム製作で、それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫に逃げられた女

 とにかくG先生は遅刻が多いと奥さんはこぼしていた。  Gは他のセンター教室でも遅刻を繰り返すらしい。  先生という立場だと、あまり注意される事がない。  受付の女の人も相手が先生なので、強い言葉では指摘しない。  それが慢性化して平気になる。  時間にルーズ、そして生徒の名前をいい加減に扱う。  発表会のプログラム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩身の狭いドライブ~平和な人の軽い約束

 母の姉妹も、父親の方の兄弟姉妹もそれなりの暮らしをしていた。  子供が大きくなるにつれて車を買い、一戸建てを購入し、より豊かな生活環境を築いていく。  うちだけ車が無かった。  休みの日もどこへも出かけなかった。  母の妹夫婦が見るに見かねて私と母を旅行に誘った。  別の妹夫婦の家族とドライブに行った記憶もある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間違えた結婚~人を愛さない家

 一昨年、設備の整った歯科医院を探して通い続けるうちに、自分の育った家庭を振り返るようになった。   まともな歯の治療を受けることなく、自分は大きくなったと理解した。  前歯の不具合と不快を我慢して過ごし、私は成長した。  我慢しなくてもいいものを我慢し、逆に要らないものを取り込んできたのだ。  私は母の自尊心を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同級生が抜け出す街で~ギャンブル依存症の家族

 裕福でなくても、環境の良い場所に住んでいなくても、心豊かに暮らす事はできる。  両親の仲が良く、温和な家庭に育った人は幸せだと思う。    母はいつも神経をピリピリさせていた。  穏やかでほのぼのした家庭に生まれ育ちたかった。  *   *   *   *   *   *   *   *   *  私た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神経を尖らせた暮らし~尼崎の異常な家庭

 裕福でなくても、環境の良い場所に住んでいなくても、心穏やかに暮らす事はできる。  両親の仲が良く、温和な家庭に育った人は幸せだと思う。    母はいつも神経をピリピリさせていた。  穏やかでほのぼのした家庭に生まれ育ちたかった。  中学の時のクラブ活動も、自分の入りたかった科学部にしていたら、また全然別の人生があった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンバランスな家

 両親が信頼関係を築けない間柄というのは子供にとって良くない。  過剰で自己満足な愛情も。  無関心で他人事のような距離も。  成長過程の子供には有害だ。  衣食住は足りていた。  だから虐待家庭ではない。  衣食住に不自由はしていないし、短大へも通った。  親に感謝するのが当たり前で、不満を並べるのは間違えてるのかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広がる不幸~要らない物があふれた家

 自分の自己満足で、次々と私に必要ない物を与えた母。  文化的価値はあっても、それが必要かどうかは別問題だ。  本当に必要なものが真っ先に与えられない家庭だった。    *   *   *   *   *   *   *  精神疾患のある人を、無理に結婚させても不幸が広がるだけ。  何もいい事はない。  一緒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親戚への見栄~肝心なものがない家

 母は仕立ての仕事で忙殺される毎日だった。  母は家に居たが、仕事中は没頭し、私を相手にしなかった。  家にはいたが、会話することも教わることも何もなかった。  静かに黙って邪魔をしないこと。  それが母にとって扱いやすい良い子だった。  私の育った家は母の作業する空間だった。  そこで育ち大きくなった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩身の狭いドライブ~平和な人の残酷

 母の姉妹も、父親の方の兄弟姉妹もそれなりの暮らしをしていた。  子供が大きくなるにつれて車を買い、一戸建てを購入し、より豊かな生活環境を築いていく。  うちだけ車が無かった。  休みの日もどこへも出かけなかった。  母の妹夫婦が見るに見かねて私と母を旅行に誘った。  別の妹夫婦の家族とドライブに行った記憶もある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

棘のある他人~説明できない闇

 私の抱えている「闇」は育った家庭そのものにあったのだ。   相手の立場になって物を考えた事もない。  そんな親に育てられた。  考えないようにしていたし、考えるのも避けていた。  例え分かっていたとしても、リビングでの雑談中に簡単に話せるような事ではない。  生涯のうちで一度だけ、ストレートに歯の事を露骨に指…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機能不全家庭の地獄~心が裂ける金切り声

 「いつも楽しそうにしていない。」と中学の担任に言われて、家へ帰って母親は気が狂ったように金切り声を上げて私を責め立てた。  肩書きを気にする人だった。  ある時、何かの時間で先生が、家で仕事をしているという意味の「内職をしているお母さんがいる家の人は手を挙げて。」と質問した。私も他の生徒に混じって手を挙げた。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他人より遠い親~尼崎の異常な家庭 №10

 保育園に預ける金を惜しんで歯の健康を損なうだけ損なった。  親にはそんな意識もなかったと思う。  上の両サイドの歯が内側に生えていることすら知らないまま。  私の上顎が普通より狭い事を、見ることはなかった。  知ろうともしなかった。まるで「他人」のようだった。他人事だ。     母は私という「個人」には関心が無かった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

競艇場に消えた退職金

 父親は市役所に勤めていたが、ギャンブル依存症だった。  父親は毎日出勤し、給料をもらってはいたが、お金は尼崎競艇に消えていく事が度々あった。母親は洋裁の仕事を自宅でし続けた。  結婚当初から消えていくお金の穴埋めに母の収入が必要だった。  注ぎ込む資金が給料だけで足りない時は、借金をした。  家にある品物を質入れする事もあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

禁じられた学び

「禁じられた学び Ⅱ」   中学の時、生徒のクラブは水泳だった。  「部活が盛んなのは夏場が中心。他の季節はトレーニングはあっても、そんなに練習に時間をとられない。」  生徒が中学生の時に、確かそんな風に聞いた記憶がある。  だから母親の指針だよね。  勉強やレッスンにそれほど支障なく。  しかも体も鍛えられるし、賢い選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お客様の傲慢~舐めてかかる親子

 また嘘だったんだね。  何でこんな平然と嘘がつけるんだろう。  その後、数回メールを送り、電話をかけ、結局、生徒の母親に教室まで話し合いに来てもらうように頼んだ。  いいかげん、こんな不自然で異常な状況から抜け出したい。  趣味で習ってる方が遥かに自然。  だけど趣味にもならない。  本人はもうオルガンに興味を失くし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽教室の痛い親子(酸欠Ⅱ)

 13年間で変わった事と言えば、受付のコーナーが閉鎖され、このご一家が隣の市へ引っ越した事。  そして数人いた他の生徒は、進学シーズンになるとひとりまたひとりと辞めていき、私の生徒はこの男の子だけになってしまった。  先生は楽器店の社員ではないから、その生徒の来る時間帯だけ足を運べばいい。  なので水曜日はこの生徒のためだけに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more