テーマ:大学生

届かない合格ライン

 9月に3度目のテスト挑戦。不合格だったことはメールで結果を知らせてきた。  努力した分1度目2度目よりはかなりアップして73点だそうだ。  あと2点で合格。  「いけそうなら本当にあと一度だけ受けたいです。」とあった。  でもその2点は「良くがんばっていますね。上手く弾けています。  だけどあなたは合格することは無いでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上昇志向の果て

 生徒が教室に財布を置き忘れた一件は、これをさかのぼる2年前の事だった。2004年の秋、生徒が高校3年生の時。  レッスンが終わって帰宅し玄関の扉を開けた時、ベルが鳴っていた。  電話の側まで行って受話器を取るのは間に合わなかった。  着信データを見ると、未登録の携帯電話からだった。  知り合いのはほとんど登録済みだから、気にせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お高くとまった二人

 この時のこの一件が、二人の悪行の集大成。  二人の本質の全て。  クレームの電話は素早く、肝心な報告は入れない。  大切な情報は止めてしまう。  それで習いに来て、合格に向けて指導しろと要求する。  自分たちには欠点なんてありませんみたいな顔して澄ましてて、  絶対に本音を言わない。本心を見せない。  人を閉め出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空白と混乱

 受験すらしてなかったなんて、それじゃあ空白のまま。  ただ事務作業と違って中断したものをまた始める時、同じところから着手できるとは限らない。  準備に入ってすでに3年経ってた。  何度も繰り返し弾いて、飽きて、仕上がりが落ちてる曲もあった。  自分の中で鮮度が無くなってしまうとどうにもならない。  生徒はプロじゃないから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少額の見返り

 自分にとって美味しい事を言ってくれる人、  ちやほやしてくれる人、  そういう人達の意見だけ聞いてると偏る。  最初に立てた目標や約束にこだわりすぎて首が絞まることもある。  方針転換や路線変更や、微調整も仕切り直しも時には必要。  でもこの保護者の辞書には載ってないみたい。   会員カードの使い方に性格がよく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏が読めない女

 ママとの会話に出てくるテストの内容で気になることがあった  演奏グレードに 指導グレードのような追試制度は無い   なので合格するか不合格か そのどちらかしかない  指導は筆記試験もあって 理論だからそういう制度になってるけど  演奏は落ちたら 全項目を再チャレンジする  演奏グレードは何度受けてもプレッシャーやストレスが軽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お高くとまった二人

 私がどれだけテストの結果を気にしてるか、声の調子でわかったはずだよ。  「もう悠長なことはしてられない。」私ママにそう言ったよね。  本人とじゃ話にならないから、ママに電話したんだよ。  事実を知ったらその場で連絡するのが筋じゃないの?  携帯電話もそのために持ってるんでしょ?  受験すらしてなかったなんて。  こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メモ帳の走り書き

  ママが勝手にハードルを高く設定した。   目標に届かないからと言って、挫折したわけじゃない。   自分の能力や性格は、自分が一番よく知ってるはず。   目標を決めるのは、ママではなくて子供自身。   ママの柔軟性の無い頑固さは、周囲の人間を追い詰めるだけ。   人の意見に耳を傾けたり、相手の価値観や個性を受け入れる寛容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more