テーマ:ドラマ

「ルパンの娘」第7話 感想

 伝統的な結納の儀式でしたね~。(*^^*) 悦子(小沢真珠)ママのコスチュームが優雅でいつも楽しみ。パパと花火の浴衣姿もさすが艶っぽくて…。  華やかな両家の顔合わせだったけど、窃盗グループの登場と悦子が身に着けていた秘宝が美佐子(マルシア)に発見されるなどして事態は急転。  画面の様相が一変するよね。  高級旅館で繰り広げられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ルパンの娘」第6話 感想

 和くん、凄い!華の正体を知ったけど、気持ちが変わらなかった!今回は彼女を助け、そしてプロポーズ  これで和くん、華一家と泥棒になるのね。(笑)  やっぱりそういう事だよね。  華を警察の仕事にってそれは無いと思う。  華の嘘、その奥に苦悩があった事に思い至り、これまでただ何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「サイン─法医学者 柚木貴志の事件─」第5話 感想

 安本(おかやまはじめ)と小笠原(篠井英介)が対決するシーンが見応えありました!! 安本さん覚悟の自決。  小笠原が手術ミスを隠蔽しただろう事は分かっていても証拠が無い。  もう謝罪の言葉など聞く意味もなく、ただ復讐するためだけに院長室を訪れた安本。  互いに毒を盛ってるから、ミックスなの?小笠原効き目が少し後だったね。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ボイス 110緊急指令室」第5話 感想

 唐沢さん、また走らされてるよ~。^^;今回は 石川(増田貴久)や他の警官二人も一緒だったけど。唐沢さん、頑張って~って応援したくなりました!管理人が手にしていた合鍵や、テーブルの上にあった陶器の風鈴など小さなヒントが散りばめられてました。  現場を特定したものの子供は姿が無く。  ハラハラドキドキの連続。  勧められた麦茶は飲ん…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「ルパンの娘」第5話 感想

 円城寺さんのパフォーマンスに魅せられました!子供たちの水鉄砲をかわすシーンが、後のレーザー光線突破の伏線になっていたとは!(笑)  歌も素敵ですが、身体能力に圧倒されました!!(笑)  華の正体が和馬にとうとう知られる事に。  和馬のピンチを救うために現場にやって来た華。  もう嘘をつきたくないという気持ちが強くて、あきらめた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ボイス 110緊急指令室」第4話 感想

 真夏の夜にピッタリなホラー映画の様なドラマ!とにかく廃校になった暗闇の建物内部を捜索するシーン。ライトの明かりの動きが緊張感を高めてハラハラドキドキ!陰影の使い方が上手い。映像美としても楽しめました。  ラストのガソリンスタンドでトイレに入った犯人が窓から脱出しようとするその時、閉じられていたドアが開いて…。これも怖かった。  物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ルパンの娘」第4話 感想

 安定の面白さですね。華と和馬の両親のキャラが突き抜けた感があって最高です。  そして小道具が毎回アクセントになって。  小さなテントウムシの大活躍。  そしてなぜか目立つカブトムシ。(笑)  和馬の見合い相手の独特な雰囲気も、さすがだなと…。  国際ロマンス詐欺という今時の問題も絡めつつ、ドラマは和馬と華の二人が秘密を知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ルパンの娘」第2話 感想

 初回よりパワーアップした面白さでした!  和馬の両親が華の家を訪れるシーンも笑えました。玄関に並べたダミーの靴を手に取って、事件現場のように調べる母、美佐子が最高。  警察犬まで同行。  常に何か怪しい所が無いか神経を研ぎ澄ましてそう。(笑)  マスクをつけると急に人格変わるよね。華さん。  アクションシーンが意外と決ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ボイス 110緊急指令室」第1話 感想

 たった二人で救出に出向くなんて有り得ない!もっと大勢で現場に手分けして向かって!と画面に向かって言いたくなるよね。  ドラマだからそれは仕方ないか。唐沢さん走るシーン大変そうに感じたけど、大丈夫?  着信から折り返してかけると、着信音で助けを求めてる女性が危険な目に遭うだろう事は素人でも分かります。  真木よう子の上司、酷いね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ルパンの娘」第1話 感想

 気楽に観れた第1話でした。花々に囲まれて、急に歌い出すミュージカルのような場面は可笑しいけど素敵でした。  和馬を助け出す場面も良かった。  警察一家と泥棒一家の「ロミオとジュリエット」って設定もね。  瀬戸康史だからいいんですよね。  「パーフェクトワールド」では送り迎えばかりしているアッシー君で気の毒だった。  でも今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パーフェクトワールド」最終回 感想

 松重豊のお父さんの心の変化が丁寧に描かれた最終回でした。  お母さんの咲子(堀内敬子)も素敵でした。  初めから樹に偏見を持たずに、常に距離を置いてつぐみたちを見守ってきました。お父さんの入院中、樹が毎日つぐみに会いに来ているのを窓から見ていました。  二人の様子に、娘がいかに樹に支えられているかを推し量り、夫に伝えました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ストロベリーナイト・サーガ」最終回 感想

 渋い映像と渋い俳優さんたちの中、二階堂ふみと亀梨和也が熱演の最終話でした。 姫川の内面を台詞で表現。舞台劇のようでした。  亀梨君、存在感が薄かったけど、最終回で少し目立っていました。  事件そのものが暗く重いものばかりで、好き嫌いが分かれたドラマだったと思います。  前の竹内結子版と比べられて、いろいろ批判されていまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「緊急取調室」最終回 感想

 起こった事件が複数、そして犯人も複数、複雑に交錯して分かり辛かったですね。結局、校長は教え子に好意を抱いていて、それを未亜たちに目撃されたから後ろめたくて先に救助した。後に自分は二人によって崖から転落させられ。  足を痛めたが警察には通報せず。  未亜と藤井は同窓会で友人を毒殺。  野生のキョウチクトウに毒があると自分のアドバイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パーフェクトワールド」第9話 感想

 つぐみは長澤に樹のヘルパーを頼みます。これまで長澤に負けまいと、できない事までやると言ってきたつぐみ。けれど自分の能力を知り、樹が一番安全でいられる方法を選択しました。  また洋貴は怒りより落胆の方が大きいとしおりに言います。  そしていつかはこうなると心の底では分かっていたと。でも結婚してしまえば自分を一番好きになってくれるので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ストロベリーナイト・サーガ」第10話 感想

 要潤の登場で楽しみになってきた最終話。強面の刑事役や危ない組織を演じる役者さんたちが多い中で、やっぱり目立ちますね。  ブルーの仮面って劇画みたいですよ。    悪役が魅力的だといいね!(*^^*)  ドラマはすぐにブルーマーダーに辿り着き、かなり端折った感が…。  それと菊田の存在感が薄過ぎて気の毒。(--;  いや、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「緊急取調室」第9話 感想

 吉川愛と吉田剛太郎の存在感がドラマを盛り立てました。配役が吉田剛太郎というだけで、何かあるんだろうと怪しんでしまいました。  普段は「命の大切さ。」を子供たちに話して聞かせる校長先生。  だけど事件に深く関わっている…怖いですね。  豪雨の土砂災害など最近の日本の気象状況を反映していて、リアルに感じます。  未亜と医大生を優先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パーフェクトワールド」第8話 感想

 自然災害が自分の本当に大切な人は誰かを教えてくれた。そんな回でしたね。こういう時って命が一番で、それ以外のものは二の次になるから、立場とか家族の意向とか理性で選んだものなんて、どこかへ行ってしまうのかもしれません。  とは言いつつ、洋貴と婚約したのはマズかったよね。  洋貴、焦り過ぎたよね。  つぐみの両親も応援しているし、幼な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ストロベリーナイト・サーガ」第9話 感想

 話がアンダーカヴァーに移り、石井正則が登場し雰囲気が軽くコミカルに。  姫川と身長が同じ。  並んで歩いて尾行するあたり、絵柄が面白かった。(*^^*)  「ストロベリーナイト・サーガ」は深刻な事件内容に映像も重厚で、気分が重くなる時もあります。  確かに事件そのものは悲惨だったけど、姫川の変装と石井正則の存在がこれまでとは違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パーフェクトワールド」第7話 感想

 結局、つぐみと樹は一緒に仕事をする事になるんですね。洋貴はつぐみとの結婚準備を着々と進めます。  つぐみは結婚を承諾したもののどこか無理している。  洋貴もそれを察知している。  やっぱり急ぎ過ぎなのでは?  長澤は松本までつぐみに会いに行き、樹と付き合う事になったと告げます。  だけどそれは嘘でした…。そうかぁ、樹が長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パーフェクトワールド」第6話 感想

 つぐみは松本へ帰ります。  樹は見送りに向かいますが、間に合いませんでした。  そんな樹に洋貴はもう彼女を迷わせないでくれと言います。  彼女にプロポーズするからと告げます。  樹は家へ戻ります。長沢葵(中村ゆり)がやって来てどうしたのかと尋ねます。  つぐみと別れたと樹。  泣き出す長澤に今度は何があったのかと樹は問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田口淳之介、逮捕で「リーガル・ハイ」再放送は!?

 田口淳之介がKAT-TUNを脱退してジャニーズも辞めたのは、結婚するからだと週刊誌の記事でチラッと見た記憶がありました。  ジャニーズにいたら結婚もできないのかと、人気者は大変だと思ったものでした。  交際相手の実家の家業を手伝っているとか。  幸せな日々…ですよね。  突然入ってきた逮捕のニュース。  大麻取締法違反容疑で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ストロベリーナイト・サーガ」第7話 感想

 牧田を演じる山本耕史の表情が上手いと思いました。玲子と柳井のアパートの前で出会って名刺を交換するシーン。  爽やかなオーラを消して、何か裏がありそうないかにもな雰囲気を出していました。  車の中で煙草を吸うシーンも。  陰があって良かった。  前作や映画版と比べられて批判されてはいるけど、別物として観て楽しめます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パーフェクトワールド」第5話 感想

 切なくていいお話なのに、世話をやき過ぎる洋貴の存在がウザい。送り迎え担当のアッシー君。いい加減離れて見守ってあげようよ。  自分の力で生きて行こうとするつぐみをダメにしてしまう。  ヘルパーさんも、つぐみに宣戦布告するなら、直接樹に告白すればいいのに。  告白して断られるのが嫌なんでしょうね。  プライドが高いから。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「インハンド」第6話 感想

 「僕は木材じゃない。釘は刺せない。」が受けました。  網野(光石研)と握手して、握った手を放さない紐倉。  充電が切れたと、義手ごと外して充電しているシーンもシュールでした。  紐倉の変人科学者振りが全開だった第6話。  野桐に共感できるところがあったのか、紐倉は興味を示し観察します。  そして彼のドーピングを見抜き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パーフェクトワールド」第4話 感想

 つぐみは樹には内緒で介護の勉強を始めます。  週2回学校に通い、その後樹の部屋を訪れます。  樹は幻肢痛をつぐみには隠しています。  夜中に電話して長澤に薬をもらいます。  洋貴は自分ならつぐみを幸せにできると言いますが、つぐみは「幸せにしてもらおうとは思わない。私が鮎川君を幸せにしたい。」と答えます。  樹の家へ行くと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「インハンド」第5話 感想

 5年前の悲惨な出来事の全てが明かされました。予想はしていたのですが、怖かったですね。  紐倉はドラマの最初から義手で登場しているため、それは当たり前の事として観ていました。  でも、度々手の痛みに苦しむ姿を見せられ、フラッシュバックのように映される過去のシーン。  ただ事ではなかっただろう過去の事件を想像し、知るのが恐いなと感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パーフェクトワールド」第3話 感想

 つぐみの父親は樹を拒絶、母親は静かに見守る、元恋人美姫の両親は猛反対。障害を持った人との交際については、外側の顔とは別の本性の様なものが剥き出しになりますよね。  それぞれの人間性が描かれていました。  ヘルパーの長澤の態度には最初から不自然なものがあると思っていたけど、やはり長澤の方に恋愛感情があったんですね。  見合いで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」第5話 感想

 推理サスペンスの様な第5話でした。唯織(窪田正孝)は名探偵でしたね。警察が来る前に関係者一同の前で犯人を追い詰めて本当の事を話させます。  唯織がボールを投げた時、左手で受け取った山村少年。そのシーンが何となく怪しいなって思わせ。  肝臓の損傷した位置から、直樹に暴力をふるった相手が左利きであると推理。  そして少年の手のテーピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「インハンド」第4話 感想

 役割分担が決まってるとはいえ、高家はいつも危なそうな現場での活動をさせられていますね。   治験がどんな影響を与えたか、まだ分からないのに。  科学者の助手なんですけど。内閣官房サイエンス・メディカル対策室から依頼されれば捜査官のような事も引き受け。  潜入捜査、体を張った任務です。  普通の助手の仕事とは言えませんね。(笑)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「インハンド」第3話 感想

 不老不死になると、環境の変化に対応できなくなり、絶滅する。  老いも死も必要だ…。  そんな事も分からなくなったんですか、とかつての大学の恩師に言う紐倉。失ったものを受け入れて生きていく。  あなたの事も忘れますと。  若返り治療と称して禁止われている医療行為以外の輸血をして、ヤコブ病にかかた瀬見。  上級会員の数人も輸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more