テーマ:ドラマ

「シャーロック」第3話 感想

 若宮が積極的に捜査に協力するようになりましたね。だいたい最初から一緒に暮らす事もそれほど拒否してないし。(笑)同居して事件捜査に十分入り込んでる第3話。(笑)若宮にとってそれも新しい仕事なのかもしれない。何もしないで部屋で一人きりよりずっと良いかも…です。  地面師詐欺の解決は、獅子雄(ディーン・フジオカ)が取引の場に立ち会って、一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ニッポンノワール -刑事Yの反乱-」第2話 感想

 やっぱりサザンの曲が合わない!!世界観が全く違う。ラストにイントロが流れた瞬間、ガクッとなった。『愛はスローにちょっとずつ』すごくいい曲!だから何でも使えばいいってもんじゃない。  内容を真剣に観ている視聴者も多いよ。  それなりに入って行ってると、ここで「えっ?何で。」と感じる。  今回は井浦新でしたね。  本編…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「4分間のマリーゴールド」第2話 感想

 みこと(福士蒼汰)が藍(横浜流星)に自分の不思議な能力を打ち明けるシーンが良かった!藍の繊細な感受性がそうさせました。横浜流星の演技、心情がリアルに伝わってきました。  初回は料理担当の高校生って設定に不自然さを感じたけど。これまでのいきさつも語られ納得。  みことは病気に関していろいろ調べます。  沙羅(菜々緒)に人間ドッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「G線上のあなたと私」第1話 感想

 3人の抱えてる事情がそれぞれ分かり、自分目線とは違う角度から物事を指摘され、気づきを得た。そんな静かで深いメッセージのあった初回でした。  想像していたのとは違って、ほろ苦さもあり、笑いもあり。  自然体の登場人物が魅力的でした。  軽くはない人生。  他人から見たら不幸そうでも、可哀そうとは思われたくない。  「好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「シャーロック」第2話 感想

 ディーン様は前回より控えめな感じ。若宮の部屋に強引に入り込んですんなり同居。  若宮は初回、不正で医学部に入学したという設定。そこらへん何となく中途半端な立ち位置ですね。  江藤礼二(佐々木蔵之介)も出入りし、獅子雄と行動を共にして事件捜査に協力。  バイクの後ろに乗る獅子雄。  完全に足として利用されてますが…。(--; …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ニッポンノワール -刑事Yの反乱-」第1話 感想

 ブチ切れたような演技、演出に引きながらも最後まで観てしまいましたチャラ過ぎるお兄さんが藤阿須加だとは気づきませんでした。井浦新も変な登場の仕方で…髪型も何となく変…。  久しぶりに見た細田よしひこが少し大人になった印象。刑事役なのね…。ちょっとウザい。( ̄■ ̄;)篠井英介は警察関係、あるいは医療関係で地位…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「4分間のマリーゴールド」第1話 感想

 白い灯台の見える風景は美しく、音楽も抒情的で雰囲気はとても良かった。女の子の好きそうなシチュエーションがいっぱい。血のつながらない姉に恋をする青年。手のひらを合わせると相手の最期の時が見え。不思議な能力を持ったみことは姉の運命を知り、何とか変えようと抗う。  その主人公を演じるのが福士蒼汰…。  菜々緒も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「同期のサクラ」第1話 感想

 大人になると本音と建て前を上手く使い分けて世の中渡っていくのが、賢い生き方。なんだけど、それができない素朴さと純粋さ。ヒロイン見ていてハラハラさせられる。新入社員なので最初は様子見して、慣れてから発言すればいいのですが…。  でも媚を売らない姿勢はうらやましくもあり。  関わる周囲の人たちは大変ですね。  一切の妥協を許さない割…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「シャーロック」第1話 感想

 冒頭から息をつかせないスピーディーな運びでディーン様登場するシーンもあっけにとられる感じでした。  ディーン様の演じる獅子雄の厚かましさと感じの悪さといったら…。  ちょっと癖のある演出ですよね。  アクが強いっていうか…。  付いて行けるのかと思いましたよ。(--;  謎解き、事件の真相はまあまあ面白かったです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「サギデカ」最終回 感想

 取調室での廻谷(青木崇高)の語った振り込め詐欺を正当化する話はかなり恐ろしいと感じました。  大切な人のために、進んでお金を出す人たち。それは脅されたものではないと言いますが、十分に身内を人質に取って現金を支払わないと立場がまずくなると脅してますよね。  被害者の弱さや身内に対する依存的な考え。  甘さ。  それを上手く利用し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ルパンの娘」最終回 感想

 和君と華は予想通りハッピーエンドを迎えて良かった エミリは可哀そうだった。登場した時からずっと。悲恋はエミリの物語ですね。  サスペンス要素が回を重ねるごとに増して、最終回は祖父の代から引きずっていた事件について語られました。犯人が分かり、すべての出来事は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ボイス 110緊急指令室」最終回 感想

 唐沢寿明と伊勢谷友介の闘い。演技対決のドラマでしたね。スピーディーな演出と展開で最終回も飽きさせませんでした。  雫が病院に搬送されて亡くなったと偽装、そして地下の駐車場まで運び出させるシーンはスリリングでした。  見せ方は上手いなぁと。毎回ハラハラドキドキさせられて。  ラストで本郷が、息子の雫を刺して自分も…。歪んだ親子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ルパンの娘」第10話 感想

 一家総出で和馬の奪還。あの教会のシーンは「卒業」のパロディーですね。(笑)音楽はチャイコフスキーの「ロミオとジュリエット」でした。面白いですね~。物語はそんな真剣に見なくていいって感じなんですけど。(笑)  こういう知ってる名曲、名作の使われ方が楽し過ぎます。  マツの若い頃を深キョンが演じていましたが。  整形って…。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「TWO WEEKS」最終回 感想

 予想以上に爽やかなハッピーエンドでした!結城(三浦春馬)と有馬(三浦貴大)、すみれ(比嘉愛未)がどちらと一緒になるのかはハッキリさせずに未定の様な形でしたね。  すみれはどちもを選べないですよね。  結城は、はな(稲垣来泉)に時間をもらいます。  はなが望んでいるように、大好きなパパと一緒に暮らせる日がこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ボイス 110緊急指令室」第9話 感想

 地下トンネル崩落事故で救助するシーン、「コードブルー」って感想サイトでいう人多いね。笑)ホントに医者でもないのに勝手に瓦礫から引っ張り出して。怪我した人動かしたらNGやん。またひかりも音だけであんだけ状況分かるの  確かにハラハラドキドキさせる演出自体は上手いと思うんだけど…。  このシーンは笑えた。現実離れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ルパンの娘」第9話 感想

 扉越しの華と和馬の会話がとても哀しかった。華を演じる深キョンの美しさ。やっぱりヒロイン。和君への愛が滲み出た表情にうっとりさせられました。  悲恋の「ロミジュリ」に似せた音楽もすっかり耳になじんできて、本家よりこの音楽の方がしっくり来るような感じです。(笑)  音楽全体がクラシックで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ボイス 110緊急指令室」第8話 感想

 ひかり(真木よう子)が雫(伊勢谷友介)の声に真犯人だと気づく場面。怖かったですね。  またひかりのマンションにやって来て脅しをかける雫。  ひかり、ドアの外に出るなんて有り得ない。  樋口が駆け付けるまで待てないのか?  見せ場を作ろうとしているのは分かります。  こういう所、リアリティーは無いんだけど。  怖さの演出が上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ボイス 110緊急指令室」第7話 感想

 ガラスの陳列ケースに鉄球が並んでいるのには驚きました!  怖い!  完全に狂ってるね。  部屋もコスチュームも上品でエレガントで上質な感じ。  それにこの武器の陳列…。  ちょっと理解できないシーンでしたが雫という繊細な名前もミスマッチな感じで何とも言えませんでした。  未希(菊池桃子)は派遣会社で何か秘密を握って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ルパンの娘」第8話 感想

 公園で暮らす渉(栗原類)の姿は切なかったけど、子供たちに認められて崇拝され、テントウムシの神様になるなんて。(笑)  何か一つの事を追求する生き方は価値があり、いつかは自分の身を守ってくれるというメッセージが込められてるようで。(*^^*)  それと円城寺さん。  いつも待ってましたって感じ。歌とダンス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ルパンの娘」第7話 感想

 伝統的な結納の儀式でしたね~。(*^^*) 悦子(小沢真珠)ママのコスチュームが優雅でいつも楽しみ。パパと花火の浴衣姿もさすが艶っぽくて…。  華やかな両家の顔合わせだったけど、窃盗グループの登場と悦子が身に着けていた秘宝が美佐子(マルシア)に発見されるなどして事態は急転。  画面の様相が一変するよね。  高級旅館で繰り広げられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ルパンの娘」第6話 感想

 和くん、凄い!華の正体を知ったけど、気持ちが変わらなかった!今回は彼女を助け、そしてプロポーズ  これで和くん、華一家と泥棒になるのね。(笑)  やっぱりそういう事だよね。  華を警察の仕事にってそれは無いと思う。  華の嘘、その奥に苦悩があった事に思い至り、これまでただ何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「サイン─法医学者 柚木貴志の事件─」第5話 感想

 安本(おかやまはじめ)と小笠原(篠井英介)が対決するシーンが見応えありました!! 安本さん覚悟の自決。  小笠原が手術ミスを隠蔽しただろう事は分かっていても証拠が無い。  もう謝罪の言葉など聞く意味もなく、ただ復讐するためだけに院長室を訪れた安本。  互いに毒を盛ってるから、ミックスなの?小笠原効き目が少し後だったね。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ボイス 110緊急指令室」第5話 感想

 唐沢さん、また走らされてるよ~。^^;今回は 石川(増田貴久)や他の警官二人も一緒だったけど。唐沢さん、頑張って~って応援したくなりました!管理人が手にしていた合鍵や、テーブルの上にあった陶器の風鈴など小さなヒントが散りばめられてました。  現場を特定したものの子供は姿が無く。  ハラハラドキドキの連続。  勧められた麦茶は飲ん…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「ルパンの娘」第5話 感想

 円城寺さんのパフォーマンスに魅せられました!子供たちの水鉄砲をかわすシーンが、後のレーザー光線突破の伏線になっていたとは!(笑)  歌も素敵ですが、身体能力に圧倒されました!!(笑)  華の正体が和馬にとうとう知られる事に。  和馬のピンチを救うために現場にやって来た華。  もう嘘をつきたくないという気持ちが強くて、あきらめた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ボイス 110緊急指令室」第4話 感想

 真夏の夜にピッタリなホラー映画の様なドラマ!とにかく廃校になった暗闇の建物内部を捜索するシーン。ライトの明かりの動きが緊張感を高めてハラハラドキドキ!陰影の使い方が上手い。映像美としても楽しめました。  ラストのガソリンスタンドでトイレに入った犯人が窓から脱出しようとするその時、閉じられていたドアが開いて…。これも怖かった。  物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ルパンの娘」第4話 感想

 安定の面白さですね。華と和馬の両親のキャラが突き抜けた感があって最高です。  そして小道具が毎回アクセントになって。  小さなテントウムシの大活躍。  そしてなぜか目立つカブトムシ。(笑)  和馬の見合い相手の独特な雰囲気も、さすがだなと…。  国際ロマンス詐欺という今時の問題も絡めつつ、ドラマは和馬と華の二人が秘密を知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ルパンの娘」第2話 感想

 初回よりパワーアップした面白さでした!  和馬の両親が華の家を訪れるシーンも笑えました。玄関に並べたダミーの靴を手に取って、事件現場のように調べる母、美佐子が最高。  警察犬まで同行。  常に何か怪しい所が無いか神経を研ぎ澄ましてそう。(笑)  マスクをつけると急に人格変わるよね。華さん。  アクションシーンが意外と決ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ボイス 110緊急指令室」第1話 感想

 たった二人で救出に出向くなんて有り得ない!もっと大勢で現場に手分けして向かって!と画面に向かって言いたくなるよね。  ドラマだからそれは仕方ないか。唐沢さん走るシーン大変そうに感じたけど、大丈夫?  着信から折り返してかけると、着信音で助けを求めてる女性が危険な目に遭うだろう事は素人でも分かります。  真木よう子の上司、酷いね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ルパンの娘」第1話 感想

 気楽に観れた第1話でした。花々に囲まれて、急に歌い出すミュージカルのような場面は可笑しいけど素敵でした。  和馬を助け出す場面も良かった。  警察一家と泥棒一家の「ロミオとジュリエット」って設定もね。  瀬戸康史だからいいんですよね。  「パーフェクトワールド」では送り迎えばかりしているアッシー君で気の毒だった。  でも今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パーフェクトワールド」最終回 感想

 松重豊のお父さんの心の変化が丁寧に描かれた最終回でした。  お母さんの咲子(堀内敬子)も素敵でした。  初めから樹に偏見を持たずに、常に距離を置いてつぐみたちを見守ってきました。お父さんの入院中、樹が毎日つぐみに会いに来ているのを窓から見ていました。  二人の様子に、娘がいかに樹に支えられているかを推し量り、夫に伝えました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more