テーマ:ドラマ

「純愛ディソナンス」最終回 感想

 階段から落ちて意識不明だった冴(吉川愛)。目覚めて会いに来た正樹(中島裕翔)に私たちは別れたのだと告げます。  ドラマを見ていて、二人が交際してる実感はあまり感じなかった。相手の事を考えてそれで頭の中がいっぱいで、それを交際というならそうかもしれません。毒親の静(富田靖子)はあっさり離れてくれたし。愛菜美(比嘉愛未)の父親(光石研)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土曜プレミアム『ガリレオ 禁断の魔術』感想

 やっぱりガリレオは面白い。今回は湯川学(福山雅治)の科学や教え子に対する熱い気持ちが描かれていて意表を突かれました。常に冷静な湯川だけど内面は情熱や愛で溢れているのですね。  古芝伸吾(村上虹郎)との再会から物語が進みます。大学を入ってすぐに退学した彼の行方を追います。  新たな就職先で倉坂由里奈(森七菜)に会い、彼女は何かを知っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「純愛ディソナンス」第10話 感想

 サスペンス仕立てだった1話と2話、ここで一気に回収!!晴翔(藤原大祐)は加賀美(眞島秀和)の息子だったんですね。そして小坂由希乃(筧美和子)を手にかけたのは晴翔。息子の罪をかぶった父親の加賀美。遺体を埋めたのは二人で…?  もうとうに精神に異常をきたしていた晴翔。  家庭は崩壊し、晴翔の母親は自ら命を絶った。{%十字架webry%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「純愛ディソナンス」第9話 感想

 冴(吉川愛)が高校生のままの幼くて無力な女性でもどかしい。  冴が未熟であまりにも子供っぽい。  落書きの弁償に母親に大金を借りるなんてあり得ない。  慎太郎(高橋優斗)のするべき事を勝手に片づけようとしてる。  自分はまた毒親と関わる義務ができてしまう。  でもそんな女性を正樹(中島裕翔)は好きなんだなと…。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ユニコーンに乗って」最終回 感想

 功 の抱きしめ方がぎこちなくてハラハラ。笑)  彼女の告白を聞いた後も表情が硬い。もっと長年抑えてきた感情があふれ出すような、喜びに満ちた輝きを表現して~~。…杉野遥亮君、頑張って~~。(; _ _ )/  成川佐奈(永野芽郁)と須崎功(杉野遥亮)はもうビジネスパートナーでなくなったし、自由に恋愛できる立場になりました。  にも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「純愛ディソナンス」第8話 感想

 正樹(中島裕翔)と冴(吉川愛)がシェアハウスの前で別れを惜しんでいると近くに冴の母、静(富田靖子)がいて口を挟んで来ました。そして家の中で話し合いの場を持ちます。  静にきちんと挨拶をする正樹。   二人の決意は固いようです。  …が慎太郎(髙橋優斗)のいる前でかなり無神経だと思いました。  静は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ユニコーンに乗って」第9話 感想

 スタートとアップ企業と大企業のコントラストが描かれた第9話。新しいものを受け入れ常にチャレンジし変化、進化するドリポ二。そして堅実、着実路線で慎重な大手不動産会社。風通しが悪いと須崎(杉野遥亮)は父、征一(利重剛)に言います。会社を守るため実績が大切だと父親。  しかしそんな征一も息子の提案を聞いてみようという姿勢に。  佐奈(永…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「純愛ディソナンス」第7話 感想

 自宅のゴミ箱の中に冴(吉川愛)の小説を捨てるなんて、すぐ正樹(中島裕翔)の目につくしトラブルの元。そこから正樹は自分のスマホを触らなかったかと聞き、愛菜美(比嘉愛未)はこのマンションを出て父親から離れてどこか田舎で暮らしましょうと提案。  正樹は怒り出します。自分を落として救いの手を差し伸べるやり方。もうそれには乗らないと。  そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ユニコーンに乗って」第8話 感想

 海斗君、戻って来ました!!前々回で、さも裏切ったかのような見せ方をしていたけど、実は違った。  佐奈(永野芽郁)と須崎(杉野遥亮)がゲームアカデミアに乗り込んで行くシーンは良かった。ゲームアカデミアの中にも海斗(坂東龍汰)を心配する社員がいて、二人が来ていると教えます。  永瀬(松尾貴史)と対峙する二人。  海斗は扉の向こうで聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「純愛ディソナンス」第6話 感想

 愛菜美(比嘉愛未)は小説を書く事ができません。  すべてが嘘のように思えると…。正樹(中島裕翔)の優しさがうわべだけに感じるんですね。  これは中島裕翔の演技のうまさによるものだと思うのですが、嘘っぽいですよね。笑)喋り方なのか声の出し方なのか。腹筋使ってないせい?笑)どのシーンも熱意が伝わって来ない。心か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ユニコーンに乗って」第7話 感想

 早智(広末涼子)の薦めで佐奈(永野芽郁)たちが訪れるコテージ、その自然の景色の美しさに魅せられました。  スイカを清流で冷やしたり、マキで火を焚きバーベキュー、それは都会ではあり得ないシーン。  贅沢な今どきのグランピングってやつなんでしょうね。  何もかもがリッチ。   彼らは全員セレブの子息のようにも見える。    時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「純愛ディソナンス」第5話 感想

 とにかく愛菜美(比嘉愛未)が怖い。笑)比嘉愛未の演技が上手い事もあって、こういう小説家のようなクリエイティブな仕事をする女性にいそうな感じがします。(^^;)  惚れた男を手に入れても「全部」気に入らない。どうにもならない不満。それはもっと心底愛して欲しいという願いなのか。  路加(佐藤隆太)と愛菜美(比嘉愛未)は、冴(吉川愛)と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ユニコーンに乗って」第6話 感想

 佐奈(永野芽郁)と須崎(杉野遥亮)の爽やかな恋模様。佐奈と妹、そして母親と関わり。優しく穏やかな空気が流れている。互いを心配し思いやる間柄。そこへ悪魔の手先が…。笑)海斗(坂東龍汰)が裏切り会社にとってダメージになる行為を…。  才能はあるけど協調性は無く、自分一人の世界を生きている青年。  好感は持てたし、「ドリームポニー」でず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「純愛ディソナンス」第4話 感想

 正樹(中島裕翔)と碓井愛菜美(比嘉愛未)の結婚の経緯が描かれました。高校を辞め実家にも戻らず希望を失って職場でも上手く行かず、そんな正樹に愛菜美は父親の会社を紹介。そしてプロポーズ。  いいマンションに住み、幸せそうな日常。  碓井愛菜美は作家になり外見も華やかに。  しかし父親は危ない仕事をしていそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ユニコーンに乗って」第5話 感想

 海斗(坂東龍汰)君のキャラがいい!!マニキュアがブラックだったり、メッシュのヘアも。こんな人いるよね、ってリアリティを感じる。  ゲームやPCを扱ったら天才的な彼も人付き合いは苦手そう。  でも 「ドリームポニー」では才能を発揮し皆とも上手くいってる。  発言も自由で尊重されて、自分の居場所を与えられて幸せだと思う。  第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「純愛ディソナンス」第3話 感想

 比嘉愛未の変貌とその夫に驚きました~。( ̄▽ ̄);あの後、どんな経緯で正樹(中島裕翔)と…。気になります。  冴(吉川愛)は母親から離れてはいるものの、何をしたいのか決まらずに慎太郎(高橋優斗)たちとシェアハウスのようなところで暮らしてるのね。フリーター生活も不安定。  そこで受けた面接で採用が決定。  小説家の先生と対面、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ユニコーンに乗って」第4話 感想

 小鳥(西島秀俊)さんがドラマにしっくり馴染んでき第4話。渋いけど重くならず、思慮深いけど説教じみてないし。高山(飯田基祐)にパンチを食らわせようとした佐奈(永野芽郁)のこぶしを受け止めるシーンは絶妙でした!!  ホントに殴ったらとんでもない事になっていました。  何も言わずに首を横に振る小鳥。  優しくて大人で…いいよ、カッコい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「純愛ディソナンス」第2話 感想

 毒親全開の富田靖子の演技、凄かったなぁ~。職員室での正樹(中島裕翔)との対峙。上手いだけに迫力満点で他のシーンが霞んでしまった。他の演者を食ってしまう存在感。  吉川愛も高橋優斗も若いだけにまだまだ物足りなくて。  正樹はわめき散らす静にあんた母親じゃない、母親を武器にしているだけと怒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ユニコーンに乗って」第3話 感想

 須崎(杉野遥亮)が佐奈(永野芽郁)と起業するまでの経緯が描かれました。須崎は大手不動産会社の息子。父親と縁を切ってビジネスパートナーに…。恋愛禁止は仕事を成功させるための覚悟だったのですね。  第3話は、分かりやすく須崎が生き生きと素敵に見えました。  元カノ、考え方が古臭くてウザい。  御曹司狙いですね。父親に取り入って、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「純愛ディソナンス」第1話 感想

 また毒親かよ~って感じ。富田靖子「未来への10カウント」の時と髪型同じじゃん。(^^;)高校の教師役だったけど、今回も高校が舞台のドラマ。何か紛らわしい。💦  中島裕翔が演じる正樹はいいとこのお坊ちゃんですね。  物事に対して斜に構えてて冷めてる。  冴(吉川愛)との出会いがあり、彼女には胸の内を話してしまう。  由希乃(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ユニコーンに乗って」第2話 感想

 チャットで会話する社員たち。近くに居てもチャットなの?小鳥(西島秀俊)さん、大変。笑)アバターを作成する森本さんは技術は凄い。IT関連会社なんて相当スキルが無いと雇われないはず。  小鳥さんに何か惹かれるものがあり採用したものの。  している事があまりにもアナログで困惑する佐奈(永野芽郁)。  分かりやすく小鳥と他、社員の違いが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「六本木クラス」第1話 感想

 龍河(早乙女太一)が何で雨の中でポテトチップス食べてるのだろうと思いました。パラソルの下とはいえジメジメと冷たいはず。事故で怪我したから入院してるって設定みたいですが…。病院の庭ね…。晩、病室を抜け出して外でポテトチップス食べて、美味しいのでしょうか?たぶん自由でいいって事なんでしょう。いろんな拘束から逃れて雨降ってても自分の食べたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「テッパチ!」第1話 感想

 工事現場で働く町田啓太の茶髪と髭。誰か分からなかった。でもヤンチャな雰囲気がいい感じ。陸上自衛隊の候補生になったから髪切ったね。ちと残念。💧正統派イケメンになってしまいました。  知らない俳優さんたちばかりでした。  音楽隊に憧れて入って来た馬場(佐野勇斗)さん、印象的です。  純粋で真面目そう。会社員だったけど大きな決断で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ユニコーンに乗って」第1話 感想

 西島秀俊がひとり絵面から浮いているのでビックリ!!爽やかで軽い(深みの無い、重厚感の無い)雰囲気に似合ってない…。(^^;)  でも森本さんと面接受けるシーンはクスクス笑えた。  今どきの天才肌、森本さんは何を言っているか聞き取り辛い。  いかにもこういう人、いそう。リアルな空気感。   プログラミングの腕は一級なんですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「オールドルーキー」第2話 感想

 9歳の子供であっても意思や希望がある。それをきちんと聞いて願いを叶えてあげる。新町(綾野剛)いい仕事をしました。  安心して見ていられる。少し優等生過ぎる気もするけど。  スケボーは歴史や伝統のあるスポーツとはまた違う、自由で開放的で新しい価値観を持ったスポーツ。  オリンピック開催の時、スケボー選手のドキュメントなどを放映して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「オールドルーキー」第1話 感想

 サッカーの事しか知らない新町亮太郎(綾野剛)のキャラは単純過ぎるとは思いましたが、分かりやすくて素直に入り込めました。スポーツマネージメントという業界はよく知らなかったので新鮮に感じます。お仕事ものとして面白そう。  高柳雅史(反町隆史)はしたたかな感じがいい。  ビジネスとして利用できるものは利用する。  情は無く、利益が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」最終回 感想

 悪役の榊原(加藤雅也)が自ら作り出したウィルスを注射して命を落としてしまいます。テロを起こす計画も長谷部(ユースケ・サンタマリア)たちに阻止されます。星来(鈴木凜子)は助かり特別な遺伝子も姿を消して普通の女の子になります。  あっけなく事件が解決。何事も無かったように。  星来の誕生日に長谷部と三枝(佐藤隆太)が訪れ皆でお祝いしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「恋なんて、本気でやってどうするの?」最終回 感想

 松村北斗は華がありました。広瀬アリスの演じるキャラが強くて、目立たない感じはしましたが。ドラマの中で流れる SixTONESの「わたし」も雰囲気を盛り上げました。声が切なかったです。   あいみょんの「初恋が泣いている」は力強い歌声が沈んだ気持ちを吹き飛ばしてくれるような明るい曲。  音楽は効果的に使われていました。  予想…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」第9話 感想

 急にディーン様のアクションシーンが多くなって、今までの回は何だったの?笑)  これまでが「静」で淡々としていた。ここへ来て単独行動をとる刑事の「動」の世界。暴走し始めたヒーロー。ディーン様が走る町並みはどこかアジアの風景のよう。  カッコいいよもちろん。でも別のドラマみたい。笑)  唐突に違うドラマになったようで、戸惑う。{%悩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「インビジブル」最終回 感想

 やっと終わった~。笑)猿渡(桐谷健太)の変質者ぶりはまあ良かった。スタジアムを借り切って全員集合で長々と逮捕劇を見せてくれました。舞台劇のようでした。  動画にして公開するのは定番ですね。これは証拠になるの?  キリコ(柴咲コウ)はキリヒト(永山絢斗)を失ってしまった。  孤独な二人だったのね。(( _ _ )).  キリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more