Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 金にイジ汚い親が子供の情緒を貧困にする 

<<   作成日時 : 2012/04/14 16:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 月謝は毎月銀行から自動で引き落とされるので、どうにもならない。他に節約しようと考えたら、私の立て替えた分、テキスト代や細かい諸経費になってくる。
 こちらが催促するのをあきらめたら、支払わずに済む。
 『高価な楽器を買ってあげた。
 何でそれ以上のお金を出さなきゃいけないの?』
 そういう雰囲気が伝わってくる。
 先生は楽器店の社員でも何でもない独立した存在。
 でもこの保護者にとってはひとくくり。
 いつも自分が優位に立って命令を下していく側。
 

 生徒も貸したテキスト(即興の楽譜)を返さない。 
 一年たって、返却するように手紙を付けたらやっと戻る。
 私がそのまま放置したら、本は返ってこない。
 無料の図書館ですら返却期限はあるさ。
 自分たちが希望した上級グレードに必要な教材なのに絶対買おうとはしない。
 

 母親を見習うんじゃないよ。
 君の母親には自浄作用が無い。
 偏ったり凝り固まったものが、徐々に大きくなっていく。
 年齢を重ねるごとに悪化していく。    
 君も母親も言葉使いは丁寧でしゃべり方も優しいけど、
 それは外側のほんの薄皮に過ぎない。
  
 本質だよ。本質が行為に現れる。


                            「悪質保護者」






「欠けていく情緒」
 子供は親の行動をお手本にする。
 他人への感謝の仕方や、お世話になった人への対処の仕方も。
 子供は親を真似していく。
 情緒や趣といった文化は日々の暮らしの中で親を見習い、体に染み付くものなんだよ。




 先生に贈る品を一緒に選んだり、またはそれに付き合ったりして、親が体現する気持ちというものを、子供は見ている。
 そしてそれを自分の生き様として取り込んで行く。
 花だろうとお菓子だろうと、中身の種類には関係はない。
 相手に似合うだろうハンカチや髪飾りや扇子を選んでいる(または自分も一緒に)母親の姿を見て育つ子と、そうじゃない子とでは、やっぱり何か違う精神世界みたいなものが出来上がっていくんじゃないだろうか。

 親が粗雑に扱う相手を子供が尊敬するはず無いでしょ?
 その相手から何を学んで何を教わる?



 いいかげんでお粗末な扱い。
 こちらが取り付く島の無い素っ気無さ。
 音楽なんてその人の本質だけが勝負。誤魔化せない。
 子供に全部引き継がれてる。
 自分なりの世界とプライドを持って大学での生活を送ってただろう息子。
 だけど育った土壌があまりにも味気なかった。
 得たのは機械的な技術と、自分だけが楽しむ世界。

 他人への冷淡さと無頓着。
 あるのは自分だけ。
 それがこの母親の生き方。


           

ノンフィクション
『エリート志向の闇〜平気で嘘をつく子供』の紹介記事でした。

 収入の多い家庭でも高額な買い物が多いと、毎月のローンで手元に残る現金が少なくなる。
 子供に習い事をさせるのはいいけど、近くで済ませずわざわざ車で送り迎えするから、余計、コストが嵩む。
 しかも子供は嫌がってる。
 母親の価値観、世界観が偏って歪んでいる。
 それに合わせて生きる家族。彼らが見る心象風景とは…?



 他の紹介記事
 平気で嘘をつく生徒
 軽 視〜お高くとまった二人
 麻 痺〜狂った神経回路

 会社名を隠す女
 送迎は燃費の悪い車で
 母親の強欲が子供の感受性を鈍らせる
 教育熱心の裏側


 あらすじ 
 タイトル一覧


 全記事のタイトルは右サイドバーのテーマ<独裁者>
 または<嘘>をクリックして下さい。
 前半と後半に分かれて記事が順に並びます。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
金にイジ汚い親が子供の情緒を貧困にする  Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる