Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「TAKE FIVE 〜俺たちは愛を盗めるか〜」第3話 感想 

<<   作成日時 : 2013/05/05 18:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

 今回は国宝級の「四天王像」をめぐるお話でした。
 展覧会の後、慶上寺へ移送するのですが、その警護に就くのが瑠衣(松雪泰子)と昇太郎(千葉雄大)。
 ひとりは女性刑事、もうひとりは線が細くてひ弱そうな…。(笑)
 
 千葉雄大は犯人と格闘しても、勝てるとは絶対思えません!!
 紅一点の松雪泰子はエレガントなブラウスに細いヒールの靴。
 緊張感がありそうでないあの雰囲気。(笑)

 そんな二人に降りかかった、でき過ぎたような強奪事件。(笑)

 4体のうち盗まれずに済んだ1体が、警察の盗品倉庫に保管されていたのですが破損していました。
 情の厚いテイクファイブのメンバーが、修復に手を貸す事に。
 
 しかし持ち出したその仏像は偽者でした。
 いつから偽者に摩り替わったのか。
 誰が偽者に摩り替えたのか。
 そしてメンバーは仏像4体全部が偽者だろうと推測します。

 鍵の束を持って寺から出てくる住職、木ノ崎(志賀廣太郎)の腕に盗聴器をつける正義(唐沢寿明)。

 木ノ崎は怪しげな場所で借金をしていました。
 犯人グループと組んでいたのですね。

 執着を仏教用語で「シュウジャク」と読む。
 大学で講義する正義。

 助手の柿沢なな(福田彩乃)は「執着する物がないって寂しいですね。お互い。」とつぶやきます。
 (ここをモノマネでしゃべってくれたらなぁ。
 綾瀬はるかとか…。)

 
 科捜研に仏像を運ぶと住職に教えます。
 犯人グループたちをおびき寄せ、更に偽者と寺にあった本物とを交換し、一件落着。
 今度は瑠衣のお手柄になりました。

 犯人との格闘で腕時計が壊れてしまった瑠衣でしたが。
 
 晴登(松坂桃李)は瑠衣に時計をプレゼント。

 そんな第3話でした〜。


 



 きれいにまとまってるという印象でした。 

 可もなく不可もなく。

 ゲスト出演の悪役にあまりスポットライトが当たりませんでしたね。
 金に執着する貪欲な住職には見えなかった。普通の感じ。
 ただの情けないおじさんでしたね。
 背後の犯罪グループも、その他大勢の描き方でした。
 刑事の瑠衣も有能なのか、そうでないのかよく分からないし。

 正義と晴登は厳重に鍵をかけた土蔵から本物の仏像を運びだした事になっていますが、そのジーンはカット。w
 どうやって入ったんだろう。
 鍵を外すのはお手のものかな?
 それって肝心なシーンだと思うのですが。w
 あんまり怪盗物の意味がないような…。
 ここを心理戦で住職に本物を持ち出させるとか、の方が面白かったような気がする。
 

 1話完結物の決め台詞や決まったポーズもなく。
 特に型にはまってない感じがいいのでしょうか。


 

 誰かに仕事を依頼されて動くのではなく、自分たちで選んで決める彼ら。
 自主的なんだ。

 それにお仕事といっても収入にならないですよね。 
 誰かの失敗をフォローしてあげたいという気持ちから。
 また犯罪を阻止するという正義感から。
 使命感みたいなので動くんですね。
 
 メンバーは正義が絶対的なリーダーという訳でもないようだし。
 自分がそうしたいと思えば、提案してやりたい人が参加していく。
 なかなか自由でいいですね。


 





 
 紅一点ではなく、謎の女(倍賞美津子)がいましたね。
 あの格好、「レ・ミゼラブル」なんかに出てきそう。

あらすじ 公式サイトより
芝大門署の瑠衣(松雪泰子)と昇太郎(千葉雄大)は美術館での展覧会を終え、本来安置されている慶上寺へ戻すために移送される国宝級の“四天王像”の特別警戒に就く。
ところが、“四天王像”を移送中、瑠衣と昇太郎は喧嘩をする男たちに遭遇。男たちに気を取られている間に輸送車が四人組の覆面をした襲撃犯に襲われてしまう。二人は必死に防戦するが、襲撃犯に四天王のうち3体の仏像を奪われて逃げ去られてしまう。何とか奪われずに死守した1体は事件の証拠品ということで、ひとまず署内に保管されることとなるのだが、昇太郎は岩月(稲垣吾郎)と一緒に倉庫で仏像を確認した際、なんとその1体が襲撃犯との攻防の衝撃で破損していることに気がついてしまう。昇太郎は誰にもそのことを言わないよう岩月に口止めをするが、岩月は正義たちテイクファイブの面々にそのことを報告。瑠衣の立場が窮地に陥っていると知った晴登(松坂桃李)は警察署の倉庫に保管されている仏像を盗み出し、補修して気付かれないよう元に戻すと言い出す。晴登から口を出さないよう言われた正義(唐沢寿明)は、晴登の指示のもと署から仏像を盗み出す岩月、南(六角精児)、均(入江甚儀)らを静観しているが・・・。

柿沢なな(福田彩乃)
増田公造(でんでん)
住職・木ノ崎(志賀廣太郎)


 第1話  第2話



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TAKE FIVE 俺たちは愛を盗めるか第3話(5.3)
女刑事笹原瑠衣@松雪泰子と矢野@千葉雄大が警備していた国宝級の仏像が 覆面強盗に強奪される事件が発生、 3体の仏像を奪われた上、残された1体の左腕は実は破損しており、 瑠衣が窮地に立たされると思った新美@松坂桃李は その1体を密かに持ち出し、修復することを思いつくが、 いざ手に入れるとその仏像が偽物であることが発覚、 傍観していた帆村@唐沢寿明も興味を持ち、本物の仏像の在り処を突きとめたと うむ、矢野刑事が破損してしまったのを問題なしとするには 仏像がフェイクというオチなんだろうなあと思ってた。... ...続きを見る
まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
2013/05/06 03:46
TAKE FIVE〜俺たちは愛を盗めるか〜 (第3話・5/3) 感想
TBSドラマ『TAKE FIVE〜俺たちは愛を盗めるか〜』(公式)の第3話『女刑事を襲うワナ!警察に泥棒』の感想。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog@FC2
2013/05/06 14:35
TAKE FIVE三話&35歳の高校生四話感想
■TAKE FIVE三話 稲垣吾郎が、単独で仏像を持ち出すシーンとか結構ドキドキした。なかなか機転が効いた男、情報処理分野だけじゃなく、盗み現場の実戦でもいけるかもね。。 松坂桃李が、松雪泰子のこと気になっていてやたら口説いているが、自分から、俺テイクファイブなんだ。って言っちゃうのはどうなんだ?(笑)三話最後で、それは事実だったとばれちゃうしさ。。でも捕まえない(笑)正義の泥棒団の男に、少し心を許し始めているのか?それとも、今回だけは警察を守ったことにもなるからか・・? ...続きを見る
NelsonTouchBlog
2013/05/06 23:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「TAKE FIVE 〜俺たちは愛を盗めるか〜」第3話 感想  Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる