Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ハニー・トラップ」第6話 感想

<<   作成日時 : 2013/11/24 21:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 第6話もハラハラ、ドキドキしたなぁ〜。
 なつみが敵なのか味方なのかさっぱり分からない状態で見てるんだよね。
 でも構成がスッキリして見やすくなってきたかな。
 悠一がどうやって拉致されて拷問されてるかの一連の流れが分かってきたし、時間軸も行ったり来たりしないので。
 初回から見せられてきた断片が、ひとつにつながってきた。
 そういう意味ではストーリーがようやく見えてきた状態。



 ホテルで打ち合わせをする悠一。
 ドアをノックする音。
 ルームサービスと安藤が言うので悠一はドアを開けます。
 すると殴られ、シーツの替えを入れたりする業務用のボックスに入れられ、運び去られてしまいます。
 安藤が不審に思いドア開けて廊下を見ますが、誰もいません。
 
 アッという間の犯行ですね。
 
 一流ホテル風の場所で従業員を装ってひとりの人間を拉致するって、それができるってどんな組織と思います。(笑)
 悠一のいる部屋を知っていて。
 ルームサービスのオーダーが入ったのを確認でき。
 そこから従業員に成りすまし、誰にも気づかれずに連れ去る。

 敵側が神出鬼没、まるで魔法でも使ってそうな…。(笑)
 


 気がついた悠一。
 縛られて床に座っていましたが、背中合わせに日下部が。
 なつみの事を聞かされ驚く悠一。
 足元のガラス片を引き寄せようとします。
 すると一味がやって来て、再びどこかへ移動。
 悠一はいつの間にか手にしたガラス片で手の拘束を切り逃亡。

 うまく逃げられたと思ったら背後からスタンガンで…。
 そしてデータはどこと、なつみの現れるシーンへとつながります。





 結局、なつみは悠一を愛しているのか。(!?)
 母親を人質にとられてやむを得ずに…って本当なのか。
 最後は悠一の身代わりになったんですね。

 …にしても催涙ガス(?)を噴出させて助けたり、悠一に注射を打って気を失わせたり。
 用意しているものが只者じゃありません!!

 助けられた悠一も、ヒントを与えられて機転を利かせて水に顔をつけたんだよね。
 鈍い人だったらアウトだよね。(笑)

 敵もろともガスを吸い込んじゃって。(笑)



 外へ出るとダムでした。
 ロケが迫力出してます。
 カメラワークがいいんじゃないでしょうか?

 船の上を走って逃げるシーンも俯瞰図で撮ったり、動きがあって面白いし映画っぽい感じがする。

 引きのシーンがいいんだよね。

 映像にメリハリが有ると思う。


 





 爪に針とか電気ショックなんて、先の尖ったのが怖いよ。
 テーブルの上の器具が恐ろしい。

 しかしこの拷問シ−ン、第6話だけでも充分だったよね。
 6話だけにしておいたら時間軸も行ったり来たりせずに済んだし。

 第1話から毎回欠かさず、これでもかって繰り返し…。
 結局、これが見せ場でもあったのね。(笑)
 もうAKIRAの体を見せたいがための場面だって。

 
 AKIRAを見せるドラマ。
 社会派ドラマって宣伝コピーにあったけど…。
 内容はそうかもしんないけど。(笑)

 別にアクションシーンとスーツ姿だけでも充分カッコいいのに。

 見せ方が、さすがフジテレビって感じがする。
 
 

キャスト 
 日下部(丸山智己)



あらすじ 公式サイトより
美山悠一(AKIRA)は亡くなった父・小野寺(長谷川初範)が勤めていた大学のサーバー管理者からグラフェンデータを引き渡してもらい、総和物産の先端材料事業部員たちに指示を出してグラフェン事業の特許出願を急ぐ。そんななか、会社に隠し口座を作りミレ・パシフィックから1000万を受け取っていた事実から、悠一を陥れた張本人と思われた執行役員の折田忠(神尾佑)が自殺したという知らせが入る。突然のことに驚く悠一だが、部長の安藤眞一(森岡豊)や同期の宮原杏奈(野波麻帆)の協力もあり、絶対にグラフェン事業を成功させようと思いを新たに持つ。
一方、大洋国際特許事務所には穂積宗広(小澤征悦)が現れ、中川薫(内山理名)がミレ・パシフィックに潜入している映像を証拠に、総和物産からグラフェンデータを奪い渡すように、小林恭助(高嶋政伸)に迫っていた。荒井和人(池内博之)が自分に近づいた目的を見透かしていた穂積。
悠一は安藤と共にグラフェン研究への協力に手を挙げてくれた医療メーカー担当者と打ち合わせをしていたとき、突然何者かに襲われ連れ去られる。目が覚めた悠一は意外な人物と顔を合わせる。そしてその人物からなつみ(仲間由紀恵)の驚くべき事実を聞いて・・・。

 第1,2話
 第3話  第4話  第5話


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
毎度、お疲れ様です。

>6話だけにしておいたら時間軸も行ったり来たりせずに済んだし。

あ、なるほど、今回見やすかったのは、時間軸を行ったり来たりしなかったからですね。
待望の顔を水につけるシーンも出てきたわけだし、次回から楽しんで見れそうです。

>助けられた悠一も、ヒントを与えられて機転を利かせて水に顔をつけたんだよね。
>鈍い人だったらアウトだよね。(笑)

自分も息を止めて見てました。(笑)
LB55
2013/11/25 01:04
予告で武田真治が講演してる場面がありましたね。
穂積と組んでるようだし、なつみとも会ってた。
謎の人物ですよね。
今晩正体が分かるのかな?
kanata
2013/11/30 12:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「ハニー・トラップ」第6話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる