Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「チーム・バチスタ4螺鈿迷宮」最終回 感想

<<   作成日時 : 2014/03/19 18:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

 螺鈿の部屋の装飾といい、扉や鍵の様式といい、アンティーク調ですね。クラシックな内装は荘厳なイメージを演出しているのでしょうか。
 病院自体やそれ以外の背景はオーソドックスなので、この部屋だけやや浮いた印象を受けました。
 最終回で、その部屋の秘密が暴かれてしまいました。

 
 「安楽死」という行為を、ああいう仕掛けで実行するのは、やはり計画的過ぎて罪な気がします。

 重いテーマでした。
 「安楽死」について考えさせられました。

 そうやって真面目に問題提起はしているのに、やっぱりラストはエンタティメントだなぁと。

 巌雄院長の自滅の仕方が狂気過ぎ!

 他人には安らかに苦しまない死を提供しておいて、自分と家族には部屋にガソリン巻いてライターを取り出し…。


 巌雄院長はあの美しい妻を愛してるのではないのですか?
 しかも葵までやって来ちまったよ。
 愛する妻と息子なんだけど、それってスルーなの?
 どう考えたって有り得ないよね。
 妻の命を断つんだったら、薬で眠らせてから痛みや恐怖を感じさせないようにとか、他にいろいろ方法あるよね。
 



 それなのに巌雄ちゃん!!
 華緒と葵を生きたまま火と煙に巻くつもりなんスか!?

 何っつう恐ろしい事ができるんスかね。


 黒コゲって…。( ̄■ ̄;)  

 絶対、有り得へん!!


 もうホラーやサスペンスドラマの定番じゃん。
 絵的に爆発炎上とか、炎が噴出すシーンは見せ場だよね。
 見応えあるからサイコキラーの自滅には打って付けなんだけど。
 


 あ゛〜!!( ̄∇ ̄;)


 笑えた。



 グッチと白鳥さんのやり取りが面白かった。
 二人のコンビネーションがいいドラマでした。
 
 これも早々に映画が公開なんですね。
 タイトル『Ai(死亡時画像診断)』にした方がいいって紹介番組で言ってたよ。バチスタ手術は現在日本では行われてないって。^^;


第11話
あらすじ 公式サイトより
長野の放射線科医・立花(宅間孝行)と碧翠院の放射線技師・戸山(渡部豪太)を殺害した犯人が明らかになる一方で、碧翠院の患者が皆、不自然なほど穏やかな最期を迎えることに違和感を覚えていた田口(伊藤淳史)と白鳥(仲村トオル)。院長の巌雄(柳葉敏郎)が安楽死を行っているのではと疑いを抱き、田口は看取りに立ち会うが、不審な点は何一つ見つからずにいた。

そんな中、亡くなった患者のAi(死亡時画像診断)画像を見ていた白鳥は、ついに「螺鈿の部屋」で行われている看取りの"からくり"に気付く。証拠を突きつけようと、巌雄を探す2人。

だがその頃、「螺鈿の部屋」では既に美智(左時枝)が最期の時を迎えようとしていた。田口と白鳥の動きに気付いた小百合(水野美紀)は、部屋の内側から鍵をかけてしまう――。
はたして、碧翠院で行われている終末期医療の秘密とは?そして、患者の美智から語られる驚きの真相と、桜宮一族の運命は…!?いよいよ、田口と白鳥の最後の謎解きが始まる!

他キャスト 
 すみれ(栗山千明)
 葵(山崎賢人)
 華緒(相築あきこ)
 天馬(上遠野太洸)
 看護師、藤原(名取裕子)
 刑事、小幡(池内万作)
 加賀(山本圭)

「チーム・バチスタ4螺鈿迷宮」第8話

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
失恋ショコラティエ十話&バチスタ4 螺鈿迷宮最終回感想
■失恋ショコラティエ十話 まさかの「くわしく」ネタを引っ張る十話。。よって、ふたたび薫子(水川あさみ)が主人公だったわけで。紗絵子(石原さとみ)に、メール返せない理由があったのかも知れないし、その人ともしかしたら縁があるかもしれないからメール返してみればいいのでは?とアドバイスされた薫子は、関谷(加藤シゲアキ)にようやっとメールを返す。だが、食事をするも、ふたりの仲は別に先に進むわけでもなく・・薫子は自分の行動を恥じるのだった。 が、関谷結構いい事言ってたような気するんだけど、まあたし... ...続きを見る
NelsonTouchBlog
2014/03/21 07:16
チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮最終話(3.18)
田口@伊藤淳史と白鳥@仲村トオルは安楽死と殺人の謎を突きとめ、 院長桜宮巌雄@柳葉敏郎は螺鈿の部屋に火を放って、家族と共に命を絶ち、 碧翠院の事件は幕を閉じたと ...続きを見る
まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
2014/03/22 03:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様です。

>巌雄院長はあの美しい妻を愛してるのではないのですか?
>しかも葵までやって来ちまったよ。
>愛する妻と息子なんだけど、それってスルーなの?
>どう考えたって有り得ないよね。

どうでしょうね。。。3人とも人殺してるし・・・(^^;
この3人だけは、桜宮家の中でも別格の存在だったように思います。

最初は、巌雄先生1人で逝く予定だったのを、華緒先生にせがまれて、結局2人で腹をくくって生活をしていたんでしょう。
本当なら、葵!来るな!の所なんですが、死にたいと言っていた葵の意向を無視して生かしたことに罪を感じて、同行を許したのではないでしょうか。。。というより、生きていてはいけない存在なので、証拠隠滅として一緒に連れてった、と考える方が妥当かな。。。

トリックの方は、麻酔効果のあるXe(キセノン)を使って自然と眠らせ、後は筋弛緩剤を点滴で注入する、という流れでした。

しかし、ミチさん、本当によかったですね!(^^)
グッチーが助けたといってもいいでしょうね。
そのグッチーの新しい肩書って、白鳥さんと同じなのかな??

LB55
2014/03/20 02:40
う〜ん、やっぱりとんでもない医師の家族だったかなぁ。
葵がかわいそうでした。
ストーリーは全体に暗〜いものだったけど、グッチと白鳥さんのコンビに救われましたね。
ホッとできました。(^^)v
kanata
2014/03/20 18:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「チーム・バチスタ4螺鈿迷宮」最終回 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる