Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ビター・ブラッド〜最悪で最強の親子刑事〜」第2話 感想

<<   作成日時 : 2014/04/23 11:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

 佐藤健、走ってましたね〜。
 今回の事件は誘拐でした。
 誘拐された男の子の父親の心情と、明村(渡部篤郎)と夏輝(佐藤健)の葛藤を絡めて描いていましたね。
 親子の情愛が描かれていました。

 初回よりは見やすかったです。
 緊張感とコミカルな雰囲気がうまくバランスとれてるような。
 堅苦しさがなくていいですね。


 夏輝のキャラが幼過ぎる気はしましたが…。



 ラジコンヘリが部屋に侵入。待機している刑事たちの姿を映され、交渉が失敗に終わります。
 取り付けられた爆弾がカウントダウン。
 逃げられない優子。
 明村はラジコンヘリを掴んで投げます。
 犯人は近くで様子をうかがってるはずと明村。
 車の音に走り出す夏輝。
 止まらないので発砲します。
 不用意な発砲に、明村は夏輝をとがめます。



 こんな時に仕事へ行くのかと夏輝は今村を非難します。
 それで当然だと送り出す明村。

 身代金を工面しようと、会社で頭を下げている今村の姿を目撃する夏輝。
 今村は自分なりに息子を救い出そうと必死でした。

 誤解していたと気づく夏輝。

 お金だけ渡せば父親だなんて大きな間違いだと思っていたし、明村にもストレートに言った夏輝でしたが…。
 そう単純ではありませんでした。



 今村の姿を通して、父親の影での苦労を思い至ります。
 
 夏輝の未熟さをかなり分かりやすく描いていますよね。


 親子の世代間ギャップもありますが…。
 明村は夏輝を見守り、それに何となく気が付いていく夏輝。
 明村はさすがに大人ですよね。
 すぐ単独行動して、熱くなり過ぎて周囲が見えなくなる息子。
 気が気じゃないですよね。
 刑事という仕事なのに危ないです。

 だけど…。
 走り去る怪しい車に発砲したのが、後の犯人たちの乗った車を特定するのに役立ちました。
 撃った車のタイヤが交換され、新品でした。
 黒い車だったのは、白く塗装されていました。

 親子の連携で上手く犯人たちを捕まえることができました。

 男の子は危ないところで救い出され、良かったです。



 

 ラジコンヘリを使うとは、頭のいい犯人です。
 
 身代金を宝石に代えたのも、なかなか凄いと思いました。
 袋に入れてラジコンヘリにぶら下げて飛ばすんだけど。
 あれ、袋が落ちちゃったりしたら、どうするんだろう、なんてハラハラしましたよ。
 んな訳で、警察はかなり振り回されていました。
 これって及川光博が計画して実行させてるんですよね。

 一話完結じゃないのかなぁ。
 一人の敵が毎回仕掛けてる流れみたいですね。

キャスト
 貝塚剛久(及川光博)

あらすじ   
ある夜、高級住宅街に住む今村(デビット伊東)・優子(奥貫薫)夫妻の長男・和道(土師野隆之介)が誘拐された。明村(渡部篤郎)は夏輝(佐藤健)らと今村家で犯人からの連絡を待つことに。明け方、犯人はカメラ付きのラジコンヘリを家に侵入させ、警察の姿を確認。交渉決裂を宣告した上、ヘリに付けた爆弾を作動させる。明村はヘリを外に投げて危機を回避。夏輝は走り去る犯人のものらしき車に発砲し、明村に激怒される。


 第1話


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ビター・ブラッド (第2話・4/22) 感想
フジテレビ系『ビター・ブラッド』(公式) 第2話『命がけの絆』の感想。 なお、原作小説(雫井脩介/著)は未読。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog@FC2
2014/04/23 21:54
極悪がんぼ二話&ビター・ブラッド二話&ブラック・プレジデント三話感想
■極悪がんぼ二話 おもろいわ。。悪者が法の抜け道を使って繰り広げる頭脳戦。金子(三浦友和)のしのぎ(仕事)を見事かっさらった薫(尾野真千子)。。でも、やっぱり和磨(三浦翔平)のプチヘマで足がついたわな(苦笑) 当然ヤキ入れられると思ってたら、ビギナズーズラックを褒める金子。やさしいわ〜、薫の借金分だけもらって、借用書と残りの二百万は返してあげる太っ腹。。でも!最後の薫に対する凄みはさすがだわ。。次回どうなっていく?? 冬月(椎名桔平)は超優秀なんだね。抜道(板尾創路)や夏目(竹内力)... ...続きを見る
NelsonTouchBlog
2014/04/24 14:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様です。

>親子の情愛が描かれていました。

どちらかというと、父親の情愛ですかね(^^;
これは、今村さんとこも同じでした。
「もう少しだけ、意地を張らせて下さい!」今村父
「(サングラスを)ほら!」と渡すジェントル
ここらは、いい台詞で感動的でした!

ジュニアは、いろんな父親を見ながら、自分の父親・ジェントルへの接し方を修正していくのかな?

>ラジコンヘリを使うとは、頭のいい犯人です。
>身代金を宝石に代えたのも、なかなか凄いと思いました。

ラジコンヘリで運ぶとすると、小型で高価なものだから、指輪か宝石かなと想像してました。
ラジコンヘリは、カメラ撮影でも使われるので、これを操作できるとは、なかなかの技術者だと思いました。
しかし、この手の犯罪を煽っていないといいんですがね(^^;
LB55
2014/04/24 03:54
どーもです。♪
夏輝が子供っぽいので刑事ドラマとしてはちょっとどうかなぁという気はしてたんですけど、親子物としてなら、見れますよね。

渡部篤郎、とにかくいい雰囲気出してますよね。(^^)v
kanata
2014/04/24 20:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「ビター・ブラッド〜最悪で最強の親子刑事〜」第2話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる