Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「昼顔 〜平日午後3時の恋人たち〜」第10話 感想

<<   作成日時 : 2014/09/19 11:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

 紗和と北野は海辺の車の中で夜を明かし、森の別荘へと逃れて行きます。
 お互いの気持ちを確認し合う二人の姿と美しい風景にうっとりさせられましたが、紗和を置いて北野だけが話をつけに戻って行くという場面に「えっ!?」と驚きました。
 あんな寂しい場所に女性を一人きりにして何日も出かけるなんて、ちょっと考えられない。
 これは無理やりな運びに感じましたよ。
 それに笹本俊介と話し合うのは、紗和本人じゃないの?
 順番が違ってるし。

 ストーリー運びが違和感だらけ。強引だし。

 とにかく…。
 北野はひとり出かけて行きます。
 メガネを紗和に預けて。


 ひとりでいる紗和の所へ利佳子と智也(淵上泰史)が心配してバイクでやって来ます。

 北野は笹本家で、俊介に紗和と一緒になりたいと願い出ます。
 頭を下げますが激怒する俊介。

 一方、加藤はバルセロナで商談が順調に進んでいます。
 利佳子からの留守電メッセージを元妻は消去します。

 利佳子は話し合おうと家に戻りますが、下の娘、 陽菜(豊嶋花)が熱を出して寝込んでいました。
 看病する利佳子。
 その間に加藤から携帯に電話が入ります。
 上の娘、真菜(山口まゆ)が留守電メッセージを消去しました。


 北野は家に戻って妻と話します。
 しかし乃里子は…。
 

 そんな第10話でした。


 もうこうなったら、元には戻らないと思う。
 紗和と利佳子、北野の3組の夫婦
 離婚への流れになるのかなぁ。
 別れたいと願い出る方と、離婚を拒否する相手。
 どのカップルも別居して時間をかけて話し合う必要が…。


 北野が笹本俊介に直接会ったのはマズいよね。そりゃあ怒るよ。
 「ハイそうですか。分かりました。離婚します。」と気持ちよく承諾する人はいないと思うのよね。

 北野は紗和といると、元気や自信が湧くと乃里子に説明。
 乃里子はそれを優越感だと解釈するのですが。
 自分は優秀で、紗和は何の取り柄もないパート勤めだと見下した物言いをする。
 そして夫に向かって「小さ。」と吐き捨てるように…。
 この傲慢さが嫌なんじゃないの?北野は。
 愛せないよね。
 愛と優越感は違うと思う。
 北野は紗和に愛を感じているはず。 
 
 乃里子は可愛げがないので、残念。
 前回からセリフの一つ一つが命令口調だし。
 嫌われ役なのでかなり極端に描いてる気もするんだけど。

 妊娠してると告げましたね。
 ホントなのかな?こうなると意地ですよね。
 北野を絶対、自由にさせない気でいるみたいです。

 

 それにしても…。
 紗和と北野のカップルは自然体でお似合いで素敵です。

 二人のいる背景は、いつも色彩鮮やかな森の中。
 何だかちょっとズルいよね。
 美しい自然に囲まれたロケーションで、純愛だし。
 そして…。
 二人同時に携帯の電源をONにし、着信や留守電が入っているのを確認する場面は、現実に向き合おうと覚悟を決めた瞬間でした。
 今という時代のシチュエーションでもあり…。
 スマホという小道具が無くてはならないものに。
 
 

 




 利佳子に子供がいなければ別居して、そのまま放置してもいい位。あんな横暴な夫、無視してもどうって事ない。
 加藤は芸術家で破天荒そうだから、手続きしなくてもね。
 離婚届とか、婚姻届とか無頓着そう。

 加藤の元妻 佐倉亜紀(高橋かおり)がウザいです。
 真菜が携帯の留守電メッセージを消去するのはともかく。
 バイヤーという立場でいったい何をどうしたいのか
 滝川にけしかけられたから、加藤を売り込むだけでなく、手に入れようという気になったのか
 公私混同もいいところですね。


あらすじ 公式サイトより 
家を飛び出した紗和(上戸彩)は、北野(斎藤工)とともに湖畔の貸別荘に身を寄せる。そこは、北野が学生時代に滞在したことがある場所だった。

 北野の妻・乃里子(伊藤歩)は、俊介(鈴木浩介)に電話し、こうなった原因は俊介にあるのだからふたりを探して引き離してほしい、と叫んだ。

 ホステスとして働き始めた利佳子(吉瀬美智子)は、給料を前借してスマートフォンを購入し、真っ先にバルセロナに旅立った加藤(北村一輝)に連絡する。しかし加藤は電話に出なかった。出勤しようとした利佳子の前に現れた智也(淵上泰史)は、紗和がパートを無断欠勤していることを伝える。利佳子は紗和に連絡するが、紗和は電源を切っていた。

 あくる朝、スマホの電源を入れた紗和のもとに見知らぬ番号から着信がある。利佳子だった。どうするつもりなのか、と利佳子から問われた紗和は、もう少しだけ夢を見させてほしい、と返す。利佳子は、そんな紗和に、気持ちだけで突っ走ってしまったら終わりは早い、と告げる。

 一方、ショックで会社を休んでいた俊介のもとに美鈴(木南晴夏)が訪ねてくる。俊介のことが心配になって会社を抜け出してきたらしい。俊介は、そんな美鈴の優しさにすがり、彼女を抱きしめる。

 北野とピクニックに出かけた紗和は、いままで言えなかった言葉を彼に伝える。しかし、紗和の薬指の指輪が目に入った北野は、それに応えることができず…。



  第1話  第2話  第3話  第4話  第5話
  第6話  第7話  第8話  第9話


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
昼顔十話&獣医さん、事件ですよ最終回感想
■昼顔十話 今までで一番の修羅場だった。まさか斎藤工と鈴木浩介の修羅場が一番激しいものになるとは(苦笑)たしかに、妻の上戸彩とならともかく、愛人の斎藤工が家に乗り込んできて、謝罪&別れてください攻撃されりゃ、キレるわな。たしかに順番あべこべで、あれじゃ逆にこじれるわ。 しかもなぜそういう所に、鈴木の母親・高畑淳子がいつもいるのか??(笑)このおばちゃんがいつもいつも実は混乱招いてる張本人なんじゃないか? 母親が斎藤にあんな感じでまくしたてちゃ、息子もああいう感じに冷静に話もできないだ... ...続きを見る
NelsonTouchBlog
2014/09/20 00:36
昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜「妻の逃避…試される愛の強さ」
逃避行して、湖畔の貸別荘に身を寄せ、束の間の幸せを楽しむ、紗和(上戸彩)は、北野(斎藤工)。時折、すねたりしながらのラブラブぶりが、可愛いです。新妻オーラかな? ラフでカジュアルな格好なのに、上戸彩ちゃんが、ものすご〜くキレイで、キラキラしてました。相手の北野が、腹をくくったのも、分かるような… 彼が、単独で、両家に直談判しにいった展開が、ちょっと新鮮でした。また、紗和宅では、事実を知ったお義母さん(高畑淳子)パニックと怒りモードに… ずっと、どちらかというとユーモア・パートだったのにね。ちょっ... ...続きを見る
のほほん便り
2014/09/20 08:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「昼顔 〜平日午後3時の恋人たち〜」第10話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる