Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ウロボロス〜この愛こそ、正義。」第5話 感想

<<   作成日時 : 2015/02/15 01:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 竜哉が部屋に入った時、桂田は亡くなっていた。
 そこへ二人の男が現れる。
 銃を持っている男は桂田殺しの罪を竜哉に着せようとする。
 振り切って逃走を図るが、足を撃たれる竜哉。
 連行されそうになった時、蝶野真一(滝藤賢一)が現れる。
 話から二人の男は公安だと分かる。

 竜哉を引き渡さないと蝶野は二人に銃を向ける。



 北川警視総監が小学校の校庭で狙撃される。

 会議の席でイクオは聞き覚えのある声に頭痛がする。

 竜哉とイクオは結子先生を知っている女性に会いに行く。
 「婦警さんになったの。」と園長は話す。

 「もう会えない。」と言っていた。
 「少し変わった部署に移る事になったから。」
 
 クリスマスの時期に偶然出会った。「相沢先生。」と結子。
 
 「もしかして結婚?」と買い物を見て尋ねる。
 プレゼントは「面倒見てる子供たちの。」それも仕事だと。

 
 「結子先生は公安の人間だ。」と竜哉。
 「どうしてまほろばで僕らと暮らしてたんだ。」とイクオ。

 「たっちゃんとどういう関係なんだ。」日比野さんに聞かれたと話すイクオ。「だったらお前の相棒、始末するしかないな。」と竜哉。
 「たっちゃん!」
 
 日比野から連絡があって総監狙撃事件の犯人があがったと「山城会です。」


 「もしあなたが本当に段野竜哉と反社会組織と関係があるなら、私の前からいなくなって欲しい。例えどんな理由があっても。」と日比野はイクオに言う。

 我孫子桐乃から山城の携帯番号を受け取る竜哉。

 山城会に家宅捜査が入る。

 クラブ『ナイン』に捜査員たちが入る。

 日比野を人質にして組員が阻止しようとする。

 竜哉が2階のVIPルームに入るともぬけの殻だった。

 黒幕は警察の方だと組員。

 イクオが犯人に飛びかかり美月を救う。

 山城と連絡を取る竜哉。
 話の途中で何者かが相手を襲ったようだ。
 公安の二人だった。
 
 「聖副総監の動向を探って下さい。」と日比野監察官。

 山城の息子が情報を持っている。見つけ出すんだと竜哉。
 どうしてそんな事を聞くのかと尋ねるイクオ。
 「おまえん中でブレてねぇかって。」


 副総監も日比野も金時計をしていた。


 そんな第5話でした!!

 やっぱり小栗旬のアクションシーンとかカッコいいですね。

 人間離れして不死身、でないところがいいです。
 銃で撃たれれば、歩けないし。
 
 わりと現実的に作られてますよね。

 「MOZU Season1 〜百舌の叫ぶ夜〜」とかリアリティ皆無のドラマに慣れてたような気がします。
 登場人物が人間という認識が薄くなってた…。
 演出大げさだと、「家族狩り」でもそうだったけど、重症を負ってると思えるシーンでも、次の週観ると軽症だったり。
 何かホラーっぽい怖い場面で引っ張られ。
 そういう事の繰り返しで、登場人物が危険な目に遭ってる場面を見ても受け止め方が軽くなってる様な気がします。

 人が生身の人間であると言う重み。
 人が怪我をするという重み。

 それって重要な事ですよね。

 劇画チックで派手なはずのこのドラマ。
 その点堅実に思えます。

 
 飛び降りたら体はコンクリートに打ち付けられて痛いし。
 銃で足を撃たれたらとても歩けない。
 そんな当たり前の現実を普通に描いてるだけなんですけど。 
 
 

 物語は…。
 少しづつ結子先生のプロフィールが分かってきました。
 公安に所属し、何かを探っていたのでしょうか?
 イクオは気持ちが揺れ動き始めた様です。
 美月に竜哉との仲を疑われ始めました。

キャスト
 蝶野真一(滝藤賢一)
 橘都美子(吉田羊)
 我孫子桐乃(武田久美子)

あらすじ
桂田(デビット伊東)に呼び出された竜哉(小栗旬)が駆け付けると、桂田は既に死んでいた。そして現場には結子(広末涼子)の写真が落ちていた。桂田の口を封じたのが公安だと知った竜哉は、情報を得ようと公安と協力関係にある敵対組織の組長・山城(佐々木勝彦)に接触を図る。一方のイクオ(生田斗真)は、警視総監狙撃事件の捜査に携わる。副総監・聖(野村将希)の指揮で調べが進む中、容疑者として山城に逮捕状が出る。



  第1、2話  第3話  第4話



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「ウロボロス〜この愛こそ、正義。」第5話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる