Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「問題のあるレストラン」第7話 感想

<<   作成日時 : 2015/02/27 13:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

 千佳は母、奏子に会いに行く。
 再婚相手をミサイルを作っている人と紹介するが、ロケットだと訂正する。
 北海道でいっしょに暮らしましょうと奏子。

 ベーコンの仕入れ交渉に出向くたま子たち。
 そこへシンフォニックの門司たちも来ていた。
 ポトフの味で決めると農場の主人は言う。

 千佳は負けたら辞めるくらいの覚悟とたま子につぶやく。

 主人はビストロフーを選ぶが、味は門司が上だったと。
 二人とも美人だし、女性との仕事で張り合いが出ると。

 仕入れを辞退するたま子。

 裁判の説明をする奈々美。

 ビストロフーにやって来たのは…。

 そんな第7話でした!!

 経営が順調になって良かった。
 とは思うものの、お仕事物としての面白さはあまり感じません。
 レストランフーの存在がファンタジーのようだし。
 設定や状況もおとぎ話っぽい。

 門司とたま子の恋愛模様も今ひとつ。
 ピンと来ないですね。
 盛り上がらない。


 恋愛物でもなくお仕事物でもなく、じゃあ何って聞かれたら。

 セクハラ、モラハラなどのハラスメント物かなぁ。

 影の主役はハラスメントっつーか、
 やけにスポットライトが当たり過ぎ。

 仕事に女性とか男性とか入れずに、ポトフの味だけで決めて欲しいよね。
 あれだって逆セクハラだと思うし。(・・。)ゞ
 男性対女性の構図で徹底してますよね。

 最近、三船美佳さんの離婚騒動でモラハラが話題になってた。
 いつも笑顔でハッピーな生活かと思いきや、家の中では過酷な状況だったようで。
 そして海遊館のセクハラ、減給で男性社員が厳しすぎる処分だと訴えてたけど、妥当と判断されたり。
 今までしている方が気づかなかったというだけの事ですよね。

 ハラスメントを受ける側の気持ちが取り上げられるようになった。
 相手は我慢してる。抗議しないから何も感じてない訳じゃないと。
 
 まだまだ、社会全体の意識が低いよって事みたいですね。

 これはそういうテーマのドラマなんだと思えばいいですが。
 あまりにも男性と女性を対立構造にしてしまうと、味気ない。
 恋愛にはとても発展しないよね。 



 登場人物のキャラ、目まぐるしい。^^;
 変人キャラにぶりっ子に仕事に有能なやり手…。
 藍里なんて特に話し方や仕草が「女の子」そのものだけど、ビストロフーではやり手の営業、広報になってるし。
 可愛いけど仕事がデキる…。
 今まで媚びてて仕事なんてできそうにない雰囲気だったのに。
 
 デキる女で外見も可愛くてって元AKB48の川崎希を思い出しました。夫、アレクサンダーはヒモで話題になってた。
 自分が収入があれば、働かない夫でも家事をしてくれ、仲が良ければそれでいい。
 ヒモと言うと聞こえが悪いけど、無職と表現すればいい。
 専業主婦はヒモとは言われないんだから。

 浮気が盛んなのはちょっとどうかと思えるけど…。
 
キャスト
 ハイジ(安田顕)
 鏡子(臼田あさ美)
 結実(二階堂ふみ)
 奈々美(YOU)

 雨木(杉本哲太)
 土田(吹越満)
 星野(菅田将暉)

あらすじ ヤフーテレビより 
たま子(真木よう子)たちの共同生活に加わった藍里(高畑充希)は、広報部長として張り切る。店も1週間連続で黒字になり、たま子は勝負に出ようと宣言。そこで藍里は調理の様子を撮影し、レシピも動画サイトで公開する。一方の「シンフォニック表参道」は客足が落ちるが、門司(東出昌大)は本社が指示した新メニューを無視する。そんな中、千佳(松岡茉優)は再婚する母・奏子(堀内敬子)から一緒に北海道で暮らそうと誘われる。  


  第1、2話  
  第3話  第4話  
  第5話  第6話

 
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
問題のあるレストラン 第7話★「わたし今、凄く心が震えてます。」
問題のあるレストラン 第7話 ...続きを見る
世事熟視〜コソダチP
2015/02/28 11:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れさんデス。

>影の主役はハラスメントっつーか、
>やけにスポットライトが当たり過ぎ。

そうですね。
極端な演出になってますね。
あまり続けると、嫌気がさしますよね〜(^^;

ここまで見てくると、このドラマ、
「法で裁けないモラルの問題にどう挑むか」みたいなテーマがあるような気がしてます。

弁護士は烏森さんだったし、五月さんも出てきたし、だんだんと、戦う準備が出来つつあるようです。

今までの流れは、フーが栄えるというよりも、シンフォニックの方が(勝手に?)衰えて、裸になって焦り出すまでを、描いていたような感じがします。

ビストロ・フーは、シンフォニック上層部と戦うために作られた組織(緑の党?(^^;)で、データ集め(人集め)とデータ分析(長所短所比較)をしていたようにも見えます。
これからですよ、たぶん(^^;
LB56
2015/02/28 02:51
そうですよね〜。
法で裁けないモラルの問題ですよね。
モラルが無いよね。
ドラマに登場する男子に全部、それ極端過ぎるよって。(^^;)

コメディーとして笑えるシーンもあるんだけど、全体にはブラックな感じ。
風変わりなドラマですよね。(^^;)  
kanata
2015/03/01 09:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「問題のあるレストラン」第7話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる