Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ウロボロス〜この愛こそ、正義。」第7話 感想

<<   作成日時 : 2015/03/01 09:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 隼人がシャンデリアを落とし、竜哉を救う。
 我那覇が再び竜哉や隼人を銃で狙うが、忍足が現れ阻止。
 ベンチで瀕死の状態だったイクオは意識を取り戻し立ち上がる。

 三島、橘、蝶野らもパークへ駆け付ける。
 美月と連絡を取る。
 お化け屋敷へ入って行く美月。背後から襲われ気を失う。

 忍足が竜哉にウロボロスの在りかを自白させようと薬を打つ。
 後ろを振り向くと、イクオが部屋の入り口に立っていた。
 忍足と格闘し倒す。

 お化け屋敷を出ようとする。煙が充満し火事になっている。

 竜哉は逃げる途中で美月を発見し、助け起こす。
 竜哉、美月は蝶野と合流する。

 外へ脱出したイクオは待ち構えていた聖と出会う。

 飛びかかり階段から転げ落ちる。
 手を差し伸べる聖の手を握るイクオ。

 狙撃されるがイクオをかばう聖。
 日比野監察官が現れ、聖の失脚を告げ連行する。
 蝶野は竜哉と隼人の手錠を外し、見逃す。


 退院したイクオを見舞いに訪れる美月。ウロボロスのネックレスを見つける。イクオが部屋に戻って来て驚いた弾みでネックレスはバッグに落ちる。

 駅の改札口でバッグのウロボロスに気づく美月。
 鑑識で調べてもらう。番号が書いてあった。

 隼人から渡されたUSBメモリに外科医のプロフィールがあり、「ウロボロス計画」という手書き文字が記されていた。

 いつものバーで竜哉と話すイクオ。
 結子先生が自分に銃を向けたと話す。


 そんな第7話でした!! 

 イクオがゾンビみたいで嫌でした。^^;    

 登場人物の大半が集結し、それもイルミネーション煌めくレインボーパークという名の遊園地で、夢を与えてくれるエンタテイメントな舞台で起きる壮絶な闘い。
 見どころいっぱいの山場のような回でした。
 (あらすじ、打ち込むの大変。)

 サイコサスペンスの雰囲気になって来ましたね。
 結子先生がイクオをなぜ撃とうとしたのか。
 イクオは不死身に近い体を持ってるのか。
 それってウロボロス計画というやつに関係あるのかな?
 謎が深まってますます面白くなってきました。

 イクオをまほろばの家に連れてきたのはやはり日比野監察官。



 生田斗真が今回は目立っていました。
 いつも小栗旬にヒーローの座を持っていかれてましたが。
 凄い、活躍しました。

 記憶がよみがえり、竜哉に打ち明けるシーンも胸に迫って来ました。

 イクオっち、可哀そう。

 イクオっち、頑張れ。

 




 あと美月、背後にもっと気を付けましょう。

 それと綾野剛のヘアスタイルが変でした。(笑)  


キャスト 
 忍足 浩二(モロ師岡)
 三島 薫(吉田鋼太郎)
 橘 都美子(吉田羊)
 蝶野(滝藤賢一)
 聖(野村将希)

あらすじ ヤフーテレビより
竜哉(小栗旬)は公安の我那覇(山口祥行)に追い詰められる。狙いは結子(広末涼子)の形見のウロボロスのネックレスだった。一方、けがを負ったイクオ(生田斗真)は止める美月(上野樹里)を振り切り、竜哉を助けに向かう。途中で意識を失ったイクオの脳裏にあの日の記憶がよみがえり、金時計の男の顔を思い出す。そんな中、聖(野村将希)が隼人(中野裕太)を逮捕する名目で、捜査員を引き連れて現場の遊園地に乗り込んでくる。



  第1、2話
  第3話  第4話
  第5話  第6話
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「ウロボロス〜この愛こそ、正義。」第7話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる