Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「戦う!書店ガール」第1話 感想

<<   作成日時 : 2015/04/15 16:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

 想像していたより、面白かったです!
 書店のお仕事物という事で、新鮮だし爽やかだし。
 稲森いずみが綺麗。「同窓生」の時と同じく可愛い。
 仕事熱心に働く女性だけど、そんなカリカリしてないし、ちょうどいい感じのテイストです。
 渡辺麻友も思っていたよりいい感じ。
 あんな風に優等生を発揮してガンガン責めて来られる新入社員がいたら、周りは大変だと思いますが。(汗)

 大会社の孫って立場だと、ありがちなキャラは仕事もしないのに偉そうにして…とかなんだけど、そこはヒロイン。
 熱血で猪突猛進。
 とにかくハラハラするぐらいの実行力。
 突進してぶつかり、また立ち直って前進。
 (POPも難しいですね。幅広い見識が求められそう。)
 周りの迷惑を顧みず、いつしか自分のペースに巻き込んでいく。
 そんな憎めないキャラ。


 恋愛パートも理子(稲森いずみ)はプロポーズされると期待してレストランデートに臨んだのに、別れ話。
 しかも帰りのタクシーに亜紀(渡辺麻友)が同乗しているのを目撃という、かなり波乱を予想させる展開に!!

 だけど相手は亜紀ではないと思います。
 そんな安易な流れではなく…たぶん。





 三田(千葉雄大)が素敵です!


あらすじ Yahoo!テレビより 
老舗書店「ペガサス書房」吉祥寺店の副店長・理子(稲森いずみ)は、仕事にプライドを持って働いてきた40歳の独身女性。ある日、文具会社社長の孫だというお嬢さま・亜紀(渡辺麻友)と、以前同店にいた三田(千葉雄大)が吉祥寺店で働くことに。本を愛する亜紀は初日から店舗の改革を理子に提案し、その遠慮のなさに一同はあぜんとする。そんな中、理子は出版社勤務の恋人・柴田(長谷川朝晴)から久々に食事に誘われる。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ようこそ、わが家へ&マザーゲーム&戦う!書店ガール一話感想
■ようこそ、わが家へ一話 ホームドラマにストーカー恐怖要素が加わった新しいタイプのドラマ。怖いのか、家族ものなのか、やっぱり怖いんだ?という感じでした。唐突に沢尻エリカが登場していたが、どうやら敵ではないようです。感じのよい雰囲気を出していますが、今後どうなっていくのか? サスペンスなのかホームドラマなのか、どっちになっていくのかも気になります。 ...続きを見る
NelsonTouchBlog
2015/04/15 22:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れさんさんです。

>とにかくハラハラするぐらいの実行力。
>突進してぶつかり、また立ち直って前進。

こういう子には、(副店長みたいに)大きく構えてる方がいいですね。
つい自分と比べたりすると、焦ってしまうから、要注意人物に指定されるような気もします(苦笑)
・・・嫉妬は正義の服を着てやってくる、そうなんで〜(^^

社会人だし、「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」は、徹底させたいですね。
「連絡」と「相談」が、思いっきり抜けてると思います(苦笑)

>だけど相手は亜紀ではないと思います。
>そんな安易な流れではなく…たぶん。

そうですよね。
身近な人が当てはまると、そう考えてしまうのも無理は無いように思いますが〜(苦笑)
靴に泥が着く位の行動力は、アカンでしょう、亜紀の妊娠は無いと思いました。
LB56
2015/04/19 02:31
「嫉妬は正義の服を着てやって来る。」
LB56さんも「Dr.倫太郎」を観てますね。^^;
書店が舞台のこっちの方が重くなくて絶対いいですね!
同じお仕事物でも全然違います。

渡辺麻友が好印象でした。(^^)v
kanata
2015/04/19 14:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「戦う!書店ガール」第1話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる