Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」第5話 感想

<<   作成日時 : 2015/11/18 18:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 エレベーターのドアが開くと里見とカラが接近して立っていました。
 猪熊は気分を害して去って行きます。
 病院から見舞いに来た女性がいると里見に連絡が入ります。
 慌てて駆け付けると、アイとレナでした。
 里見はアイとレナにカラの画像を見せ、調査協力を頼みます。
 二人は里見の頼みを快く引き受け、レナはカラのキャバクラに勤める事になります。
 アイはカラの住所を突き止めました。

 一方、猪熊は千歳(山口紗弥加)に里見との事を話します。
 千歳からの助言で猪熊は里見の事をよく知りたいと思います。
 巡査時代の事件の資料を調べました。
 酒屋の事件の被害者について聞き込みをします。
 被害者には彼女がいたようでした。
 花束を持って家を尋ねます。
 父親からパソコンの画像を見せてもらいました。
 カラに似た女性が写っていました。

 里見とアイはカラのアパートへ侵入します。
 そこは白く無機質で、何もない部屋でした。
 間仕切りのカーテンと広い部屋とキッチン。
 シンクの下にアルミの缶がありました。
 中に錠剤が。
 カラが早退したと、レナから知らせが入ります。
 二人は急いで引き上げます。

 間仕切りのカーテンの幅を計り、何者かが侵入したと気づくカラ。

 今度は里見の部屋にカラが忍び込みます。

 部屋にやって来る猪熊。
 被害者と共に写っているのは、カラではないかと言います。
 里見もカラに8年前交際相手がいて、事件で亡くなったと聞いていました。
 里見が捜査に関わった事件でした。

 カラの部屋の段ボールにあった書籍や手錠から、警察に対する敵意があるのではと推測する里見。
 しかし二人の意見は平行線のまま口論に。

 部屋の隅に盗聴器が仕掛けられていました。
 二人の会話を向かいのマンションで聴いているカラ。
 

 そんな第5話!!

 酒屋の事件が関係ありそうですが、構成がそうとしか思えないようにしてあるので、分かりやすいですね。

 カラが有能過ぎるのか、里見と猪熊が抜けてるのか。
 これでは相手にならないですね。
 動きを全部読まれてるし、隙だらけ。
 里見はオープンにしない事でどんどん猪熊に疑われ…。
 敵に対する二人が物足りない存在です。


 それとなぜだろう、猪熊を演じる木村文乃がこのドラマでは合ってないのか、下手に見えます。
 甲高い声を上げてセリフを言う場面が唐突に感じられます。


 今はカラの強烈な存在感がドラマを盛り上げてますね。

 カーテンの間仕切りを定規で測るシーンはツボでした。

 



 渡さん、死んでなくて良かった。 (^^ゞ
 

あらすじ Yahoo!テレビより
カラ(菜々緒)の尾行を続ける里見(松坂桃李)は、猪熊(木村文乃)に彼女との浮気を疑われる。そんな中、念願の捜査一課への異動を打診された猪熊だが、里見との約束が引っ掛かり、返事を保留してしまう。単身での捜査に限界を感じた里見は、アイ(佐野ひなこ)とレナ(入山杏奈)に協力を依頼する。一方、里見との関係に悩む猪熊は、あらためて里見を知ろうと、彼がかつて手掛けた殺人事件について調べ始め、あることに気付く。


第1話  第2話  第3話  第4話



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サイレーン 刑事X彼女X完全悪女 第5話★口を開けて
サイレーン 刑事X彼女X完全悪女 第5話 カラ(菜々緒)の尾行を続ける里見(松坂桃李)は、猪熊(木村文乃)に彼女との浮気を疑われる。そんな中、念願の捜査一課への異動を打診された猪熊だが、里見との約束が引っ掛かり、返事を保留してしまう。単身での捜査に限界を感じた里見は、アイ(佐野ひなこ)とレナ(入山杏奈)に協力を依頼する。一方、里見との関係に悩む猪熊は、あらためて里見を知ろうと、彼がかつて手掛けた殺人事件について調べ始め、あることに気付く。エレベーターで里見(松坂桃李)に壁ドンされたところを猪熊... ...続きを見る
世事熟視〜コソダチP
2015/11/20 14:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」第5話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる