Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「家売るオンナ」最終回 感想

<<   作成日時 : 2016/09/19 13:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 「愛はお金です。」と言い切る三軒家チーフ。
 愛は言葉。愛は思いやり。いや、それよりもお金。
 葵とカンナ親子には、この切れ味鋭い台詞が一番良かったのでしょうね。
 グズグズ考えていても仕方ない。
 前を向いてひたすら歩いて行けと。
 物事の表裏一体を、三軒家チーフは適材適所で使い分けお客に提示し背中を押してきました。
 家を売ると同時に生き方の指南をしてきました。
 

 そして白洲美加(イモトアヤコ)にも仕事には向いていないから、守ってくれる人を見つけなさいとアドバイスします。
 これも人生のアドバイザー。


 会社の意向に逆らってビルを売った三軒家チーフ。
 

 一年後、屋代は海沿いの道を自転車で走っていました。不動産屋を開いている二人。
 あれは仕事だけのパートナー
 あの一軒家に一緒に暮らしてるのかな
 だったら…。
 でもあの物言い、万智の方が上司ですよね。


 庭野の妄想には笑えました。
 「側にいろよ。」っていきなり俺様キャラ
 無理有り過ぎ。
 近づいただけで「後ろに立つな!!」って一喝され。
 「甘えんな!!」と突き放され。
 庭野君、アタックしてガッカリ君でした。

 そう、甘えでしかないんでしょうね。チーフにとっては。
 あんなにまとわりついて頼りない男子、困りますよね。

 足立はしたたかで結構やり手。
 後に残された新宿営業所を上手くまとめて行きそうです。
  



 庭野と足立と屋代のコミカルなシーンがたまらなく面白かった。

 北川景子は全くブレずにあのキャラで通しましたね。
 クールで厳しくて、でも熱くて…。

 毎回、爽快な気分にさせてもらいました。



 続編、スペシャルなどいろいろ期待したいです。



あらすじ 公式サイトより
バー・ちちんぷいぷいの入っているビルの取り壊しが決まり立ち退きを迫られたと、こころ(臼田あさ美)が屋代(仲村トオル)を頼って新宿営業所に押しかける。なんとか店を救おうと、屋代はビルの空きテナントを埋めて、建物の価値を高めた上でビル一棟売却をしようとビルオーナーに提案。営業課一丸となって空きだらけのテナントを埋めるために奔走する。


そんな中、庭野(工藤阿須加)は万智(北川景子)が異動するという噂を聞き、なんとか引き止めたいと思うが言い出せず悩む。万智は、元プロバレリーナの望月葵(凰稀かなめ)を担当。足の不自由な娘のカンナ(堀田真由)のためにバリアフリーの家を探して欲しいと頼まれるが…。

ビルの一棟売却が軌道に乗り始めた矢先、会社の上層部から屋代にビルの案件から手を引くようにとお達しが出る。なんとビルの建て替えは本社が極秘で再開発を進めていた案件だったのだ。組織の一員として、ビルの売却を諦めようとする屋代に、万智は「そのビルはわたしが売ります」と宣言!天才的不動産屋・三軒家万智が進退をかけて思い描くビル一棟売却感動のシナリオとは一体!?



キャスト 
 万智(北川景子)
 屋代大(仲村トオル)
 庭野(工藤阿須加)、
 足立(千葉雄大)      

  第5話


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
家売るオンナ (第10話/最終回・2016/9/14) 感想
日本テレビ系・水曜ドラマ『家売るオンナ』(公式) 第10話/最終回『さらば三軒家!進退かけ最後の家爆売りGO』の感想。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog@FC2
2016/09/19 19:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「家売るオンナ」最終回 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる