Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「IQ246〜華麗なる事件簿〜」第9話 感想

<<   作成日時 : 2016/12/12 11:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 マリアTはやっぱり生きていましたね。
 病院の電気系統をハッキングして銀行のデータベースのパスワードを教えるように要求します。
 でも沙羅駆は共犯者を突き止め、マリアTと対決へ。
 賢正は銃で撃とうとしますが、それを止めに入った沙羅駆に当たってしまいます。
 そしてマリアTの策略によって、沙羅駆に射殺許可命令が出てしまいます…。

 来週はいよいよ最終回。

 ですが、あまり緊迫感は無いですね。
 全てに現実感が無いのでピンと来ないです。
 ハッキングの技術とかがどれだけ凄いのか分からないし。
 IQ300かぁ。
 それだけ優れた頭脳なら、研究開発や発明で活躍するでしょう。
 一般人の犯罪を手助けしても無意味な気がする。
 それにマリアTより低いIQ246の沙羅駆に謎、解かれてるし。
 

あらすじ 公式サイトより
奏子(土屋太鳳)の活躍により、殺人事件の容疑が晴れた沙羅駆(織田裕二)は無事に北鎌倉の屋敷に戻るが、戻った矢先、沙羅駆たちのもとに刑務所に拘留されているマリア・T(中谷美紀)が服毒自殺を謀り、搬送先の病院で息を引き取ったとの連絡が入る。

すると時を同じくして御前会議のメンバーの黒木(上杉祥三)が法門寺家に来訪。対面した沙羅駆は黒木から政財界のある要人が手術で極秘入院することになった為、秘密裡に警護の指揮を執って欲しいと要請される。賢丈(寺島進)は黒木の要請を引き受けるよう沙羅駆を促がすが、沙羅駆はマリア・Tの件を解くことが優先だと、黒木の申し出を即座に拒否する。


その後、沙羅駆は奏子と賢正(ディーン・フジオカ)を伴い、法医解剖室へマリア・Tの遺体を確認に訪れる。遺体と対面した沙羅駆はマリア・Tの遺体を一目見た途端、あることに気付く。そして、マリア・Tが自分たちを監視していると察した沙羅駆が解剖室の監視カメラに呼びかけると案の定、解剖室のパソコンにマリア・Tが姿を現し、「あなたの大切なものが、私の手の中にある」との意味深な言葉を残して消えてしまう。マリア・Tの挑発に憤る賢正。と、そんな賢正に賢丈が車にはねられ病院へ搬送されたとの連絡が入り、沙羅駆ら3人は病院へと急行する。沙羅駆たちが見守る中、賢丈の手術が始まるのだが、その矢先、病院内の電気が停電。沙羅駆は病院の電源が何者かによってハッキングされ、オペ中の賢丈の命はもちろん、病院の患者全員の命がマリア・Tに掌握されてしまったと悟る。

と、そんな沙羅駆に、警視総監の棚田(篠井英介)から沙羅駆が警護の指揮を依頼されていた要人つまり御前様(井上真樹夫)が入院する病院の電源がハッキングされてしまった為、沙羅駆に病院へ来て欲しいとの連絡が入る。
奇しくも御前様が入院した病院とは賢丈と同じ病院であった……。



  第1話  第2話  第3話  第4話
  第5話  第6話  第7話  第8話

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
IQ246〜華麗なる事件簿〜 第9話
沙羅駆(織田裕二)たちの元に、マリアT(中谷美紀)が服毒自殺を図り、搬送先の病院で息を引き取ったとの連絡が入ります。 ...続きを見る
ぷち丸くんの日常日記
2016/12/12 11:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「IQ246〜華麗なる事件簿〜」第9話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる