Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「リバース」第6話 感想

<<   作成日時 : 2017/05/20 13:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 小笠原に連れられ、スーパーの食料品売り場にやってきた深瀬。一人の男を見ています。近づいて確かめるよう、小笠原に言われて側に行きます。耳のピアスに見覚えがありました。男が気付き逃げ出します。捕まえて告発文の事を問いただします。
 美穂子の店に送ったのと、深瀬の部屋のドアに貼った手書きのは認めました。しかし村井や浅見たちの事は知りませんでした。
 警察に連行され、美穂子をつけていた犯人が分かり、二人は話します。
 自分は心が狭いと美穂子。
 深瀬は否定し、素敵な女性だと言います。
 厳しい方がいいと。
 
 深瀬と浅見は、過去の事件を振り返るために長野を訪れます。
 春の景色の中で見る事件現場に言葉はありません。

 そして広沢の両親の住む愛媛へ向かいます。
 
 昌子は谷原が線路に落ちた日、東京へ来ていたようですが、谷原には会っていないと答えます。
 谷原が入院している事も知らない様子でした。
 二人は高校時代の広沢をよく知っている友達に紹介して欲しいと頼みます。
 居酒屋で友人たちが集まっていました。
 深瀬と浅見をよく思っていないのが口ぶりで分かりました。

 カワちゃんと言う彼女の写真を見せてもらいます。
 古川と言う友達もいたようです。

 高校の生徒がいなくなったと連絡を受け、浅見は一人で先に帰ります。

 深瀬は卒業アルバムの古川の写真を見ます。

 窓の外を見ると何者かが立っていました。
 追いかける深瀬…。
 
 そんな第6話でした。


 藤原竜也がカッコいいオーラを消し、深瀬に成り切ってるのが凄いと思います。
 回を重ねるごとにそう感じるようになりました。

 前回だったか、村井たちと待ち合わせの居酒屋へ向かうシーンがあったのですが。
 リュックのベルトを両手で持って、小走りで急いでるんですよね。
 ああいう所に生真面目な感じがよく出ているなぁと。
 細かい立ち居振る舞い、歩き方、話し方、表情。
 全てが誠実で不器用な深瀬です。

 コスチュームも地味で目立たない。
 何かちょっとダサい雰囲気。
 どこにでもいる人に見える。

 
 玉森裕太も浅見先生だし、片平なぎさも広沢の母そのものだし、皆さんの演技に力があって伝わってきます。




 事件の真相も気になります。
 
 広沢の恋人が鍵を握っている?

 村井は自宅に監禁されているのでは?

 古川は犯人ではないような気もするし…。

 次回が待ち遠しいです。


あらすじ Yahoo!テレビより
村井(三浦貴大)や谷原(市原隼人)を心配する深瀬(藤原竜也)は、谷原の病室に明日香(門脇麦)を訪ねる。広沢(小池徹平)の死への村井の関与を疑う明日香は、当時の兄の行動を深瀬に伝える。一方、小笠原(武田鉄矢)からの情報で、美穂子(戸田恵梨香)をつけ回す男の正体が判明。そんな中、改めて10年前のことを知りたいと願う深瀬と浅見(玉森裕太)は再び長野へ。その後、広沢の母・昌子(片平なぎさ)を訪ね、愛媛に行く。

  第3話  第4話  第5話


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「リバース」第6話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる