アクセスカウンタ

<<  2017年5月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
「貴族探偵」第7話 感想
 喜多見切子が今回は事件の謎を解く探偵として登場しました。  武井咲に比べると井川遥は大人ですね。声のトーンも落ち着いていて、いつもの貴族探偵とは雰囲気が違いました。事件は、糸で鍵を服のポケットに入れるとかバッグの中に落とすとか、そういうトリックは今まで見た事がありますよね。  服に小さな穴があるというので、それは想像つきました。  床におちた糸のDNAを調べられないように、洗剤を水鉄砲でかけたんですね。バッグが入れ替わったのでもう一度部屋に入って糸を交換し口紅をつけた。  床を乾燥させ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/29 23:46
「リバース」第7話 感想
 広沢の恋人はカワベと言う名で、八王子でナースをしている事が分かった。  谷原は意識を取り戻し、事件の現場でテントウムシの背に30と書いてあるキーホルダーを拾ったと話す。  村井は自宅に監禁されていたが、解放される。  谷原は早期希望退職を迫られていた。  美穂子は母の看病のために大阪にいる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/27 12:48
「貴族探偵」第6話 感想
 事件の再現を使用人が演じるので分かり辛いなぁ。  ゴチャゴチャしてて謎解きがスッキリと入って来ないです。というか、もう謎解き自体には興味が持てないような作りになってるね、このドラマは。  貴族探偵の御前様そのものが時代錯誤で国籍不明の現実離れした存在だから、せめて事件の舞台&背景はリアルな現代で描いて欲しいです。  第4話は舞台の和と御前様の洋の対比が面白かった。  地下アイドルという存在もネット社会も「今」だったし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/23 14:59
不機嫌な女と対処できない女
 子供の頃、両親のケンカが始まると私は何も言えずに固まっていた。父親の競艇場通いが母に知れ、言い争いが始まる。子供の私にはどうにもできない状況だ。  母の甲高い声、責め立てる声、金切り声に身がすくんだ。  静かになったところで両親が仲良くなるわけではない。  重苦しい険悪な空気だ。    私はそうやって他者のトラブルの渦中で成長した。  それに対処する方法を学ばず大人になった。  大人になった今でも、険悪な空気に不安を感じ、緊張する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/20 22:18
「リバース」第6話 感想
 小笠原に連れられ、スーパーの食料品売り場にやってきた深瀬。一人の男を見ています。近づいて確かめるよう、小笠原に言われて側に行きます。耳のピアスに見覚えがありました。男が気付き逃げ出します。捕まえて告発文の事を問いただします。  美穂子の店に送ったのと、深瀬の部屋のドアに貼った手書きのは認めました。しかし村井や浅見たちの事は知りませんでした。  警察に連行され、美穂子をつけていた犯人が分かり、二人は話します。  自分は心が狭いと美穂子。  深瀬は否定し、素敵な女性だと言います。  厳し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/20 13:00
不機嫌な女と対処できない女
 子供の頃、両親のケンカが始まると私は何も言えずに固まっていた。父親の競艇場通いが母に知れ、言い争いが始まる。子供の私にはどうにもできない状況だ。  母の甲高い声、責め立てる声、金切り声に身がすくんだ。  静かになったところで両親が仲良くなるわけではない。  重苦しい険悪な空気だ。    私はそうやって他者のトラブルの渦中で成長した。  それに対処する方法を学ばず大人になった。  大人になった今でも、険悪な空気に不安を感じ、緊張する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/19 18:01
不機嫌な女と対処できない女
 子供の頃、両親のケンカが始まると私は何も言えずに固まっていた。父親の競艇場通いが母に知れ、言い争いが始まる。子供の私にはどうにもできない状況だ。  母の甲高い声、責め立てる声、金切り声に身がすくんだ。  静かになったところで両親が仲良くなるわけではない。  重苦しい険悪な空気だ。    私はそうやって他者のトラブルの渦中で成長した。  それに対処する方法を学ばず大人になった。  大人になった今でも、険悪な空気に不安を感じ、緊張する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/18 18:01
自滅する女〜詩6編
 誘われた方の自己責任です。  誘った方に責任は無いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/17 22:06
「幸福」を餌にするカルト、「回復」を餌にする…。
 A子さんはまるでカルト(新興宗教団体)の幹部みたいだ。  回復を餌に人を無償の活動に駆り出そうとする。  自分が進んで自発的に動く分には問題ないのだが、それを他人に要求した時点で12ステップの考えに反する。  回復するからと文言を付けて誘導するのも問題有りかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/17 18:15
「貴族探偵」第5話 感想
 相葉君が加藤あいの手を握るシーンはドキドキしちゃいましたよ〜。(笑)イメージと違うセリフも少し慣れて来ました!(*^^*)  いつでもどんな状況でも美しい女性を見たら口説くのを忘れない、御前様。  御前様のコスチュームって欧州の18世紀位(?)の感じですね。  外見は日本人にしか見えない。  だからコスプレだし国籍不明。(笑)  舞台装置も何もかも現実離れしています…。  中身もかなり現代からは遠い雰囲気。  騎士道精神っぽいのかなぁ。  騎士は中世ヨーロッパだから、もっと古く... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/05/16 15:41
B子さん(仲間)へのメッセージ U
 当日の朝、呼び出せるのは社会通念上、女王様の立ち位置の人です。  目下の者が目上の人をその日の朝、呼び出すなんてまず有り得ないですから。  相手にも生活があって、その日の予定がある事を分かってないし、考えようともしてない。   『配慮の欠如』です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/14 18:48
B子さん(仲間)へのメッセージ
 B子さんへ。  最近ミーティングで会えてないので、Gメールを送る事にしました。  私は過去3年間に5回「どこに住んでるんですか?」とA子さんに聞かれた事があります。  その都度答えてはいたのですが、「ああ、この人は私には興味ないんだなぁ。」と感じていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/14 18:03
「リバース」第5話 感想
 村井の奥さんを演じている女優さん、顔も役柄も強烈なインパクトがあって初回から気になっていました。ネットの感想サイトに情報もあって、調べるとやっぱり両親は水谷豊と伊藤蘭!  なるほど〜。伊藤蘭に目のあたりがよく似てるかなぁ〜。  両親それぞれの特徴をデフォルメした形で引き継いでる様な。  凄く個性的なお顔ですよね。  また部屋の中をゴミ袋の山にしたりと演じる役柄もキツくて…。  個性派、二世女優の怪演ですね。  夫役が三浦貴大だし、これは受けますよ。  受けを狙ったキャスティングと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/13 21:54
「貴族探偵」第4話 感想
 山奥の吊り橋を渡って辿り着いた温泉で殺人事件が…。  偶然貴族様も女性と一緒に訪れていました。(笑)  いづな様の儀式と地下アイドルの自殺、和の舞台に洋の貴族様のコスチューム。  不思議な世界観とお決まりのパターンで、時間拡大延長の見応え十分な(!?)第4話でした!!  ロケーションが良かった。  古い日本家屋の風情と独特の因習の様な儀式。  映画のようでした。  力が入ってる、お金をかけたエンタテイメントですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2017/05/09 13:51
「リバース」第4話 感想
 線路に転落した谷原は、命に別状はないものの意識不明です。  何者かに突き落とされたとの情報もありました。深瀬と浅見、村井が居酒屋で集まります。その日草野球をしていた谷原。  駅から帽子をかぶった女が走り去るのが目撃されていました。  スマホの画像を見ると、草野球チームの背景に女の姿が写っていました。  広沢の母親のようにも見えます。  わざわざ愛媛からと3人は動揺します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/06 16:21
「貴族探偵」第3話 感想
 遥に事件の捜査を依頼される愛香。  現場に出向いて調べ始めますが、そこに御前様ご一行が!!  あのテントが凄い。いつ見ても。(笑)サーカスのテントよりは小さいか。でも中の内装がまたゴージャス。  さすが貴族様。  椅子とかソファーとか調度品が高級そうで、移動式テントの中とは思えません。(笑)  運ぶのにどれだけ使用人が要る?  さて、事件の真相を推理する愛香。  トリックを暴きますが、それは途中まで当たっていました。  真犯人は貴族の使用人たちが再現し、言い当てます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/02 00:13

<<  2017年5月のブログ記事  >> 

トップへ

新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
Kanataのお部屋へようこそ 2017年5月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる