お高くとまった二人

 私がどれだけテストの結果を気にしてるか、声の調子でわかったはずだよ。
 「もう悠長なことはしてられない。」
 私ママにそう言ったよね。本人とじゃ話にならないから、ママに電話したんだよ。
 事実を知ったらその場で連絡するのが筋じゃないの?
 携帯電話もそのために持ってるんでしょ?
 受験すらしてなかったなんて。

 この時の一件が、ママと坊やの悪行の集大成だね。
 二人の本質の全てさ。
 クレームの電話は素早く、肝心な報告は入れない。
 大切な情報は止めてしまう。
 それで習いに来て、合格に向けて指導しろと要求する。
 自分たちには欠点なんてありませんみたいに澄ましてて、
絶対に本音を言わない。本心を見せない。
 人を閉め出して指図だけする。
  
 指図と文句をつけてくるだけで、自分たち二人で勝手に決めて、
それで将来合格すると思い込んでる。私のことも指導者とは見てないよね。
 自分に甘く 他人に厳しく 
 それでも通用してきたんだよね。







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック