禁じられた学び Ⅱ

 中学の時、生徒のクラブは水泳だった。
 「部活が盛んなのは夏場が中心。他の季節はトレーニングはあっても、そんなに練習に時間をとられない。」
 生徒が中学生の時に、確かそんな風に聞いた記憶がある。
 だから母親の指針だよね。

 勉強やレッスンにそれほど支障なく。
 しかも体も鍛えられるし、賢い選択かもしれない。


 高校生になった時「クラブ何に入るの?」って生徒に尋ねた。
 本人は「テニス部」がいいと具体的な希望を言ってた。
 だから私はてっきりテニス部へ入部したものと思っていた。
 それ以降、その話題はレッスン中出なかったし、私も気に止めてなかった。


 夏の発表会当日、親子と顔を合わせたんだけど、その時、また水泳部に入ったって聞いてちょっと「えっ?」て思った。

 生徒は意識的にその話題を避けてたような、そんな気がした。

 「トレーニングと実際水に入って泳ぐのは夏だけだし、それ以外の季節は比較的時間の余裕がある。」からと、水泳部にした理由を母親が説明した。
 高校だから受験がある。中間、期末テストも大切だけど、メインは大学に向けての勉強。

 なるほど、受験に向けてのクラブ活動選び。
 それにしても中学の時と全く同じ事を言う母親。
 揺るぎがなく、徹底している。
 生徒も抵抗もせずにそのまま従うのかなぁと思った。

 日々の生活の中でどんな会話で制御して誘導していくのか、だいたい見える。
 生徒の母親から電話がかかるとすごく長い。
 だからあんなゆっくり優しい感じで、押したり引いたり、駆け引きしながら、少しづつ息子が折れるように仕向けていくんだと思う。
 
 
 大人の母親の考えだからね。

 他人の家のことだし私がとやかくは言えない。





 でもなんか、その後感じたんだけど。
 テニス部って確かに部活がハードそうだけど、それだけじゃなく、ラケットとかウエアとか結構出費が多いんじゃないかな?
 
 水泳って公立の学校なので、温水プールみたいな大掛かりな施設がある訳ではない。
 (ドームの中の温水プールなら維持費、経費がかかるだろうけど。)
 テニス部の方が水泳部よりお金がかかる気がする。


 お金に細かくてうるさいあのお母さんのことだから。
 いろいろ計算というか、思惑もあるのかもしれない。  

 

 まあどうでもいいことなんだけど。 













ノンフィクション
『エリート志向の闇~平気で嘘をつく子供』の紹介記事でした。


 タイトル一覧
 あらすじ 

 全記事のタイトルは右サイドバーのテーマ<独裁者>
 または<嘘>をクリックして下さい。
 前半と後半に分かれて記事が順に並びます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック