Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 薄っぺらな知性

<<   作成日時 : 2010/06/28 08:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「作曲は難しいけど、個人レッスンで習う演奏は楽譜通りに弾くだけだから、簡単だと思うんです。」 母親に昔、こう言われた事があったんだよね。

 息子がまだ小学生の頃、「グレード取得させます。」って一人で教室にやって来て、私にそう伝えた時の事。私は黙って聞いてるだけだった。
 その頃、坊やは練習を嫌がってた。そんな先の高い目標を掲げられてもね。目の前のハードルをひとつひとつ超えるのに手一杯の時に。
 あまりにも現実感がなくて、その時は聞き流してやり過ごした。

 楽譜通りに弾いても合格しなかった。
 10年後の結論がこれ。


 今もハッキリとはしてないんだけど、このお母さん、音楽のグレード試験を事務系の技能検定と性質が同じと思ってるんじゃないかな。
 事務関連の技術は速さと正確さが合格ラインを決めるよね。
 グレードの合格ラインって制限時間内に指をどれだけ速く正確に動かせるかじゃないからね。
 一番必要なのは、演奏にどれだけ伝わってくるものが有るか…だよね。
 これって理屈じゃないし、言葉にし辛いんだけど。

 だから事務関連の技術資格と、音楽の資格は異なるもの。
 これをこのお母さん認識してなかったのかもしれない。
 

 息子は独学でピアノの超難しい曲をすらすら弾けるようになった。模倣至上主義だよね。コピーなんだよ。真似という枠組みの中だけで完成してしまった。
 これがこの人の育つ過程で培った最高に素晴らしいもの。輝くものなんじゃないかな。丸々母親の掲げた夢や希望を息子なりに体現したものじゃないかと思う。
 退屈で気の遠くなるような指の訓練、単調な指の鍛錬を一切飛ばして、華麗な曲の演奏という美味しいとこ取り。
 なので音の強弱は均一化されている。生の演奏でもイヤホンから聴き取った音のように聞こえるのはそのため。 
 
 自分にとって都合のいいところだけ取ろうとする。
 自分が楽しむ事に終始してる。
 オルガンのグレードテストがつまらなく感じるのは当たり前だね。
 元々出来上がった芸術性の高い贅沢な曲を奏でるほうが楽しいに決まってる。

 息子はそちらへ傾倒し、オルガンのレッスンは上の空になってしまった。
 どちらにしても趣味で楽しむなら問題ないよ。


 ここへ母親が最初に決めた目標を固持するから話がややこしくなる。




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
薄っぺらな知性 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる