レベルマックスの悪質さ

 一番最初の試験で遅刻で失格になってたのを、一ヶ月もの間隠してた生徒。
 黙ったままレッスンには顔を出してた。何食わぬ顔で。
 何を指定されて弾いたのかは、適当に曲名を答えてごまかした。
 試験管の人にどんな批評されたのか尋ねたら、「記憶してません。」て答えた。

 その時、変だとまでは思わなかった。
 まさか受験してないなんて夢にも思わない。
 合格か不合格か、気になるだけだった。
 待つだけだった。
 とにかく当日の様子が全く伝わって来ない。

 今までも必要なものを持ってこなかったり、頼りにならない事があったから、念のために採点表を届いたら紛失しないように保管して、レッスンの日持って来るよう母親に電話して頼んでおいた。

 それが三週間目くらいの事だったと思う。


 その後のレッスン日、教室へ入る際、ドアを押しながら私に向かって「気になりますね。」そう投げかけたんだよね。
 先生が気になるのは当然のこと。
 まるで他人事みたいな口振りだった。

 でもその時も何か変、とまでは疑わなかった。


 それでレッスンが終わって、車に戻ってから、母親に本当のことをしゃべったらしい。これ以上隠してられないと思ったそうだ。

 私が母親に採点表の事を電話で頼んでなかったら、まだ先延ばしにして、うやむやにするつもりだったかもしれない。
 それで先に母親に告白しておいて、私には連絡しない。
 次の週、やっと本当のことを知る運びになる。




 結局、待っても意味のない一ヶ月だったって事。




 10月いっぱいがそれで、11月には気持ちを立て直すものの、12月に入ると前半だけで後は休むって。
 受験するはずだった日から三ヶ月ものブランク。


 普通に考えても集中力が途切れるし、テンションが維持できない。
 この空白は大きかった。
 この親子には何も分かってない。

 肝心なところでは知らない振りをする母親。
 クレーム電話は素早いのに、こんな大切な事を放置する。



 あの時もちょっと妙な感じはした。
 採点表の事で電話した時だ。
 本人は試験管の批評内容も「記憶にありません。」そう言ってると母親に告げた。
 話の終わりの方で甲高く笑ってた。

 お母さん笑ってた。

 よく知ってる息子の言動だからね。
 何か怪しいってその時ちょっと感じてたのかもしれない。
 だったら息子から打ち明けられた時、携帯で知らせて欲しかった。
 不在でも何度でもかけ直してよ。
 次の日の昼間でもいい、谷藤さん、あなたクレーム電話は迅速にかけてきてたじゃない。




 だからピントがズレてるんだよ。


 「ついてました。」
 …だって。



 休む事を連絡し忘れたり、発表会費が遅れたり、その他の様々な細かい事は仕方ないなで受け流してきた。
 ストレスやイライラを募らせる事でも、大切な生徒だからやり過ごしてきた。

 でもこれは違う。
 次元が違う。
 それまでの失礼な態度やいいかげんさとは全然違うレベルの事。


 それに気づいてないんだよね。この親子は。

 その時も。おそらく今現在も。







ノンフィクション
『エリート志向の闇~平気で嘘をつく子供』

 関連記事
 「パジェロに乗る女 ①」
 「パジェロに乗る女 ②」

 「楽譜を買わない生徒」
 「豊かさに囲まれた貧困」 

 「育ちの良さと卑しさと」 

 「統一されない素顔」

 タイトル一覧
 あらすじ 

 全記事のタイトルは右サイドバーのテーマ<独裁者>
 または<嘘>をクリックして下さい。
 前半と後半に分かれて記事が順に並びます。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック