「幸せになろうよ」第4話感想

 高倉純平(香取慎吾)は、柳沢春菜(黒木メイサ)と小松原進(大倉孝二)のデートプランを計画し、何とか上手く行くよう心を砕く。
 彼女の元カレが矢代英彦(藤木直人)だったと知り動揺を隠せない。 

 純平を好きな桜木まりか(仲里依紗)は熱心な様子が気になる。


 なんだかんだ言って春菜と矢代はメールや電話で連絡を取り合っている。

 デートしてはいなくても交流はある。

 『B-ring』を退会すると申し出たかと思えば、撤回。
 そして小松原進(大倉孝二)とのデートに合わせて春菜に誘いをかけて、それを純平に教えたり、周囲の人間も全部巻き込んで振り回す矢代。

 彼女の心を見透かしていつも笑顔で余裕のある矢代。

 対する純平は激しい感情を抑えつつ、それでも目を潤ませながら抗議する。必死の訴え。

 そして彼女のためと思って行動する事が裏目に出てしまう…。



 春菜と矢代の二人の恋愛トラブルなんだよね。

 自分達だけで解決できないんだね。
 彼女の事を好きだといいながらも、お腹の大きい妻(入籍してないから同居している女性)とは一向に別れるような気配も見せてはいないし。


 …とまあ、こういう自分勝手で外見のいい男がライバルであればあるほど、慎吾君の存在も際立つって事なのか。

 対比だよね。

 藤木直人の存在があるから、純平のキャラが更に実直で生真面目で誠実で引き立つというか。

 だいたいこんな自分勝手な矢代と春菜の駆け引きに小松原さんまで巻き込まれて…。
 一応最初から相手にされない存在だっていうのは分かってるんだけど。
 それにしても、エンディングにも登場しないし、春菜の相手には論外というか、圏外って扱いなのね。小松原さんは。^^;
 か…かわいそ…(汗)
 き…きのどく…(汗)

 人の気持ちを考えられない本当に腹立たしい二人。
 けど、ヒロイン。そしてヒロインの恋しい彼、王子様。
 あのお腹の大きい「妻」の役割も結局小松原さんと同じなのね…。 ^^;


 黒木メイサと藤木直人だからなァ。

 この二人の魅力で持ってるのか、恋の行方が気になる。

 

 来週は慎吾君がこの恋に参戦か…?

 いつまでもアドバイザーなんてやってられないよね。


 





キャスト
 高倉純平(香取慎吾) 柳沢春菜(黒木メイサ)
 矢代英彦(藤木直人) 桜木まりか(仲里依紗)
 上野隆雄(綾部祐二) 柳沢優次(玉森裕太)
 小松原進(大倉孝二) 高原早苗(高畑淳子)
 河原新造(橋本さとし) 松下みゆき(国仲涼子)
 高倉美津枝 (原田美枝子) 柳沢匠悟(小林薫)




    第3話    第2話    第1話

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック