欲張る女~ローンで苦しい家庭

 習い続ける限り、楽譜がその都度必要。ローンを組む時にそういう教材費の事まで考えてない、この保護者は。
 楽器と月謝だけで済む計算だから。余剰金が少ないから、ギスギスしてくる。
 それじゃご主人の収入の増えた意味がない。
「欲望の上限」 
 発表会費の締め切りが迫っているので、私は生徒の母親に電話した。

 いくつかやりとりがあって 間に合わないと困るので、持ってきていただけるようにお願いすると、相手は黙ってる。
 電話で相手に沈黙されると どうしようと思う。
 仕方なく「じゃあ、私立て替えておきます。」と言うしかなかった。

 この生徒の母親はこういう時、はっきりしゃべらない。
 困らせて相手が動くのを待つ。上手いよね。




 その頃生徒は グループと個人レッスン併用のコースに入ってた。

 当然、月謝は2倍かかる。
 発表会は個人の方は自由参加だったけど、出演してた。もちろん、参加費用も倍近くかかることになる。    
 「度胸を付けさせたい。」母親はそう言っていた。個人出演は度胸が試される。なのでグループだけでなく、両方出て、子供にたくさんの経験を積ませたい。
 そういう願いが感じ取れた。

 生徒がレッスンを嫌がって、どうしようもなかった頃。
 母親はすごく熱心だった。


 その頃、社宅にお住まいだった。
 妹さんもいるし、下の弟さんはまだ小さい。  
 家計の中から教育費に使える分は全てつぎ込んでいた。
 そんな感じに見て取れた。
 何かをあきらめるという発想は無かったのかもしれない。


 あれも これも ママは欲張り


 それ以降もパターンは同じ。変わらない。

 これは私の推測だけど、たぶん夫の収入が増えていくのと比例して、支出の上限ギリギリいっぱいまで、欲しい物を手に入れていったのではないかと。

 高額な楽器、一戸建て、4WDの大型車、…。たぶん次々とローンを組んでいったんだと思う。
 それだけじゃない。子供の将来の大学資金、これもたぶん積み立てだと思う。
 そして3人の月謝も通帳から引き落とされる。 

 夫の収入がいくら増えても、支出も増えれば同じ。どこまでいっても余裕が無い。
 だからいつも、いっぱいいっぱいだったんじゃないか?
 なので教材費に回って来ない。

 どんな生活をされてもそのご家庭の自由。
 ただ先生が立て替えたお金くらいは積極的に支払って欲しかった。

 発表会費も期日までに間に合わない。遅かったり足りなかったり。 

 曲も選んで練習に入って、準備は進んでる。
 承知してるはず。その気でいるんだから。
 発表会シーズンも毎年決まっててわかってるはず。
 参加費用位、取っておいて下さいよ。



 13年間、何も変わらなかった。


 私が嫌でならなかったのは、とにかく財布からのお金を出し渋る事。
 
 その家庭の優先順位の一番後にされていると感じたこと。

 趣味で習う人よりもテキストの数が少ない。
 あの縛りのキツい状況でグレード取得を目指していた。
 テキストの数が少な過ぎてレパートリーを選ぼうにも…。
 
 



「高所得で貧しい家庭」 
 いつも車を止めてる場所、そのすぐ後ろに駐車場がある。
 30分100円の。
 ただ、駐車場に預けてる様子は私の知る限り、記憶する限りでは無かった。だから子供がレッスン終了して戻ってくるまで、ずっとその場所に待機してるのか、それとも他の場所、例えばダイエーに移動して買い物してるのかは分からないけど、40分程度の時間をそれなりに過ごしてたんだろうね。
 私が帰り際に見るとすれば、車を離れずに中で待ってる母親の姿。冬もエンジンを止めて。冷えるよね。いくらなんでも。
 地球環境のことを考えて? 
 違うよ。節約だよね。




 そんな姿を断片ではあるけど見てきたら、こちらもビジネスライクの事務的な対応はできなくなる。125円前後の小銭のことでクレーム電話が入った時も、仕方がないかなぁと思った。その時はそんな行為と高額な車を所有してる事が結びつかない。

 家計がローンでキツかった。そうとしか思えない。

 銀行口座からは毎月、数多くのお金が引き落とされるはず。
 手にできる現金は限られる。
 子供3人を含めて、文化的な生活を送るには一定の金額が要る。
 衣食住の衣と食は削れない。学校で必要な諸経費、雑費も削れない。もちろんご主人の日々のお小遣いも。
 だから数ヶ月に1度ほどとはいえ、この母親にとって楽譜代を支払うのはうっとうしくて仕方ないんだよ。
 

 習い続ける限り、楽譜がその都度必要になるのは、大人なら誰でも分かる事。そういう教材費の事まで考えてないんだね。
 ローンを組む時に、この母親は。
 楽器と月謝だけで済むんだと、そんな計算の仕方としか思えない。


 臨時の出費のための余裕を残してない気がする。
 

 余剰分が少ないから、ギスギスしてくる。
 それじゃご主人の収入の増えた意味がない。
 何かをあきらめるって発想もない。

 私がこの親子に持つ印象は、必要な物を買い渋るケチ。
 こっちが立て替えたお金もすぐに支払おうという姿勢を見せない。
 それにわずかな金額でも、使う時は母親の了承、承諾が要る。
  「巻きついた鎖」参照
 
 年収は多いお宅なのに、相反するもの、両立しないもの、あれもこれも同時に手を伸ばして手に入れようとして、首が絞まってる。
 そんな感じがする。
 
「ひとりごと」 
 立て替えた楽譜のお金をお支払い下さい。 

 貸した即興のテキストをいいかげん返して下さい。
 (もう1年になる。
 ことらが催促しなかったら、返却する気はないみたい。
 口頭では駄目。
 手紙を書かないと…)


 『エリート志向の闇~平気で嘘をつく子供』の紹介記事でした。
 「受話器の向こうの沈黙」
                      
 「酸欠と蒸し暑い午後」

 「楽譜を買わない生徒」

 「危ない思考回路」など参照して下さい。

 その他の記事はタイトル一覧からご覧下さい。
 またはテーマ<独裁者><嘘>で記事が順に並びます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック