「ラッキーセブン」第5話感想

 防犯カメラの映像を調べ、新田のマンションに出入りした人物を解析する探偵たち。
 そこに依頼主、林原浩志(正名僕蔵)の姿が。
 なぜこの男が新田の部屋を訪れているのか。

 料亭の女将に、愛人が店を訪れているような雰囲気や素振りを感じ取れないと言った、駿太郎の何気ない言葉を思い出す淳平。
 そして依頼主の林原が事件の張本人であると推測。

 住所を調べようにも警察に押収されている書類。
 桐原由貴(吹石一恵)にかけあうが、最初からそんな書類もデータもなかったと言う。

 いったい誰が持ち去ったのか?


 新田が姿を消す前の夜、事務所で何かをシュレッダーにかけていた事を思い出す駿太郎。
 証拠を残さず自分ひとりが全てをかぶる覚悟でいたのだと気づく。
 警察が押収する前に関係書類を処分していたのだ。
 その中に依頼書があるはずだ。

 資源ごみの回収はいつだったかと茅野メイ(入来茉里)が気づき、慌てて回収車を追いかける駿太郎と飛鳥。

 ビニールのプールに水を張り、細かく裁断された紙を入れる。
 依頼書はコーヒーをこぼしたので他の紙より重くなっている。
 沈んだ紙切れがそうなので、浮いているのをすくって取り除く。

 そして乾かしパズルのように並べる作業をする彼ら。 

 そして林原の顔写真と住所を入手。
 林原と名乗ったその男は、他人の名前と住所を拝借していて、本物の林原に写真を見せ、見覚えがないかと尋ねると、「犬を捜してくれた探偵。」だと答えた。
 居場所を突き止めるために聞き込みに走り回る。

 そんな彼らの活躍とは別に、社長は参事官の家に新田の事件を捜査してもらえないか頼みに行くが、彼はもう参事官をやめる事になったと言う。

 聴聞会が開かれる。

 しかし林原が逮捕され、探偵社に押収された荷物が戻る。
 一件落着。
 
 林原は取調室で「高橋」と名乗る男に頼まれたと話し、会ったことはないと供述。



 駿太郎の家の前におしるこの缶が。

 新田だと分かった駿太郎は姿を追う。

 新田は稼業を継ぐ事に決めたと話す。

 



 第5話は、動きのなかった前回が嘘のよう。
 ターゲットを絞ると彼らは独自の勘と行動力で探って行きます。

 だけど事件は政治家や警察関係者の関与をほのめかして、話しが大きいように見せかけただけの感じ。
 事件そのものに興味をそそられなかったです。
 イマイチでした。

 ただ彼らの活躍や捜査の手法が面白いと思いました。




 

 新田は来週から登場しなくなるみたいですね。

 瑛太のお仕事の都合?
 ドラマの途中で、半分で消えるのはつまらないです。 (・・。)ゞ



 逆に社長の出番はこれまでの中で一番多かったですね。
 皆さん掛け持ちでお仕事ご苦労様です。

 社長のお父さんの16年前の事件がどうとか…。
 これで最終回まで引っ張るのかなぁ。
 あんまり興味ないっス。





 月9なのにテンション低いですゥ~。

 


あらすじ 公式サイトより
時多駿太郎(松本潤)の腕を振り払って新田輝(瑛太)が逃走した後、ラッキー探偵社には公安員会から呼び出しがかかった。聴聞会に藤崎瞳子(松嶋菜々子)が出席し、新田の件の事実確認が行われるという。その結果次第では、探偵社の営業停止もある、と筑紫昌義(角野卓造)は説明。旭淳平(大泉洋)は、探偵社が助かるためには新田の退職届を示し会社とは無関係だと主張することだと話し、水野飛鳥(仲里依紗)も賛同する。

探偵たちが暗いムードに包まれていると瞳子が来て、新田はうちの社員だから、と言って手にした退職届を破ってしまった。瞳子は、状況的には新田が犯人に見えるかもしれないが、何度考えても自分はそうは思えない。だから、この事件について自分たちなりの結論を出すために調べなおそう、と提案。駿太郎ら探偵たちも同意する。

早速、新田にかけられたふたつの容疑、住宅侵入と窃盗について洗い直しが始まるが、すぐに行き詰ってしまう。新田がここにいればすぐに説明がつくのに、という飛鳥に、駿太郎は新田の実家について聞いていたことを思い出す。そして、小さな手がかりをもとに、駿太郎は新田の実家と思われる豪邸の前にやってきた。インターホンを押すと家政婦が出て、新田とこの家はもう関係がないと主人が話していると言って、インターホンを切ってしまう。駿太郎が再度インターホンを押すと、後ろで女性の声がした。振り向くと、そこには新田の姉・真須子が立っていて…。



 第1話  第2話  第3話  第4話


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ラッキーセブン

    Excerpt: 第5話 Weblog: AKIRAのドラマノート racked: 2012-02-14 10:36
  • ラッキーセブン 第5話~主演・瑛太が勇退で、次回から「虹色に輝く」?

    Excerpt: 月9「ラッキーセブン」第5話 主演の瑛太が、今回で勇退!? 松潤が”一枚看板の主役”に昇格かぁ・・・。 結局、ジャニーズドラマになって『ラッキーセブンは虹色に輝く』? 主役偽装ドラマじ.. Weblog: 世事熟視~コソダチP racked: 2012-02-14 11:07
  • 【ラッキーセブン】第5話

    Excerpt: 先週に引き続きの… 輝は、なぜ逃げているのか?ラッキー探偵社はハメられているのか? 警察も信用できない… 「ラッキーセブン」第5話       ほんとにほんと.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2012-02-14 12:10
  • ラッキーセブン mission5:別れの予感、駆ける夜

    Excerpt: マジで瑛太退場なん?Σ( ̄▽ ̄ノ)ノえっ! 前回の感想で これまで散々瑛太に主役を食うような活躍をさせてたのも、 まさか途中退場する事が決まってて、だからこそ目立たせてたってわけじゃないよね とか.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2012-02-14 13:18
  • 「ラッキーセブン」第5話

    Excerpt: 5「別れの予感、駆ける夜」 視聴率15.2%  Weblog: またり、すばるくん。 racked: 2012-02-14 15:36
  • ラッキーセブン 第5話

    Excerpt: 第5話「別れの予感、駆ける夜」2012.2.13 MON ON-AIR 時多駿太郎(松本潤)の腕を振り払って新田輝(瑛太)が逃走した後、ラッキー探偵社には公安員会から呼び出しがかかった。聴聞会に藤.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2012-02-14 17:44
  • 『ラッキーセブン』 第5話「別れの予感、駆け抜ける夜」

    Excerpt:  相変わらず、何もしない探偵事務所、しかも、思わせぶりで何も明かさないドラマでした。実際、もう書く気も起らないのですが、前編について書いたので、その惰性です。 何もしない探偵たち  と書くと、語弊が.. Weblog: 英の放電日記 racked: 2012-02-14 23:28
  • ラッキーセブン (第5話 2/13) 感想

    Excerpt: 1/16からフジで始まったドラマ『ラッキーセブン』(公式)の第5話『別れの予感、駆ける夜』の感想。 なお、本作で感動した方や出演者のファンの皆さんは読むと不快になりますから、読まない方が.. Weblog: ディレクターの目線blog@FC2 racked: 2012-02-15 09:17
  • 別館の予備(銀魂’&ラッキーセブン)

    Excerpt: 2月15日 銀魂’&ラッキーセブン 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum090.. Weblog: スポーツ瓦版 racked: 2012-02-15 20:43
  • 「ラッキーセブン」第5話

    Excerpt: 輝はやってない!瞳子の輝を信じる決意は固く、探偵社のメンバーたちもそれに応えるべく調査に走る。駿太郎持ち前の勘の良さも効力を発揮し、徐々に黒幕の姿が見え始めるが…。 Weblog: fool's aspirin racked: 2012-02-18 23:25