楽器店のお客様~嘘つく生徒にケチなママ

 こんな生徒と保護者に無理して合わせる必要なかった。
 なかなか楽譜を買おうとしない。
 こっちが買いに行ったら、割引になってないと楽器店側にクレーム。
 立て替えた楽譜代の支払いは遅い。
 
 発表会費の支払いも遅い。

 ろくな習い方しない。
 貸した楽譜返さない。
 嘘つく。(これが一番最悪。)


「音楽教室の痛い親子」 
 13年間で変わった事と言えば、受付のコーナーが閉鎖され、このご一家が隣の市へ引っ越した事。

 そして数人いた他の生徒は、進学シーズンになるとひとりまたひとりと辞めていき、私の生徒はこの男の子だけになってしまった。
 先生は楽器店の社員ではないから、その生徒の来る時間帯だけ足を運べばいい。
 なので水曜日はこの生徒のためだけに教室を訪れる、そんな日々が続くようになった。


 受付が無くなった事で、ひとつの教室に備わっている機能は分散した。
 楽譜は電車で一駅乗って買いに行かなければならない。
 生徒が休むなどの連絡事項は、ここの教室からバスで15分くらいの別のセンター教室で取り合う事になった。
 受付の人に会ったことはない。
 いつも声だけの応答。お互いの状況は見えない。

 4部屋ある教室の個人の部屋を使用していた。
 最初に始める人がシャッターを上げ、最後の人がシャッターを降ろし戸締りをする。

 生徒の数は少なく、常に閑散とした雰囲気だった。



 生徒との連絡、楽譜やお金の受け渡しが順調なら何の問題もなかったと思う。
 教室自体が機能的で無くなった状況でも、工夫次第で何とかなる。
 回していくのは人間だから、意思疎通と事務連絡さえ行き渡れば他の教室となんら変わり無く仕事をこなせたと思う。


 けれど私が相対してきたのはこの親子だから。

 私にとっては最悪な組み合わせ。




 

 


ノンフィクション
『エリート志向の闇~平気で嘘をつく子供』の紹介記事でした。
 

 「粉砕された12年 前編」
 「粉砕された12年 後編」

 「お高くとまった二人」

 「上昇志向の果て」    
 「荒 廃」  

 「葬られた善良な子」 
 
 「パジェロに乗る女 ①」
 「パジェロに乗る女 ②」

 「高所得で貧しい家庭」 
 「豊かさに囲まれた貧困」  
 「貧困から生まれる悪意」 
 「育ちの良さと卑しさと」 

 「切り捨てられた情感」
 「強欲の果て」

 「統一されない素顔」


 タイトル一覧
 あらすじ 

 全記事のタイトルは右サイドバーのテーマ<独裁者>
 または<嘘>をクリックして下さい。
 前半と後半に分かれて記事が順に並びます。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック