「カエルの王女さま」第3話感想

 倉坂澪(天海祐希)は乾一希(玉山鉄二)を気に入って、就職活動で東京にいる野々村まひる(大島優子)に調べさせます。
 オーディションの直前に出演を辞めてしまった事を突き止め、澪は乾を呼び出します。
 そしてドキュメンタリー用に撮ってあった動画を皆の前で流します。
 挑戦する前に、闘う前に逃げてしまったと彼を責めます。

 まだ川原で靴を探している澪に、乾は紙袋を投げます。
 澪が橋の上から投げ捨てた靴が中に入っていました。
 彼は澪の誘いを受けメンバーに加わるのでしょうか…?


 忘れたい過去を無残にバラされてしまった乾。
 澪の荒療治は止まることがありませんね。
 就活中のまひるや気弱な忍にも彼女なりの言葉で勇気付けます。
 時には厳しい助言も必要。

 そういう個別のエピソードはいいですよね。


 天海さんは熱演してて迫力あって魅せられます。




 だけど物語がちょっとねぇ。
 助成金が打ち切られる事になり工場は存続が危ぶまれ。
 市の財政難。切迫した状態ですよね。

 こういう話は今の社会では現実問題過ぎて、数年前ならもっと楽しんで観られたかもしれませんが…。



 コメディとして受けるには時代に合ってない気がします。
 財政難を覆すくらいの町興しに音楽のグループではリアリティが欠けるかなぁ。

 音楽で活動をするには逆に支援してくれるパトロンとかスポンサーが要りますよね。
 裕福な町や市の援助が要ります。

 それに過去に戻る方が変なんで、地に足のついた生活をしてる今が真っ当だと感じるのですが…。



















 だいいち…

 工場で作業着姿の玉山鉄二は
カッコいい!!
 
 
 こっちの方が絶対いい!

 濃いメイクのロッカーには引きました。ww




 福原美穂はさすがにシンガーって感じる歌声が流れていました。
 それでも音声は抑え気味でしたね。
 本格派をメインには持ってきませんよね。
 
 ダンスは石田ゆり子や大島蓉子、菊地美香が一生懸命でした。
 だからこういうのは趣味でやってる場面だといいんですよね。

 利益や収穫に換えようとする背景が、こういう場面を滑らせ寒く見せてしまう。

 家庭を守って何が悪いのかなぁ。
 変化の無い毎日で何が悪いのかなぁ。
 バンドを辞めて工場で働いて何が悪いのかなぁと思いました。



あらすじ 公式サイトより
桜まつりにおけるシャンソンズの復活劇が地元の新聞に掲載された。それは小さな記事だったが、大喜びするシャンソンズのメンバーたち。それを受けて、澪(天海祐希)は、さらに派手で斬新なパフォーマンスを披露する、と香奈絵(久野綾希子)に約束する。当初は澪の方針に反対だったリーダーの忠子(石田ゆり子)も、シャンソンズの運営方針や練習計画を任せてもらえるならば、という条件付きで、ショークワイアをやることに同意した。
 忠子は、さっそくショークワイアに関する研究リポートをまとめ、それに基づいた練習計画や楽曲リストをまひる(大島優子)やみぞれ(大島蓉子)、玉子(菊地美香)、南(福原美穂)らに渡そうとした。すると澪は、いきなりそれを破り捨て、練習計画を考えるのは忠子の自由だが、それを採用するかどうかの権限はコーチにある、と言い放つ。
 一方、今回の件で一歩前に踏み出す勇気を得たまひるは、地元だけでなく、東京の会社の採用試験も受けてみようと決意する。澪のもとを訪れたまひるは、そのことを伝えると、コーチがブロードウェイの舞台に出ていたときのパンフや写真を見せてほしい、と頼んだ。それを見せてもらえたらもっと頑張れる気がする、というのだ。困惑した澪は、過去は振り返らない主義だ、といって拒んだが…。
 そんな折、シャンソンズにテレビ出演のチャンスが巡ってくる。新聞記事を見た地元のテレビ局から取材の依頼が舞い込んだのだ。このチャンスは自分のステップアップにも役立つと考えた澪は、感情を爆発させたパワフルなショーを見せるために、ロックナンバーにチャレンジするとメンバーに宣言する。
 同じころ、一希(玉山鉄二)や忍(千葉雄大)が働く工場は、倒産の危機に追い込まれていた。市役所から、助成金を打ち切るという通達があったのだ。これも、安見市との合併に不要なものは切る、という由芽市市長・清忠(岸部一徳)の指示によるものだった。
 ロックをやるにあたって男性の声が必要だと考えた澪は、一希の過去を調べる。彼のバンドは、地元で圧倒的な人気を得て東京に進出したものの、オーディション番組への出演を最後に突然解散していた。ネットで一希のバンドの過激なライブパフォーマンスを見た澪は、彼に興味を抱き、就活で東京に行くことになっていたまひるに調査を命じるが…。




 第1話  第2話


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • カエルの王女さま 第3話

    Excerpt: 「終わらない歌を歌おう」 4月26日木曜夜10時  桜まつりにおけるシャンソンズの復活劇が地元の新聞に掲載された。それは小さな記事だったが、大喜びするシャンソンズのメンバーたち。それを受けて、澪.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2012-04-27 16:30
  • カエルの王女さま 第3話

    Excerpt: 『終わらない歌を歌おう』 内容 市長・清忠(岸部一徳)により、桜まつりの出し物を壊されかけたシャンソンズ。 が、、澪(天海祐希)が強引に参加させ、やって来た人たちは大喜び。 翌日には、その復活劇.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2012-04-27 17:32
  • 『カエルの王女様』 第3話

    Excerpt: ロックは反抗心だ!  一番激しい感情は「怒り」である。 (忍の激情にややビビった澪は「ょぉのなか」と発音したが)  世の中や現状に腹が立つなら、今みたい、にこぶしを握りなさいっ!  屈辱から目を離して.. Weblog: 英の放電日記 racked: 2012-04-27 17:53
  • カエルの王女さま (第3話・4/26)

    Excerpt: 4/12からフジテレビで始まったドラマ『カエルの王女さ』(公式)の第3話『終わらない歌を歌おう』の感想。 演出家交代で昼ドラみたいに… 第2話まではもっと登場人物たちが熱く描か.. Weblog: ディレクターの目線blog@FC2 racked: 2012-04-27 18:59
  • 「カエルの王女さま」 第3話 終わらない歌を歌おう

    Excerpt:   「返してもらってない。 私の大事な靴を盗み、私に無駄な時間を費やさせ、与えた精神的苦痛を返してちょうだい。 過去に反抗したいんなら私たちの次のステージに参加しなさい ... Weblog: トリ猫家族 racked: 2012-04-27 19:00
  • 【カエルの王女さま】第3話感想と視聴率

    Excerpt: 「終わらない歌を歌おう」ロックとは反抗心!とても面白かったです♪(^^)玉山鉄二さんのドクター・リリスのゼリエル、素敵でした♪(^^)でも、視聴率は、前回の10.7%より下... Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2012-04-28 12:06
  • 《カエルの王女さま》#03

    Excerpt: 香奈絵の思惑通り、シャンソンズは、注目を浴び、一躍土地の名士になった。だが、澪は、素人っぽさから抜けない一団にハッパをかけ続けた。 市長は、どうしてもシャンソンズを目立たせたくなかった。だから、安見重.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2012-04-30 00:18