「空飛ぶ広報室」第8話 感想

 「意識は場が育てる。」と鷺坂は言う。
 「父が新聞記者。」だったと話すリカ。
 「あんまり覚えてないんです。」

 主役を選んでいる片山たち。プロフィールを見て空井は慌てる。
 知っている女性だった。 
 「二人で出掛けたりとか、それくらいです。」

 「仲良くなると人なつっこい。」芳川はリカに空井の事を話す。
 
 柚木と飲んでいるリカ。
 槙とは「デートしたんですか?」と聞くリカ。
 「言えない。」と柚木。
 ともみが店にやって来て、藤枝の事を話す。
 ニュースピークで記事の読み違い、失敗が多かった。

 「ごめん知らなくて。」とリカ。
 「バラエティーの藤枝でいきますよ。」
  
 「C1輸送機のパイロットだった。」芳川はインタビューに答える。
 
 「どんな人だったんですか?」空井はリカに父親の事を尋ねる。
 「母曰く、正義のすっぽん。」

 「あの湖どこだったのかなぁ。」

 お墓参りの予定に雨が。「金曜日に延期。」
 「このままだと赤字。」 
 晴れる日を予想してもらい、木曜日に決める。
 
 皆で晴れる事を祈る。
 
 遠くの機体を見て「あれ撮って下さい。」と空井。
 「C1輸送機です。」

 ナレーションを入れるリカ。

 「説明会って基地でやるんですか?」車に乗り込んだ後、尋ねる。
 「北海道です。」空井は答える。
 
 上空を通る時「福島の猪苗代湖です。」
  
 千歳空港に着く。
 担当者にPVを手渡す。
 
 藤枝はひとりPVを見る。
 手紙が入っていた。

 説明会でテレビ局のディレクターと紹介され壇上へ。
 「真正面から向き合えば何か得る事ができるんじゃないでしょうか。」

 「人生はそこで終わりじゃない。
 どこからでもまた始める事ができる。」
 
 「待って。」急いで戻ろうとするリカの腕を取る空井。
 いきなりキス。
 「やっぱ短いですね。2秒。」
 手を繋ぎ駈け出すリカ。
 
 「俺の問題じゃない。おまえが変わったんだ。」と阿久津。
 

 第8話でした!!

 空井のサプライズキス!

 先に歩き出すんだけど、ちょっとヨタつくというか、よろけそうになってる空井が何とも言えず可笑しい。 

 でも見事なアプローチでした。
 ほんの少しのチャンス、タイミングを狙って。
 空井の行動力、実行力
 空井、凄い!やった~!!(笑)

 相手との雰囲気作りなど関係なく。    
 これって仕事中でしょ!?(笑)

 リカ、驚いただろうな。

 でも最高に嬉しかったと思う。


 父親との思い出を語り、湖がどこだったろうとリカが話し、飛行機の中で空井が猪苗代湖だと上空を飛ぶ時知らせます。
 PVを持って一緒に飛行機に乗るところから、気持ちが盛り上がっていきましたね。



 空井はズルい。(笑)
 一般人はチケット取る手順なしに、すぐ飛行機には乗れない。
 予約でも当日でも、いくら急に決まっても時間的に空きます。
 今、これからすぐ搭乗なんて考えられない事。

 更にあんな軍用機に乗ること自体、一般人にとってはサプライズ。
 そして行き先が北海道。
 この距離感もスケール大きいと感じさせます。

 リカも視聴者もここでもう、サプライズKOですよ。(笑)

 そこらへん、別に自衛隊だから当たり前の事かもしれないのに、まるで空井個人の行動力、実行力に見えるところが…。(笑)

 
 
 芳川の想いやPV作成とリンクさせて見せ方が上手いですね。
 片山たち広報メンバーの連携も良かったし。
 相乗効果で盛り上がりました。




 



 シャレでも何でもなく、きちんと恋愛が描かれている。

 変に感動しました。

 まさか東芝日曜劇場でこんな正統な恋愛ストーリーが見られるとは思わず。
 初回から期待をせずに見ていたんですよね。
 期待すると、はぐらかされた時の失望感が嫌だったし。
 でも、きちんと描かれている。

 キスだけじゃなく、二人が手を繋いだ瞬間の感動まで。
 リアリティがあって、伝わってきました。

 これって凄いと思う。
 こんな男女の恋愛を、はぐらかさずに描いたドラマって最近ほとんど見てない気がする。





 鷺坂の仕事への意識についての言及も大人でしたね。
 どうしてこの仕事に付いたのかという動機。
 始めはくだらないものでも、意識が後から付いてくる。
 上司の姿を見て部下は心を動かされる。
 そういうものだと。

 阿久津もただそういう姿を見せてきた。
 リカはいつの間にかそんな上司を尊敬し、それに気づいたのは、変わったからだと指摘する阿久津。







 藤枝のエピソードはやや、取ってつけたように感じました。^^;
 ああいうキャラに涙が似合ってなかったなぁ。


あらすじ 公式サイトより
空井 (綾野剛) たち空幕広報室の面々は、出来上がった PV がボツになり新しく作り直すことに。予算がなく前年度のものを使いまわすという話が出ていた矢先、リカ (新垣結衣) の密着取材がヒントになり、ドキュメンタリー風 PV を自分たちの手で撮影して作ることになった。テーマは 「入隊の理由」。入隊してから働くまでをイメージできるような PV だ。同じ頃、リカは 阿久津 (生瀬勝久) から新番組が立ち上がることを知らされ、ネタが足りないので余っている企画がないか聞かれていた。
 PV の主役になる隊員を募集した中で、亡くなった父親が C1 輸送機のパイロットだったので、その同じ輸送機の整備員になろうと空自に入隊した 芳川秋恵 (南明奈) という女性整備員が選ばれた。さらに秋恵は浜松基地で基礎課程を空井と一緒に受けていたようだ。PV 制作と一緒に新番組の企画として秋恵を取材することになったリカ。取材をしている中で秋恵から基礎課程時代の空井との思い出話を聞き…。
ある夜、リカが 柚木 (水野美紀) といつものバーにいると、同期の ともみ (三倉茉奈) と偶然会った。ともみの話だと、藤枝 (桐山漣) が報道番組のキャスターに志願し登板したのはいいが、トラブルの処理ができず失敗に終わったらしい。そして、藤枝が報道を志願したのはリカが変な影響を与えたからだと非難される。藤枝が心配になったリカは直接話を聞いてみるが、話をはぐらかすばかりで真意を聞いだすことが出来なかった。


 第1話  第2話  第3話  第4話  第5話
 第6話  第7話

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 空飛ぶ広報室八話&ガリレオ二期八話感想

    Excerpt: ■空飛ぶ広報室八話 広報室のみんなが、両手を頭にやって、いなぴょん!とうさ耳にしてる情景が、なかなか頭から拭えない(笑) 七話のメディックの話も、今回のPV作りの話もよかった。なんとなくジーンとで.. Weblog: NelsonTouchBlog racked: 2013-06-04 22:33
  • 空飛ぶ広報室 第8話:運命が変わる2秒間

    Excerpt: 一体何が??? ̄- ̄?) ̄- ̄?) ̄- ̄?)ナニナニ? せっかく低予算ながらも素晴らしいPV仕上がったと思ったのに何だよぉ~! しかも、最後の最後でこんなん見せられるし、ヒントばっかで答えはないしで.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2013-06-05 17:37
  • 《空飛ぶ広報室》★08

    Excerpt: 空幕広報室では、低予算でイメージアップ用PVを撮らねばならなくなった。 空と陸は、かなり出来が良いと現場は、にわかに色めき立っていたがなんせ、空は、予算がスタジオ代くらいしか出せなかった。そんなばたば.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2013-06-08 20:15