「SUMMER NUDE」第8話 感想

 波奈江は面接をいくつも受ける。
  
 春夫と清子の前に清子の兄、リッキが現れる。

 ハジメは朝日の写真を撮る。
 「おまえはさぁ。このままずとあの写真館に残るつもりなの?」
 「交差点の看板に決まったんだ。渋谷の。」とハジメ。
 「約束はどうした?」「覚えてねえよ。」朝日は答える。

 夏希に電話する朝日。
  
 ピンク色のドアの写真をハジメに送った話をする。
 「ドラエモンだよ。どこでもドアだよ。」と説明する。
 
 写真撮って送信し合う。

 勢津子が夏希に電話して閉店パーティーに誘う。
 
 波奈江が就職活動してると賢二は光に話す。

 年配の人との共通の趣味持ってるのあなただけよと勢津子。

 勢津子と孝至は、介護の仕事が向いてると波奈江に言う。

 バーで話す朝日、孝至、あおい。
 「オレ、いなくなっても大丈夫?」と孝至に言う朝日。

 勉強開始と光に写真を送る波奈江。

 「ここを辞めてフリーになりたいと思ってます。」と写真館のオーナーに告げる朝日。

 夏希からのメールで港区へ駆けつける朝日。
 夏希が戻ってきていた。
  
 
 そんな第8話でした。

 第6話で夏希が東京へ戻り、第7話で光が就職し東京へ行き。
 そして今回は朝日の番でした。

 お仕事に対する気持ちの変化が訪れる訳ですが…。

 そのきっかけが唐突に現れた友達のハジメ。


 カメラマンとして成功し。
 朝日にもこのままで終わるなと忠告しに会いに来ます。

 お節介な奴!!(笑)

 田舎町のカメラマンを馬鹿にするな。(笑)

 

 私は朝日は町を出ないんだと思ってたんだけど…。


 でも夏希が東京だから。
 やっぱり朝日も行かないと恋バナが進展しないか。
 そうだよね。




 しかしこのハジメっていう友達の、世界的にどうとか、大げさな存在に引きそうになりました。
 今までまったり、のんびり流れていた海辺の町のドラマ。
 ここへ来て急にサクセスストーリーっぽいのは無理が…。(汗) 


 昔カメラマンとして成功する夢を追っていたんですか?

 3年間去っていった恋人、香澄を思い続けてDVDも返却しないで過ごしてきた朝日。
 ずっと恋に生きてきた朝日。
 急にお仕事意欲に目覚める。(!?)




 まあいいですけど。

 8月の4週目で海の家も閉店。
 放映する時間軸に合わせて季節も進み。
 ここまで海を背景に恋愛物で引っ張ってきましたが。
 秋の気配とともに慌てて東京へ行く主要登場人物たち。(笑)

 夏希への気持ちが、「恋」とはまだ自分でも気づいていないのか。
 でもラストシーンでバー「港区」へ駆けつけますよね。
 好きな人に会いに飛んで行く、そういう場面ですよね。

 再会した夏希をじーっと見つめる朝日。

 ただ他のドラマならもっと盛り上げるはずなんだけど。
 演技も演出も極力抑えてるんですよね。
 相変わらず淡々とした台詞回しの山P。

 会えて凄く嬉しいんだけど、そんな本心は見ないようにしている。

 隠してるんだけど隠しきれない嬉しさみたいなのがチラホラ顔をのぞかせる、微妙なシーン。

 賢二がそんな二人に気づいてる様でしたが。
 
 

 ガツガツしないのがいいんですよね。
 山Pは。
 仕事のために東京へ行く設定の方がいいか。
 ガッツいてるのはNGなのかも。







 この先も恋に生きて欲しいよね。

 夏希に会いたいから東京へ移り住むのも有りだと思います。

 東京でも記念写真、集合写真撮っていて欲しいです。(笑)

 
 
 




 波奈江の就職活動、テキトー過ぎ!!
 それに介護ってどこから出てくる。(汗)

キャスト
 ハジメ(大東俊介)
 あおい(山本美月)
 賢二(高橋克典)
 勢津子(板谷由夏)
 谷山駿(佐藤勝利 )
 一瀬麻美(中条あやみ)
 米田春夫(千葉雄大)
 石狩清子(橋本奈々未)


あらすじ 公式サイトより
 朝日(山下智久)のもとを旧友の山田始が訪ねてくる。始は、東京で活躍する売れっ子カメラマンで朝日の専門学校時代の同級生だった。始は、世界的なファッションブランドのポスターを撮影するカメラマンに、日本人で初めて抜擢されたという。

 次の撮影の下見も兼ねてみさき市にやってきた始を、波奈江(戸田恵梨香)や孝至(勝地涼)は質問攻めにする。

 夏希(香里奈)は、新しい店にも慣れ店長の影山(中村俊介)らともいい関係を築きつつあった。

 一方、朝日に面接用の写真を撮ってもらい就職活動を始めた波奈江は、苦戦を続けていた。駿(佐藤勝利)は、落ち込む波奈江に実務経験がないから雇われないのだろう、と痛烈な言葉をぶつける。

 東京でアシスタントディレクターとして働き始めた光(窪田正孝)は、慣れない撮影現場で修行する日々を送っていた。

 そんな折、始は朝日に、このまま写真館に残るつもりなのか、と聞く。朝日がそうだと答えると、学生時代、卒業式の日に自分と交わした約束はどうしたのか、と迫り、カメラマンとしての腕を買っている朝日の活躍を期待して待っているのだ、と明かした。

 その夜、朝日は夏希に電話をし、学生時代の友人に痛いことを言われた、と報告。その後、ふたりはテンポのいいおしゃべりを続け…。



 第1話  第2話  第3話  第4話  第5話
 第6話  第7話

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • SUMMER NUDE八話感想

    Excerpt: うーむむ。夏の海、恋。一話見た時は単純明快な恋愛ドラマだと思ったんだけど、ここ折り返し地点のような展開での八話では完全に、青春もの群像劇。しかも恋愛要素薄っ(笑) Weblog: NelsonTouchBlog racked: 2013-08-28 07:55
  • 今週のドラマ

    Excerpt: ・山田くんと7人の魔女第3話(8.24) 山田@山本裕典にいきなりキスをした第三の魔女大塚芽子@美山加恋の能力は キスした相手とテレパシーを交わせる能力。 医者の家に生まれ、医者にならなければならない.. Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) racked: 2013-08-31 12:22