「ビター・ブラッド ~最悪で最強の親子刑事~」第1話 感想

 佐藤健と渡部篤郎、この二人で闇金物を見たかったなぁ。(笑)
 刑事役もいいけど、もう刑事物、事件物はしばらくお休みにして欲しいくらい、お腹いっぱいな感じです。
 二人が親子っていうのは、ビジュアル的には納得できますよね。
 他メンバーも田中哲司、高橋克実と安定、充実のキャスティング。

 第1話は全員の紹介みたいな回だし、佐藤健はお金を引き出そうと入った銀行で強盗に遭遇するし、かなり詰め込んできましたね。


 及川光博が怪しげな感じで登場。
 また部屋の壁に写真いっぱい貼ってあるよ。(笑)
 何かの復讐?ターゲットの写真を貼るのが定番ですね。
 「アリスの棘」のヒロインと同じ事してると笑っちゃったよ。

 1話完結の事件を解決しつつ、及川光博が絡む何らかの謎を小出しにしながら引っ張っていくのでしょうね。



 火曜9時は前クール「福家警部補の挨拶」で檀れいが出てたし。
 次は夫が活躍するのね。

 檀れいと及川光博って芸能人カップルの中でもミステリアス。
 私生活があんまり想像できないです。
 どんな日常なんだろうってすっごく興味湧きます。


 

 ドラマは全体に軽いかなぁ~。

 佐藤健の演じるキャラは優しい人。
 人助けをするのはいいけど、考えなしの単独行動で他の課の捜査を妨害してしまい。
 何だか先が思いやられるような…。


 最初、わざと未熟なキャラにしてるんだ。
 でないと父親とバディになって、ぶつかったり成長したりするドラマにならないしね。

 そのいいスーツを身に着けたパパなんですが…。 

 渡部篤郎と中谷美紀は結婚するの?
 いつ結婚するの?しないの?
 ドラマとは関係ない事が、気になったりします。




 何だか正直、ドラマに真剣に入って行けなかったよ。
 流し見してしまった。
 来週も見るとは思うけど、感想は書けないかも…。

ちゃんねるレビューより
キャスト
佐原夏輝 佐藤健
島尾明村 渡部篤郎
稲木俊文 吹越満
古雅久志 田中哲司
富樫薫 皆川猿時
鷹野浩次 KEIJI
鍵山謙介 高橋克実


スタッフ
原作 雫井脩介 「ビター・ブラッド」(幻冬舎文庫)
脚本 小山正太 2013年度フジテレビヤングシナリオ大賞・大賞&佳作W受賞
プロデューサー 中野利幸 「ライフ」「ラスト・フレンズ」ほか
演出 金井紘 「PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~」「ガリレオ」ほか
演出 谷村政樹 「海の上の診療所」「ラストホープ」ほか
演出 長瀬国博 「ビブリア古書堂の事件手帖」「ミス・パイロット」ほか


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック