「ゴーストライター」最終回 感想

 リサから渡されたデータを返す由樹。
 小説に記された名前を消して川原由樹と打ち込んだものの、それも消していた。

 由樹はプリントアウトしたリサの小説を神崎の前に置き、これを出版するよう頼む。
 神崎は断る。
 小田はリサに連絡する。
 待ち合わせ場所に行くリサ。
 本を川原由樹と共同執筆で出さないかと持ち掛ける。
 由樹が現れる。

 自費出版する事になったと、七重に話すリサと小田。
 読んでくれと頼む。

 発売日から売上部数が報告される。

 好評だったため、駿峰社からリサの作品は出版されることになる。
 小田が専務と話して交渉し、実現した。

 由樹もスランプを脱出して作品を書く。

 共同執筆の本とそれぞれの本が並んで書店で売り出される。

 出版社のパーティーで神崎はリサと由樹に無視される。


 バーで飲んでいる神崎の横にリサが…。
 

 そんな最終回でした。

 リサと神崎の仲が微妙にいいのかなぁと思わせました。
 大人な会話でしたね。
 結局、また交際を始めそうな雰囲気。

 作家に戻ったのだから、また純粋に作品を通してお互い共存関係になるのかもしれませんね。
 人間関係なので、恋心だけの関わりに括る必要はないし。
 単なる恋愛を超えた、小説という作品世界を愛する者同士。
 そんな関係も有りだと思います。

 由樹はリサの作品に感動し、小田と一緒に再デビューに向けて働きかけます。
 小田はいい作品は出版するという、編集者として純粋な気持ちだけで動きます。

 神崎は出世を第一に考えてるから、どこかズレが生じた。
 パーティーで無視されてそれ位は当然ですが。

 田中哲司の演じる神崎は冷酷なようで、どこか心の隅に愛の火種を消せないでいるような。
 心の奥底には温かみが潜んでいるような。
 冷徹なのに人間味がある。
 そんな人物像に感じました。
 いい味を出してたなぁと思います。

 また由樹は共同執筆によって、ゴーストライターというレッテルを剥がす事ができました。
 運命の転機を自ら作り出しました。
 自分とは関係のない他人のために動いているようで、実はそれが後で返ってくる。
 運命の流れとは自分ではコントロールできない。
 コントロールはできないけど、全く別の目的で動いた事が、結果的に自分に跳ね返って来る。
 そんな不思議なものであるというメッセージに感じました。


 

 全体にエレガントで綺麗で、美しくまとまっていました。

 リサと母、元子の共依存関係が痛々しかった。
 テーマは共依存、共存、自立…。


 全てが美しくまとまり過ぎてる気はしますが。

 リアリティーを排除して描かれた背景でした。
 生活感がなくスタイリッシュで余分なものを置かないインテリア、そんな無機質な世界で繰り広げられる心理戦。
 独特の雰囲気で魅せてくれました。
 

あらすじ ヤフーテレビより 
苦しいから書くのだという思いに目覚め、小説を書き始めたリサ(中谷美紀)。だが、神崎(田中哲司)らに出版はできないと断られる。そのリサから小説のデータが入ったUSBを受け取った由樹(水川あさみ)。書けなくなり苦しむ由樹はリサの小説に打ちのめされ、迷いに取りつかれる。一方、リサの手は止まることがなかった。形にすることができない作品を生み出し続けるリサと窮地に陥った由樹を目前にして、小田(三浦翔平)が動き始める。

  第1、2話
  第3話  第4話  第5話  第6話
  第7話  第8話  第9話

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック