「ナオミとカナコ」第9話 感想

 無言電話に達郎だと思った陽子は公園で待ってると言います。
 公園で待つ陽子。気が付くと何者かが背後に。
 金属製のパイプで陽子に襲い掛かります。
 三枝が止めに入り、顔を確かめると女でした。
 達郎が以前交際していた女性でした。
 彼女が達郎に暴力を振るわれていたと知り、驚く陽子。
 盗聴器が仕掛けてある部屋で、直美は林に連絡します。
 陽子は三枝と空港へ駆け付けます。
 待ち合わせ場所で林を見て達郎と勘違いし、喜んで抱きしめ話しかけます。
 林は立ち去ろうとし、パスポートを落とします。
 それを見る陽子。
 彼が中国人の林で、達郎とうり二つであると分かりました。
 また加奈子は、陽子が事件当日の防犯カメラの映像を見たと管理人から知らされます。

 直美の部屋を訪れた加奈子は、1人で逃げてと言います。

 陽子は加奈子に自殺をしろと詰め寄ります。

 朝、直美がやって来ます。
 一緒に逃げようと。
 トランクを持って二人でマンションの外へ出たところへ、警察が…。

 全てが明るみに出てしまった、第9話。


 達郎の元カノの出現はやや唐突な感じもしましたが。
 でもこれで謎の無言電話の正体が判明。

 直美を一人、逃がそうとする加奈子。
 変わりましたね。
 もう友達に頼ってオロオロする以前の加奈子ではありません。
 子供を産む決意を固め、強くなったんですね。
 今までは陽子に追及され怯えていたのに、達郎を殺してませんと言い切りました。
 動じない態度です。
 表情も全く違います。

 ハラハラドキドキの連続。
 ホントに目が離せません。
 


 でも…。

 予告編、見せ過ぎだよ~。
 
 二人とも逮捕は免れたようなので国外逃亡か

 林と共に加奈子は幸せになるのか

 李社長の存在が鍵

 この人、敵なのか味方なのか。
 だいたいDV夫を殺すようにヒントを与えたのは李社長だからね。
 ラストでアッというとうな展開が期待できるかも…。



あらすじ Yahoo!テレビより
林(佐藤隆太)をかくまっていたのが加奈子(内田有紀)だと知った直美(広末涼子)は、思わぬ裏切りに激怒し、携帯電話から彼女の連絡先を削除する。翌日、林を呼び出した直美は、加奈子を苦しめるぐらいなら帰国すると言う彼のため飛行機のチケットを取る。一方、直美に謝罪もできず苦悩する加奈子は、病院である診察結果を告げられていた。そんな中、三枝(前川泰之)の調査で林の存在に気付いた陽子(吉田羊)に、何者かの影が迫る。


  第5話  第6話  第7話  第8話



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック