「ハロー張りネズミ」第4話 感想

 真夏の夜にピッタリのホラーな内容ですが、来週に続くんですね。和室の床の間の木に取りついた悪霊(?)を退治って、探偵の仕事じゃないですね。(笑)
 CGを使って巨大な手が、怖さを盛り上げていました。
 漫画家の先生、子供に対してヒステリックでそっちも怖かった。
 完璧主義のプロが家族にいたら、キツいよ~。

 今回は瑛太一人が活躍。

 事務所の皆は待機ですね。
 次週は…?



 河合は悪霊を追い払えるのか。(;^_^A


あらすじ Yahoo!テレビより
あかつか探偵事務所に依頼人の漫画家・北村(内田慈)がやって来る。北村が仕事で家を空けている時に、何者かが家に侵入しているという。1人で留守番をする5歳の娘・七恵(後藤由依良)はその人物を「ママだ」と言うが、北村は身に覚えがない。五郎(瑛太)たちは早速、カメラを仕掛けるが、気配はあるものの七恵以外の姿は写らなかった。超常現象の可能性を考えた五郎は、霊能力者・河合(蒼井優)に助けを求める。


  第2話  第3話

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック