「愛してたって、秘密はある。」第6話 感想

 指輪はまだ渡していないと黎。
 虎太郎はポケットに手を入れて嬉しそうな表情をしています。
 カフェで果凛と話す虎太郎。
 黎の買った婚約指輪を持っていました。
 黎と晶子が警察から戻ると、庭に規制線のような黄色いテープが庭に貼られていました。
 墓参りをしている風見。風見家の墓に黄色いバラの花束を持参しています。
 病院絡みの利権を調べる暁人。
 刑事と偶然出会います。以前からの知り合いのようです。

 黎は風見と話します。
 父親の失踪宣告の日、立ち会った事。
 晶子が指輪を外し、それを風見が預かっていると。
 見せて下さいと黎。
 風見は引き出しの箱を取り出し、指輪を見せます。
 黎はそれを持って自宅へと急ぎます。
 
 部屋の証拠品を入れた引き出しに鍵を差し込み開けます。

 中は空になっていました。

 黎は荒れて部屋の家具などを投げたりして暴れます。

 盗聴器が見つかりました。
 何者かが仕掛けていたのです。

 メールの差出人にメッセージを送る黎。
 しかしすぐに宛先不明になってしまいました。


 ウエディングドレスの試着に立ち会う黎。

 爽を風見に紹介しようと黎は病院に連れて行きます。
 患者と話す風見を追いかけ声をかけます。
 そして爽と風見が互いを見て驚き。
 「犯人。」と指さして爽は…。

 少しお話に進展があったかな…。


 先週、デスクの上に宝石店から持ち帰った白い紙袋を置いてるシーンが気になったのですが。
 ちょっと席を離れた隙に、虎太郎が指輪をすり替える事は出来ます。

 皓介の結婚指輪を持っていたのだとしたら、庭を掘り返したのは虎太郎?
 又は共犯者なのか。
 庭に侵入できそうな果凛、その彼女と親しい虎太郎。
 二人とも黎と爽の結婚を妨害したい、共通の目的がありますし。

 とにかくかなり怪しいです。

 そして彼ら以外の大人たち。
 立花と晶子もですが、晶子と風見も何か秘密があるようです。

 黎と爽を取り巻く人々、全てが灰色。
 怪しげですね~。^^;

 黎は周囲の人間を全く疑わないんですね。
 気を付けてと言いたくなります。
 
 やっと盗聴器を発見しましたが、家の中は玄関扉や部屋の引き出し、鍵をかけても意味ないほど外部の人間に自由に触られてますね。
 こんな家に住めません。
 元々、庭に父親の遺体を埋めてる異様さ。
 普通の神経じゃ無理。

 でも爽との交流で人間らしい感情、心を取り戻しよみがえっていく感じで。

 そういうのが見どころ。

 恋の物語として、黎の爽への気持ちが純粋です。
 爽を想う気持ち、初回から結婚話が少しづつ進んでいくのと比例して、より深くなっていく感じがいい。
 じっくりと描かれていますよね。(*^^*)


 次週が楽しみです!!

あらすじ Yahoo!テレビより
政治家と港北医科大学附属病院にまつわる贈収賄疑惑を追う暁人(賀来賢人)は、同病院に勤務する晶子(鈴木保奈美)や風見(鈴木浩介)から話を聞こうとする。一方、黎(福士蒼汰)と晶子は警察署に呼ばれ、皓介(堀部圭亮)の車が見つかるきっかけとなった通報者の声を一ノ瀬(矢柴俊博)らに聞かされる。そんな中、法律事務所の面接を受けることになった黎。爽(川口春奈)も、内定が取れたら立花(遠藤憲一)に結婚を認めてもらえると喜ぶ。

  第2話  第3話  第4話  第5話

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック