正常と異常の狭間

 出会った時、中学生の男の子のような印象だった。
 色々な事がオープンで裏表が無い人、そう思えた。

 虚言と妄想が少し入っている。
 メールのやり取りをし始めるようになって、そう感じた。
 会話だけの時は気づかなかった。

 この人は変わらないと思った。
 健常者なら中学生の男の子は成長する。
 齢と共に高校生になり、精神は変化し大人になっていく。
 でも、もうこの人は大人だ。
 将来が無い。未来という時間軸が無い。
 その場その場の願望だけだ。

 計画して未来を見据えて行く視点は無い。

 仕方がない。
 この人は知的障害者で発達障害者でもある。
 そして機能不全家庭で育った。

 専門家でないと対応できない。

 私たちには無理だ。 
 



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック