「シャーロック」第3話 感想

 若宮が積極的に捜査に協力するようになりましたね。だいたい最初から一緒に暮らす事もそれほど拒否してないし。(笑)同居して事件捜査に十分入り込んでる第3話。(笑)若宮にとってそれも新しい仕事なのかもしれない。何もしないで部屋で一人きりよりずっと良いかも…です。
 地面師詐欺の解決は、獅子雄(ディーン・フジオカ)が取引の場に立ち会って、一気に謎解き。


 5年前の詐欺事件で現場で家政婦をしていた女性に元加害者が近づき、そして誕生日プレゼントに木彫りの箱を渡します。

 以前船に乗っていたそうで、蓋は帆船が彫られていました。

 若宮はそれを振って、中に何かが入っていると気づき。
 写真を見て驚きます。

 捜査二課の女性刑事、利枝子(伊藤歩)が加担していたとは…。 
 
 被害者の側に並んでいた細い木の枝はモールス信号だったのですね。

 「ほ」という文字は、家政婦の細川保奈美を指していて、彼女に連絡するようにとのダイイングメッセージでした。

 取調室での利枝子の笑いが印象的でした。




あらすじ Yahoo!テレビより
東京・渋谷の空き家で身元不明の老人の遺体が見つかった。獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮(岩田剛典)は江藤(佐々木蔵之介)から、そこが5年前の「地面師詐欺事件」の舞台で、事件後、詐欺被害に遭った建設会社の社長が自殺をした家だと聞く。獅子雄は遺体の手の部分にある3本の木の枝に気付く。やがて遺体が地面師事件の犯人の1人と判明。そこへ捜査二課の利枝子(伊藤歩)が現れる。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント