「シャーロック」第5話 感想

 事件解決のヒントは、早過ぎるクリスマスツリーと水槽のグッピー。
 パワハラ町田が原因で乾(葉山奨之)は自殺。しかし裁判にして訴えなければ問題にならない。それを一気に飛び越えて母、千沙子(若村麻由美)が行動に移します。
 そして罪になるという結末。
 確かに遺体の血を抜いたり、住居侵入は犯罪ですが。
 母親の息子への執着とパワハラは別問題だよね。

 第5話も何かスッキリしない終わり方でした。




 ディーン様の推理は淡々と進んでいく。
 ヴァイオリンの奏でる曲が哀しく切々として…。
 

 若宮の独白が少し気になりました。
 彼とディーン様の向かう先は…悲劇的な何かがあるのか…??


 それにしても…。
 永井大、嫌な役がピッタリだったね。

あらすじ Yahoo!テレビより
国会議員の息子で会社員の町田(永井大)の部屋で、大量の血痕と凶器を見つけた恋人が警察に通報してきた。ところが、現場検証中に帰宅した町田は犯行を否認。血痕は致死量にもかかわらず遺体は見つからない。江藤(佐々木蔵之介)の依頼で、獅子雄(ディーン・フジオカ)は若宮(岩田剛典)と捜査を開始。血液は町田のパワハラを受けていた乾(葉山奨之)のもので、母・千沙子(若村麻由美)から捜索願が出されていた。