「BG~身辺警護人~」第6話 感想

 今回も人情噺でした~。カレー店の立ち退きを迫られている女性からの依頼。騒動に一役買って出る章(木村拓哉)と高梨(斎藤工)。
 カレー店の入り口のたたずまいも、中の様子も古びた感じがロケのせいか味わいがあって…。
 室内劇でしたね。
 店への愛着を感じつつも、あきらめて立ち退きをするつもりではいる華絵(名取裕子)。
 そこまでの葛藤を章(木村拓哉)たちが見抜き、心に寄り添います。
 何か…ボディーガードっていうより、臨床心理士みたい。笑)
 依頼人の事を何より理解し、次にどう一歩を踏み出すか見守ります。 

  

 一方、多佳子(市川実日子)は章に付き纏う長髪の男について記憶を辿り、夫の葬儀に来ていたと思い出します。
 章には止められましたが、調べてプロフィールを渡します。

 議員の桑田(小木茂光)も劉社長も怪しげですね。

 章は待ち合わせ場所に出向き、危ない目に遭いそう…。



あらすじ Yahoo!テレビより
章(木村拓哉)と高梨(斎藤工)の依頼人は雑居ビルで夫とカレー店を営んできた華絵(名取裕子)。亡き大家の息子・玉井(永沼伊久也)に立ち退きを迫られる中で夫が他界したという華絵は、店とカレーを守ってほしいと訴える。一方、まゆ(菜々緒)や沢口(間宮祥太朗)らは、国会議員・桑田(小木茂光)が開く記者懇親会の警護を担当。同じ頃、多佳子(市川実日子)は、章を狙う男(中村織央)について調べ始める。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント