「知ってるワイフ」第8話 感想

 澪(広瀬アリス)がとうとう元春(大倉忠義)に告白。マラソン大会で倒れて心臓マッサージを受けている人を元春だと思い込み。大切な人がいなくなってしまうのではと、激しく動揺します。でも元春は木陰で休んでいました。澪は自分の気持ちを正直に伝えます。
 手を握る二人。
 「僕たちは駄目だ。」と元春。

 沙也佳(瀧本美織)は元春の服をスーツケースに詰め込んで会社に送り付けたり、呼び出して離婚届を渡すなど、かなり主体性を持って動いていますね。
 これ以上待っても期待しても無駄だと分かるんですね。
 行動力や決断力は元春よりしっかりあります。

 彼女も自分に嘘をつかずに生きてる女性。

 元春はいったいどうしたいのでしょう?

 主体性が無いですね。
 やり直したはずなのに、破局!?
 辛いし情けない。
 津山の部屋でテーブルの上の離婚届を前にお酒を呷ります。
 何に絶望してるんだろう。
 どちらの女性もしっかり愛せなかった自分?

 過去を変えて別の女性と一緒になったのに、また鬼嫁にしてしまった自分。

 嫌ってたはずの澪を心から愛していると気づいた自分?

 …ですよね。

 妹のなぎさ(川栄李奈)は離婚は当然とこれもハッキリしてます。
 釣り合わない家同士。無理ばかりしてると。
 それにしても…。
 義理の父親、秀彦(山田明郷)の紹介した起業家、何だか怪しい気がします。 
 2億円って大丈夫なのかな?


 あおい銀行の人たち、澪と津山(松下洸平)の交際発覚から刺激を受けて急に恋の花が咲き始め。
 恋心を隠さないようになりました。笑)
 津山は気の毒です…。誠実でいい人だから。

 沙也佳と花屋さんとの関りも興味あり!
 花屋さん、思ったよりも大人でそんなワルでもなさそう。


 劇中の音楽が密やかで合ってて素敵です。


あらすじ Yahoo!テレビより 
職場で澪(広瀬アリス)と津山(松下洸平)の交際が広まる中、沙也佳(瀧本美織)を怒らせた元春(大倉忠義)の元には着替えが入ったスーツケースが届く。妻への対応に頭を抱える元春に、なぎさ(川栄李奈)はこの結婚には無理があったと言及。その一方、なぎさは澪の様子を気に掛ける。そんな折、元春は秀彦(山田明郷)から呼ばれ、融資先として新進企業の亀田(内田滋)を紹介される。

他 キャスト
生花店員の上原(小関裕太

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント